これが私の生きがいです

テーマ:

会社の経営方針が変わって、暫くの間仕事が忙しくなるとの事で、この間上司にこれからは連勤がどーんと増えるとありがたくない言葉をもらっちゃいました。あーあ。気が重いよー。


今だって七連勤とか普通にやってた気がするんですけどねー。もっと増えるということだろうか。恐ろしや恐ろしや。子供の頃は自分が、仕事してお酒飲んで寝るなんて殺伐とした生活を送ることになるとは思ってなかったなー・
そんなんじゃご褒美でもなきゃやってられんということで、愛しのニノが出てたドラマ、弱くても勝てます、青志先生とへっぽこ高校球児の野望のBlu-rayBOXを予約してきちゃいましたー。amazonでですよやっほーい!
もうずっと前から、確か小学生くらいの頃からニノが出てるドラマは欠かさずチェックすることにしているのですが、このドラマもよかったですねー。二宮和也が可愛くて!でも時々格好良くて!


私はあまり野球に詳しくないのですが、このドラマのお陰でかなり詳しくなりました。ルールを知らなきゃ、ドラマを見ても面白さ半減、ニノのすごさも伝わらないだろうということでルールブックまで購入して学んだのですが、野球って奥が深いですね。
今では営業先の人とも野球の話で盛り上がれるようになって、仕事にも活かすことができているのかな。ニノ様々といった感じです。好きなものがあると、関連して世界も広がりますし、生活も充実してよいです。
肝心のドラマは野球そっちのけ、野球部さえちょっとそっちのけで、ニノの可愛さにひたすら悩殺されっぱなしだったのですが。
だって可愛いじゃないですかあの監督、チームメイトの中にいても違和感のない監督ってどんなですか!ニノだったら高校生役もできたんじゃないかなーって思いましたね。童顔だし、背格好もいい感じだし。


それからちょっと素に近い演技なのかな?監督のあまりやる気がなさそうなところがよかったです。いざとなると熱いのに、いい加減に見えるところがいい!ニノの魅力満載でした。ああいう役は本当に似合うよなって思いました。


最近ちょっとシリアスな演技が多かったので、久しぶりに気軽に楽しめるドラマでよかったですよ。もちろんシリアスなニノも格好良くていいのですが、今回は存在がリアルだったのいうか。思わず学生時代の気持ちを思い出したりして、私ももう24歳になったのかーなんてしみじみしちゃいました。まあうちの高校には、あんな個性豊かな野球部も、可愛くて格好いい監督もいなかったでですけどね。弱かったことが共通点というわびしさです。
もう一度たっぷり物語が楽しめるということももちろんなのですが、Blu-rayBOXには特典も色々とつくそうで、それも楽しみですね。メイキング映像のオフショットとか、どんな二宮くんがいるかと考えるだけでニヤニヤします。


ロケ地が近くだったら絶対見に行っていましたよ。仕事休んででも行っていました。生でオフなニノを見るために。でも無理だったので、特典についてくるのがありがたいです。
あとはキャストインタビューとか、ブックレットとか。そこそこ量があればいいなと思います。ドラマの裏側がわかるものって好きなんですよ。オフィシャルファンブックとかよく買うんですが、空いた時間に読んではドラマの世界のニノに浸っています。
後は野球部のフォトブックですか?キャッチャーミット姿のニノはいるかなあ。キャッチャーの人って結構大柄な人が多いので、ニノみたいな細身のシルエットを意外に思ったんですよね。似合っていないようで似合っていたのでまたみたいです。


弱くても勝てますのBlu-rayBOXについて考えているだけで、これからの仕事も何とかやっていけるような気がしています。ご褒美のために頑張る私。人参をぶら下げられて走る馬ではありませんが、ニノの姿を見ることこそが、私の生きがいなのです。

AD