December 18, 2008 05:05:03

【本当の数字の使い方】課長の会計力

テーマ:読書日記

おはようございます。

本日の1冊はコチラ↓



今日も応援ありがとうございます♪



「課長の会計力」望月実 日本実業出版社



本日18日発売の「課長の会計力」。

著者の望月さんより献本感謝です!!

ありがとうございます。


さて、最近よく出ている会計本。

会計についてわかっても、それをどう生かせばいいのか・・・

そう思った方にオススメの本です。


企業にお勤めの方なら、誰しもが気にする「業績」のこと。

これも一種の会計です。

自社の売上や営業利益に興味を持つ人って意外と少なくないですか?

きっと、答えられない人が多いと思います。

私は数字を作る立場の人間ですが、正確な数字はアヤシイ・・・


そもそも、会計にはおおまかに3つの種類があります。

「税務会計」「財務会計」「管理会計」


企業は国や自治体に対して、一年間の成績を報告します。

これを元に税金を払うので、企業会計の根幹となるのが、この「税務会計」

でもこれ、一般的ではありません。

使うのは、決算と金融機関への提出くらいでしょうか・・・


一番馴染みがあるのが、恐らく「財務会計」

新聞やHPなんかに載っている売上高や経常利益の話、あれです。

企業が株主や他の利害関係者へ向けて発信する資料。


そして、この本の主題でもある「管理会計」

これは経営判断のために使う、いわば内部資料。

部門や製品など、今後の方針を判断するために使います。

業績を見るための資料もこれですね。

管理会計の数字は、企業内での共通言語でもあるわけです。


つまり、他の部署と話合う上で、基準となるもの。

それが「数字」であり、その元が「管理会計」である。

他部署と折衝する課長は、この管理会計の知識が最も重要である。

予算や資金繰りなどを考える上でも、会計の知識は必須です。

ちょうど今の時期、今期の目標進捗度と、来期の計画を立てる頃。

なんとも良いタイミングで本を出されたことですね!



資金繰りと言えば、今年の後半は上場企業でも倒産が相次ぎました。

これらの多くは、いわゆる「黒字倒産」です。

ここで重要になってくるキーワード。

「運転資金」「キャッシュフロー」


運転資金とは、商品を仕入れて販売するサイクルの中で必要となる資金のことです。

法人間の取引は、ほぼ掛取引(いわゆる”ツケ払い”)。

発生のタイミングと、資金が動くタイミングが違います。

商品を仕入れて、それを販売するということは、

仕入代金を支払うタイミングと販売代金を回収するタイミングが異なるということ。

通常は回収のほうが後です。

ということは、仕入が多くなると、資金繰りがそれだけ大変になるということですね。


キャッシュフローとは、一定期間での現預金の増減を表します。

上記の通り、売上や仕入の発生とお金の動きは連動しません。

なので、より正確なお金の動き=キャッシュフローの把握は重要です。

キャッシュフローには、

「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3種類があります。

営業活動は、文字通りビジネスで稼いだお金。

投資活動は、会社が行った設備投資や有価証券への投資をしたお金。

財務活動は、ビジネスをする上で必要な資金の調達や返済をしたお金。

投資・財務活動は、企業のポジションや環境によってプラス・マイナスがあります。

でも、営業活動がマイナスというのは、良くないことです。

特に、営業活動によるキャッシュフローが3期連続でマイナスになったら、

そのビジネスは赤信号だと言われています。



「固定費」「変動費」


固定費は、売上に関係なく発生する費用。

地代家賃、人件費、減価償却費など。

変動費は、売上に連動する費用。

原材料費、運賃、水道光熱費など。


実はビジネスの形態によって、固定費や変動費の割合が変わってきます。

製造業や運送業などは、設備投資が大きい固定費型のビジネス。

莫大な初期投資が必要なので、参入障壁が高い割りに、売上の増減に経営が大きく左右されます。

でも、損益分岐点を越えると、一気に利益率が高くなります。

ホテルや飛行機は、一定数を集めれば、それ以上の売上は全て利益になりますね。


小売業や卸売業(商社)などは、変動費型のビジネス。

売上に合わせて費用も増減するので、損失も小さいですが、利益もあまり上がりません。

スーパーや百貨店は利益率がとても低いです。

その代わり、現金商売は資金繰りで強いですが・・・


グーグルやヤフー、ミクシィなどのネットビジネスは、固定費も変動費も小さいです。

よって、非常に利益率の高い商売。

ただ、参入障壁が低く、生き残りが厳しいという一面もあります。



と、長くなってしまうので、このあたりでおしまい。

本の内容には、全然触れてないですね!

でも、実際には上記の内容が具体例をもとに解説されています。

私なんかの説明より、非常に的確で分かりやすいです。

(当たり前だ!というコメントは受け付けませんよ。笑)


既に課長の人や、これから課長になる予定の人はもちろん、

私のようなペーペーが読んでも面白く、そして参考になる本です。

会計や経営に興味のある方なら、楽しんでもらえると思います。

ぜひ、読んでみてくださいね。



最後に応援クリックお願いします☆



課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方/望月 実
¥1,575
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハマの読書王子@sugiyuzuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts with Thumbnails

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。