杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ Powered by Ameba

杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ


テーマ:

昨日、「週刊新潮」に「ピースワンコ・ジャパン」の問題の記事が掲載されました。





以前より、犬の不妊・去勢手術を譲渡先に委ねているピースワンコの保護・譲渡事業に疑問の声が上がっていました。

 


その声は益々高まるばかりで、私が理事長を務めます公益財団法人動物・環境福祉協会Evaにも、

 

神奈川で長年、愛護と保護活動に尽力してきた団体さんから、

 

ピースワンコの譲渡事業への危機感をお聞きする機会があり、理解と協力を求められていました。

神奈川県で譲渡推進に貢献し、成果を上げてこられた団体さんが危惧することは、

 

未不妊・未去勢の犬たちが、どんどん県内で譲渡された後、もしも脱走や逸走があったら、

 

飼い主に返還されない場合、繁殖してしまうリスクはとても高く、

 

不妊・去勢を徹底して、殺処分の原因ともなっている望まない繁殖を根絶しようと努めてきた団体の、

 

今までの活動が台無しになってしまう、というものでした。

その心配はもっともだと私も思います。

しかも、特に震災や災害の多い日本においては、東日本大震災の現状を振り返っても、

 

不妊・去勢手術は必須であり、人と共生してもらうために、

 

動物愛護と福祉の基本は不妊・去勢手術である、というのは常識です。

 

もしも災害があり脱走してしまったら?

 

未手術の犬が野に放たれ神奈川県内で繁殖したら、そのツケは県内の団体さんが払うのでしょうか、、、

ピースワンコが譲渡事業の拡大を図って、まずは神奈川県に進出したことにより、

 

神奈川や関東近郊の保護団体さんから、そんな問題を招くことだけは避けたいと、

 

切実な訴えがありました。

ピースワンコへは質問や要望をされていたようですが、ピースワンコはそれに対して無視。


正当な主張があるならば対話することは当然だと思いましたので、

 

私のほうから面会の要請をさせていただく、という形で関わることになりました。

私は以前、ピースワンコの神石高原町にある施設を訪ねたことがあり、

 

大西代表ご夫妻とは面識がありました。

 

ただ、動物愛護団体以外の方の立会いも必要と感じ、

 

大西代表をご紹介くださった国会議員の方も一緒に話し合いができないか、と面会のお願いをしました。

しかし返ってきた答えは、「動物愛護団体とは会わない、杉本さん個人となら話してもいいが、、、」というものでした。

 

なんとかして神奈川県の団体さんとの話し合いの場を作ろうとしたのですが、残念ながら、それは叶いませんでした。

私がその時に感じたのは、自分たちの主張の正当性を説明できるなら、

 

きちんと対話して理解を求めるべきだということでした。


けれど、週刊新潮をはじめ、いくつかの記事を読むと非常に情動的で、

 

動物愛護や福祉の未来を見据えた論理的なものではないというのが感想です。

また、神奈川県で譲渡事業を展開する団体と、同じ志で活動しているなら、

 

今まで地元で尽力してきた団体に対して、ずいぶん不誠実な対応ではないか、というのも率直な感想でした。


この申し入れは、もう一年以上前のことです。

今回、無視され続けてきた団体や、それに同じく疑問を持つ団体が、


「日本の保護犬の未来を考えるネットワーク」として公開質問状を送ったには、

 

そうせざるを得なかった長いプロセスと地元団体の苦悩と危機感があったからです。

 

 

【公開質問状の回答とネットワークの見解】

https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/answer

 


動物愛護団体同士の諍いにありがちだった、団体潰しや誹謗中傷の類ではないことをご理解いただけたらと思います。


団体の主義主張が多少違うのは当たり前ですし、

 

そんなことは大して重要な問題ではないと考えますが、これに関しては、

 

そのリスクや動物愛護の未来を考えると、軽視できない問題です。

 


また、ピースワンコは、動物保護・譲渡事業をビジネスに例え、

 

そのビジネスセンスを遺憾無く発揮される能力には脱帽ですし、


もちろん、どんな綺麗事を言ったって、お金がないと救えない命もたくさんあります。

 

お金を集めること自体は何も悪いことではありません。


むしろ、多く集めるべきだし、大いに生かしてほしいと思うくらいです。

 

しかし、どうにも「保護犬を商品」「里親さんをお客」と表する

 

ピースワンコのプロジェクトリーダーの感覚には違和感を覚えます。


また、厳格な譲渡基準があるわけではない、と明言されていることにも正直驚いています。


参考記事 : 以上の発言が掲載

http://www.dogplus.me/pets/999/C999902/20150316002/

 


お金の話しに戻りますが、その使途ははっきりさせるべき義務がありますし、

 

ふるさと納税の納税金なわけですから、使途には公益性がなければなりません。

 

以下の参考記事は、アメリカでの獣医療経験の豊富な西山ゆう子先生の記事です。

 

【寄付をする私たち市民が、気を付けなくてはいけない事。以下は、米国の市民が、

 

動物愛護団体へ寄付をする時に、自分で調べて、納得する一般事項】が以下に記載されています。
https://www.facebook.com/dryukonishiyama/posts/440650816140423?pnref=story

さて、いろいろな声が上がることを想定して書きますが、


おそらくピースワンコから犬を譲渡していただき、幸せに暮らしている方も少なからずいらっしゃるでしょう。


誰かの幸せに繋がったことは事実ですし、本当に素晴らしいことです。


もちろん、その方たちの成功例と幸福を否定するものではありません。


譲渡後、不妊・去勢手術も責任を持ってなさり、そういう方はきちんとした飼い主さんで、

 

幸運にも問題なくうまくいったケースです。

犬の譲渡というのは、神経がすり減るくらい本来は繊細なもので、かつエネルギーも要します。

 

しかし、何千頭、何万頭、と今後譲渡されていくことを考えてみてください。


いろんなケースが予想されます。


また、膨大な数の未手術の犬たちが施設内にいて、常識的に考えただけでもわかりますが、

 

繁殖コントロールの困難な状況下にいること。

 

その福祉にも疑問が生じます。


譲渡後に手術してください、と最終決定を譲渡先に委ねる危険性も考えてほしいのです。


約束を守らなかったら?


逸走、脱走させてしまったら?


あらゆるリスクを想定して、それを回避できるよう最大限の対応をしておくのが、

 

保護団体の責務だと私は思います。

 

周りの幸運な数例、またはご本人の成功例をすべてと思わずに、

 

しっかり問題の全体像を捉えていただくことをお願いいたします。

 

 

また他にも、不妊・去勢には、犬のことを考えてアンチな発言がある中、

 

譲渡後に不妊・去勢手術を指導しているという一貫性の無さにもいささか引っかかるところがあります。

 

ペットショップから迎えた、というのと保護犬を譲渡してもらうのとでは、意味も本質も違いますが、

 

しかし、ピースワンコの、それも混同されているような発言には、やはり共感できません。

 

現に、多くの団体は繁殖コントロールの責任を持って活動しています。


災害救助犬の夢之丞くんがクローズアップされてからしばらくして、

 

私はピースワンコ・ジャパンの活動に興味を持ち、これからの保護活動を牽引してくれるであろう団体という期待を抱き、

 

数年前に神石高原町にある保護施設を訪ねたことがありました。


その時は、不妊・去勢手術しない団体だとは知りませんでした。

 

しかし、私が伺った時、少し感じた違和感の答えが後に理解できました。


応援したいという肯定的な気持ちが大きかったので、そのことはあまり深く追及しませんでした。

 

母体は、災害救助で人を救うのが本業のピースウィンズジャパンですから、

 

動物愛護と保護が活動の主である団体とは、多少の温度差はあれど、

 

ここまで大きな影響力を持つようになったのですから、

 

動物保護の基本的な在り方について、もう少し慎重に考えていただきたかったと思うのです。

 

 

できることなら、これからでも軌道修正していただき、

 

その力を本当の意味で発揮してほしいと願うばかりです。

 

「殺処分ゼロ」の本質的な問題には言及していないにしても、殺処分の問題が、

 

ここまで広く世の中に広まったのは、ある意味ピースワンコ・ジャパンの広報力によるものだと思いますから、

 

そういう観点から考えても、このままでは本当にもったいないと思います。

まずは、「週刊新潮」をご一読いただき、その上で、皆様にも冷静に考えていただき、

 

ご判断をしていただきたくお願いいたします。

 

ピースワンコについての浅田美代子さんの記事
https://www.facebook.com/miyoko.asada.3/posts/1342016245887127?pnref=story

 


 

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(119)

杉本彩さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース