府中の元気・杉村康之の 「ハッキリYES、ハッキリNO」

初めて議員になった時、びっくりしたことが二つ。
一つは「議会」なのに議員同士の議論がないこと。
もう一つは審議の前に賛否を聞かれたことだ。
二元代表の地方議会では,
与党も野党もなく是々非々が本来のあり方だ。
だから僕は「ハッキリYes! ハッキリNo!」


テーマ:
{A8C2C803-FC36-4235-A1F9-DB84169D38C4}

映画『太陽の蓋』を観てきました。
映画館でやったときは直ぐに終わってしまって観そこね、やっと観れました。

こないだブログに書いた
府中文化村』の菅さんの講演でも触れましたが、福島原発の250km範囲が最悪の場合避難区域になるということ、そしてそれは運よくたまたま回避されたということ、がよくわかりました。

今日は、人間の半端さ(自分も含めて)に沸々とした憤りを感じる一日でしたので書かせてもらいます。せっかくこんな映画が府中で上映されているのに、自民の市議は、あれは民進の映画だとか言って誰一人来ない。なんたる狭量か。

まあ、日本会議好みの映画を、菅さんをはじめ、民進党のどれだけの議員が見たかと言えば同じようなものだと思いますが。右だ左だ、賛成だ反対だ、はもちろんあっていいのだけれど、見とくべきでしょう。知っとくべきでしょう。少なくとも政治家ならば。

ぼくはポレポレの映画だってみるし、赤旗も読むし、日本会議も経験したし、自民党の秘書もやりました。なんでも直接自分の目で見なければわからないでしょうに。

さてまたぜひ、見ておいたいた方がよい映画がもう1つ、また府中で上映されます。ご関心のある方はぜひご連絡ください。


日時   12月18日  13:45
場所   ルミエール

米国人の監督が、米国人に対して、日本の米軍への思いやり予算についてどう思うか、をインタビューしています。コメディタッチでわかりやすく、そして腹立たしい。

{A0B65D44-167F-47D7-B334-F81CB5BEABD3}

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{3E1DB06C-9CB5-4F83-B330-BF90B5F31FBE}

本日、議会改革検討委員会が開催されました。

メインの議題は、府中市議会の政務活動費の公開について。昨今の地方議会の政務活動費を巡る体たらくを背景に、総務省から各議長あての要請を受けて、市川議長から検討依頼がありました。上からの依頼なので自民党も含めて異論なく、全員一致で公開することに決まりました。領収書も含めてネットで全面公開します。

前回の議会改革検討委員会では予算委員会の議事録作成が決まりましたが、これに続いて、杉村の公約がまた1つ実現しました(^^)!

そのほか、検討委員会では今後の検討項目が議論され、次回12月は「陳情の扱い」について議論することになりました。

私からは、検討項目を毎度毎度考えるのではなく、数回先まで見通しがつくように検討項目のスケジュールを次回には決めましょう、と申し上げました。

また先延ばしになっている議会基本条例についても発言しました。これについてまた、村木委員長と以下のやり取りがありました。
【杉村】議論を始めたら時間がかかる問題なので、少なくとも取り扱いの方法については次回決めましょう。
【委員長】あくまでも私案だが、議会基本条例については専門の別の委員会を作ったらよいのではないかと考えている。
【杉村】別にするなら別にするでやり方を決めた方がいいと思います。議会基本条例の取り扱いの方法についても次回の議題にしてください。
【委員長】厳しいこと言うなぁ(笑)

ひとこと言っておかないと次回も何もせずに終わってしまうので、申し上げました。何もせず今の状況が続くと、棚上げ、先延ばし、と言われてしまいます。

{6E2380B6-6F8A-4779-96B8-11D3B1EE17B8}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
18日の府中文化村の交流会は、ゲストが菅直人元総理でした。テーマは福島原発事故直後の政府の対応で、「福島原発事故の本当のところ」でした。

もし興味はあったけれど行かれなかった、という方は26日に映画「太陽の蓋」の上映会があり、そこで菅さんのお話もあるようなのでそちらにご参加ください。

https://m.facebook.com/events/333219143701962/


さて、講演の内容です。

ぼくは民進党ではありますが、以前菅総理の時に民主党を離党し衆議院選挙で菅さんと戦ったわけですし、菅さんを擁護する立場ではありません。かといって何でもかんでも批判するつもりもありませんので、今回もニュートラルな立場で、原発事故の一級の現場情報を素直に聞きたいと思いました。


聞けてよかったと思うのは次の点です。

◯事故直後に総理がヘリコプターで現地を訪れたことについての説明。

まず、現地対策本部に周辺自治体の首長は駆けつけられず、官邸から派遣した副大臣も渋滞でなかなか行き着けず、機能しなかった。結果、官邸内に本部を置いた。3月11日中に、建屋内に水素が増え爆発する危険があるので「ベント」が検討され、24時頃までには「ベント」を指示した。しかし、明け方になっても「ベント」が実行されず、本部にいた東電社長に事情を聞いたが「わからない」という。そこで、直接確かめるしかないと判断し、朝6時頃ヘリで現場に飛んだ。


現場で吉田所長に初めて会い、事情を聞いた。所長は明確だった。電源が喪失したためボタンを押してもベントが開かず、手動で作業にあたっている。しかし超高レベルの放射能なので職員が代わる代わる作業にあたっている最中である、との事情を聞き理解できた。所長を信頼できると感じたが、現地を訪れてよかったと思っている。


◯事故直後、専門家に最悪のシナリオを想定するよう指示した。その答えは、170km圏内が強制避難、250km圏内が避難推奨、だった。定期点検のため稼働を止めたばかりの4号機の使用済み核燃料プール内の水が空になったらそれが起こるという想定だった。4号機が危険だという情報は米軍からも入っていた。米軍は上空から放射能を測ることができた。250km圏内といえば、東京都がほぼ入り、日本海まで達する。日本が壊滅する。


後でわかったことだが、幸いいくつもの「偶然」が重なりその最悪の事態に立ち入らずに済んだ。一つだけ言うと、4号機のプールの水が蒸発して水位が下がった時に、稼働停止直後だったのでまだ原発の方に残っていた水がプールに戻ってきていた。


その時は最悪も想定されたので、東電社長から社員を撤退させたいとあったが、なんとか踏みとどまって欲しいと話した。私やあなた方のような60代以上が中心となって、と。事故前からチェルノブイリの事故対応についてを読んでいたので、押しとどめるか逃げるかというギリギリの判断は総理である自分がしなければいけないと事故当初から考えていた。



その後の交流会、さらに二次会まで参加され、文化村の皆さんとざっくばらんにお話いただきました。


こんな感想がありました。

・3.11震災時の本当の話を聞くことが出来ました。

・まさか、菅さんのとなりでジンジャーエール飲むような機会がくるとは思いもしなかったけど😲

日本の政治のこと 海外との繋がり 私には難しいはずなのに、分かりすく話して下さいました☺️

・とても穏やかで自然な雰囲気の方 だからこその貫禄を感じました。頑張ってください!私もがんばります!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。