[症例3] 顎関節症を発症している患者さんはこのように歯列不正の患者さんが多い。このような歯並びは円滑な咀嚼運動を阻害するだけでなく、咀嚼筋のスパズム過緊張を起こし、慢性疼痛の原因になる。

AD