【口腔の特殊性】 口腔機能とストレスの関係 ストレスがかかると歯ぎしり食いしばりをすることが研究されておりBruxismと呼ばれている。咀嚼の10倍約60100kg/cm2の力が歯や顎にかかる。この異常な咬合力により歯や歯周組織に影響が出るだけでなく、筋肉組織の損傷につながり筋筋膜性疼痛を惹起する。それが持続することにより、やがて難治性の索状硬結となり周辺に伝播していくこととなる。顎関節症由来の線維筋痛症が発症する発端になる。

AD