MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com Music Stream
This songs of freedom
'Cause all I ever have:
Redemption songs;
Redemption songs.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-21 17:31:28

さぁ、帰りましょ!

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-21 17:27:18

久々の木々

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-21 17:09:13

頭の上を飛行機がバンバン飛んでいく!

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-07 19:51:36

鵠沼のメロウなサンセット

テーマ:ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-12 22:01:33

with Kana

テーマ:ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-12 19:06:07

空を仰ぐ

テーマ:ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-29 18:14:50

バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC

テーマ:ブログ
『バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC』

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-29 17:55:20

バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC

テーマ:music


最強の黒人ミクスチャー・ハードコア・パンクバンドの
ヒストリーをエモーショナルに描き出す!
映画『バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC』

 バッド・ブレインズは、ワシントンD.C.で誕生したハードコア・パンクバンドだ。高校で知り合った彼らは、当初、マインド・パワー(MIND POWER)と名乗り、ウェザー・リポートなどをはじめとする、フュージョンやジャズ、ソウルなどをコピーし演奏していた。そんな折、彼らはセックス・ピストルズやラモーンズ、デッド・ボーイズらの音楽に触れ、大きな衝撃を受けることとなる。そしてすぐさま音楽志向をパンク・ロックへと舵取りを行ない、バンド名をラモーンズのアルバム『Road to Ruin』に収められている『Bad Brain』から取り、1978年、彼らはバッド・ブレインズ(BAD BRAINS)として生まれ変わった。これはかつて存在したことのない、黒人によるパンクバンドのスタートでもあった。
 当初はセックス・ピストルズやラモーンズのコピーをしていたバッド・ブレインズは、程なくしてオリジナルを創作していく。“ラモーンズを手本とし、さらに進化していきたい”。そんな思いそのままに、彼らが生み出す楽曲の数々は、恐ろしいほど早いビートを刻み、どんどん高速化していった。もともとフュージョンなどのコピーをしていた彼らは、演奏能力が高く、複雑で多彩な曲でも容易に演奏することができたのだ。そんなオリジナル曲を武器に、バッド・ブレインズはワシントンD.C.のライブハウスに進出。彼らの激しいパフォーマンスに観客は熱狂し、モッシュやダイブが繰り広げられた。会場はもはやカオス状態。観衆を包むエネルギーは、暴動寸前の凄まじいものだった。なんとライブが終わった後のクラブで、どこかが破壊されていないところは無かったという話さえ残っている。ところが、それが元で、バンドはワシントンD.C.のクラブから、締め出しを食らってしまう。彼らの代表曲の一つでもある『Banned in D.C.』は、このことを題材にした曲だ。
 地元を追われたバッド・ブレインズは、活動の場を求めてニューヨークへとやって来る。パンクバンドの聖地とも言えるCBGBにも出演し、この地でも彼らは熱狂的な歓迎を受けた。ライブを重ねるごとに、バンドの真価は認められ、フロントマンであるボーカリスト、H.R.のカリスマ性も高まっていく。そしてその後、ボブ・マーリーのライブを見た彼らは、レゲエに凄まじい影響を受けることとなる。特にH.R.と彼の弟であり、ドラムのアール・ハドソンが受けた衝撃は激しく、彼らはラスタファリズムに傾倒していく。そして彼らの音楽には、レゲエのレパートリーも加えられていった。ハードコア、パンク、レゲエ……。それらを高い次元で融合したミクスチャーバンド、バッド・ブレインズの誕生だ。唯一無二の音楽スタイルを確立した彼らは、’82年に1stアルバム『BAD BRAINS』をカセットでリリース。大きな話題となった。そして’80年代の音楽シーンを駆け抜けた彼らは、その後、H.R.のバンド脱退や解散、再結成などを繰り返しつつも“全ての物事を否定ではなく、肯定から生み出す姿勢、あらゆることをポジティブに解釈し、前に進む”という考え方=“P.M.A.(Positive Mental Attitude)”を継承し、今もなお活動を続けている。
『バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC』は、バッド・ブレインズの’07年のツアーの模様を軸に、バンドの歴史も追いかける、彼らにとっては史上初となるドキュメンタリー映画だ。メンバー同士の心の交錯、バンドのフロントマンであるH.R.の奇行っぷり。カメラは心の中までも映し出すかのように、淡々とメンバーたちを追いかける。そして驚くほど貴重なアーカイブ素材の数々。全篇を通して流れる’80年代のライブ映像は、若き時代のバッド・ブレインズのエネルギーを鮮明に描き出す。またレッド・ホット・チリ・ペッパーズのアンソニー・キーディスやビースティ・ボーイズ、フー・ファイターズのデイヴ・グロールらのインタビューは、バッド・ブレインズが音楽界において、どれほど重要なバンドだったのかを雄弁に語る。監督はラモーンズのギタリスト、ジョニー・ラモーンのトリビュート映画『TOO TOUGH TO DIE』を手がけたマンディ・スタイン。バッド・ブレインズの楽曲45曲が、サウンドトラックとして全篇に散りばめられている。

7月16日(土)、渋谷HUMAXシネマにてレイトショー
ほか全国順次公開


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-21 22:58:13

初いきなりステーキ、最高でした!

テーマ:ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-14 21:46:06

JBSを知ってますか?

テーマ:ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。