府中の元気・杉村康之の 「ハッキリYES、ハッキリNO」

designとは、建物や食器など形あるものを
デザインするものと思っていました。
でも、社会の課題を解決する、designもあるという。
政治の仕事もまさにこれだと思ったら
頭の中のもやもやが一気にクリアになりました。
地域を変えるデザイン、みなさんと一緒に考えたい。


テーマ:
唯一の被爆国の総理大臣が
「核の先制不使用」宣言しようという
アメリカ大統領になぜ反対するのか?
普通なら全く意味のわからない話です。


には、

「さらに、オバマ大統領は今年5月の広島訪問時の演説にこの「核の先制不使用」宣言を盛り込む予定もあったのだが、日本政府はこれに真っ向反対。広島でも宣言が見送られたのだという。」

と書かれています。

そして、
日本のすべては
鳩山さんも知らなかった、日米合同委員会、
で決められている

と書いてあります。


「核の先制不使用」日本が反対
とのニュースをただ聞いただけだと
またアベの単細胞がと思いましたが、

二つの記事を合わせて考えると

オバマ大統領の「核の先制不使用」に
反対の米軍が我が国のアベさんを操って
「核の先制不使用」反対を
言わせているのか、とも思えてきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「政治」 の記事

テーマ:
柿沢さんがfacebookで蓮舫支持?のようなコメントをしていたので、返信のコメントをしました。

柿沢さん、(代表選に)蓮舫しか出さないってことはないですよね。歯ぎれはいいかもしれませんが、政権失敗端切れ路線になりませんか。蓮舫の後ろには野田、枝野、安住などがいるんでしょう。せめて選挙をして、政権失敗の総括の代わりにして欲しいと思います。でないと、「主」を「進」に変えただけかと国民に思われ続けてしまうと思います。
共産党と政権をともにする必要はないですが野党をまとめないと勝てないでしょう。相手は一致せずに政権をともにしてるんですから。

政策?理念?
橋下羽鳥の番組でも蓮舫氏はおかしなこと言ってました。

●文通費の独自公開はしない。マスコミは三ヶ月で忘れるから。●橋下氏の憲法の解釈権は内閣にあるという主張に納得。

ぜひ見てください。
https://m.youtube.com/watch?v=kayeHZ6vHq0
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{46B04A0E-9819-4F6E-A4EC-9194786E7C85}

選挙の7月が終わりました。

都知事選の鳥越さんについては、
いろいろご批判もあるかと思いますが、
野党結集の軸となるために、
バッシング覚悟で、一身を擲って、
出馬して頂いたことに感謝しています。

政策など準備不足は否めませんでしたが
それは応援する側、特に民進党の責任です。
突然の選挙だったとはいえ充分に準備して
候補者を擁立する力がなかったわけです。
政党としての機能を果たせていません。

そもそも候補者の知名度に頼らなければ
選挙が戦えないという状況こそ深刻です。
これはいまや、どこの政党も同じです。
本来なら政党に信頼があれば、候補者の
知名度があまりなくとも戦えるはずだが、
今はむしろ政党の看板がマイナスになり、
政党の支援がないことが逆に勝因になる。

かといって
政治とは無縁だった人が良いわけでもなく、
今回は政治のど真ん中に浸かっていた人が、
一旦政党の看板を脱ぎ捨てただけで
ダントツトップになってしまったのです。

いかに政党が敬遠されている
ということか!

一人ひとりの票が集まれば、
   こんなに大きなうねりになる」

自分でも驚いた、と小池新都知事が
言っていたが、この政治不信の最中でも
このようなことが実際に起こるのです。
何とかして欲しいという国民の想いが
今もなお潜在的に渦巻いていることの表れ
だと都知事選の結果を見て私は感じました。

その想いに政党が応えなければなりません。
信頼に足る勢力を作らなければなりません。
例え一時的に個人が、一服の清涼剤として、
国民の想いを集めたとしても、一人では
巨大な官僚組織に勝つことはできません。
持続して、改革を進めていくには
チームに想いを結集して、そして勝つこと
がどうしても必要です。だからこそ政党。

その想いで私は民進党に合流しましたので、
この党がこの夏の二つの選挙の敗北を受け
反省して、生まれ変わる方向に向かうよう
努力してまいりたいと心の底から思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。