【全人的アプローチ】

 当初より歯科治療を求めて来る慢性疼痛および線維筋痛症の患者さんは少ない。むしろ各科を周り不信感を持つ患者さんが多く信頼関係を築くのに苦慮する。症状改善は患者さんの生き様に比例する。自分の病気と受け止めて前向きに治ろうと努力する患者さんは早く改善する。このような困難な状況にあってもプラス思考の患者さんは治りが驚く程早い。逆に我々が生き方について学ばせていただいている。

AD