写真はイメージ

 

 私はあと3カ月で88歳になる。妻は認知症で87歳。〝2人で1人″の暮らしである。友人知人も鬼籍に入り、音沙汰がない。

 安部首相も多忙だが、あれは仕事であり、金も出る。私は八面ろっぴの活躍をしたとしても何も報酬はない。しかし、できぬとは言えない。

 認知症のためか、妻がイライラして文句を言う。糟糠の妻であり、突き放しはできない。朝から晩まで「財布がない」「物がなくなった」と騒ぎ、2人で家中ひっくり返す毎日である。

 私は病院に5軒行くが、どこへ行っても「高齢のため治らぬ」と先生が平気で言う。私も仕方ないので「アハハアー」と笑っている。治らぬ病気で病院に行くのも根気がいるが、行かぬよりはましだろう、

 原稿を書く暇がないので病院の待ち時間を利用するが、みんなが「変なおじさん」といった顔で見てくる。それでもめげずに通っている。

 スーパーに4軒行く。卵が安い、肉が安いと走っていると、子どもが目を白黒させる。「あの人 男みたいだが、女かなあ」といった目だ。

 ほかに行くところは市役所、銀行、郵便局。おまけに、よせばいいのに図書館で本を10冊借りてくる。貧乏性である。3時には防犯パトロールに出かける。

 私は何をやっているんだろうとも思うが、せっかくの人生だ。生きるだけ生きてピンコロリと逝きたい。多忙で死んでる暇がないが、あと10年、何とか生かしてほしいと、神様に祈っている。

熊本日日新聞 平成29年3月14日朝刊 読者ひろば 藤本長明さん 87歳 元会社員の投稿より引用

 

 今回はいつもの「いい話のおすそ分け」シリーズとは傾向の異なる投稿をご紹介します。

 老いの生活をユーモラスに描かれている文章だと思います。一つ一つの文章は切実なものがあるのですが、筆者ならではの受け止め方と機転で上手に人生を過ごされているようです。脳トレとしての執筆活動も老後の趣味としてヒントになると感じました。

 

 

 

 

AD

あしたまたあおうね

テーマ:

いつもヘルパーさんの付き添いで来られる

90歳になられる患者さんのはなし

 

治療の合間に家での暮らしの話しになった

94歳のご主人との二人暮らし

聞いてていつも仲の良さが感じられる

私も1度往診してその雰囲気を実感した

 

毎晩ご主人が奥さんに声かけされるお休みの言葉は

奥さんの手を握り

膝をさすりながら

「あしたまた元気であおうね」

 

奥さんのことばは

「あしたもなかよくしようね」

 

この言葉を聞いた娘が思わず涙した

 

みなさんもこの言葉が言えますか

70年たっても変わらぬ夫婦愛

毎日毎日をいつくしみ暮らしておられる

 

 

 

 

 

AD

ある患者さんからのメール

テーマ:

 朝いちばんにこのようなありがたいメールをいただきました。もう10年前からの患者さんで、メンテナンスに毎月欠かさず見えられている方です。うれしいと思う反面、患者さんのさまざまな思いに思いをはせるともう冷や汗ものです。確かに毎月お会いしていると何か変だとか、ストレスかかっておられるのかなと感じることもあります。でも根本はコミュニケーション。こちらが思いをくみ取れないと逆の印象を与えてしまいます。結果がいい方向へ回ったからよかったものの、反省点が多々あることを考えさせられたメッセージでした。

 

「いつもお世話になっております。

昨日はとても感動致しましたのでこの思いを伝えずにはいられなくてメール致しました。
歯科衛生士 さんに変わりはないですか?って聞かれたとき思わず『ありません』って答えました。実は口を開けるとき顎が痛かったのですが何か怖い治療をされるのではないかと思い言い出せずにいました。ところが最後の院長先生のチェックの時「噛み合わせがおかしくないですか?」と直ぐに見極めてくださり義歯を調整して下さいました。それから直ぐに痛みはなくなり口も大きくあくようになりました。口の中を見た瞬間に直ぐにわかって頂けるなんてとても感動しました。神様のような院長先生です。怖がりな私ですがこれからも宜しくお願い致します。   」 
AD