テレビ番組☆最新・お得情報☆紹介ブログ

テレビ番組で放送した最新情報を紹介していきます。生活に役立つお得情報・面白くて楽しい情報などを提供いたします。雑誌ネタ、その他お得な情報も書いていきます。1d90f328944b5fee


テーマ:

「はなまるマーケット」 2010年4月6日(火)放送


晴れ柴田理恵の美食ハンター


まだ世に知られていない全国のB級グルメ、郷土料理、名産品など、日本全国の美味しいものを発掘し、紹介するコーナーの中で、「ひるぜん焼そば」が紹介されていました。


「ひるぜん焼そば」とは岡山県真庭市、蒜山(ひるぜん)地域で昔

から食べられているご当地グルメで、「天下分け麺の戦い 2010」というグルメイベントで第1位に輝きました。


「ひるぜん焼そば」は焼きそばを、ソースの代わりに特製のみそダレで絡めたもので、具は、鶏もも肉とキャベツのみで作ります。


蒜山地域では昔からジンギスカンが食べられていて、50年以上前に肉の臭みがとれると、みそダレが流行しました。 そのみそダレを焼そばにかけてみたところ、おいしいと広まり、今では地元のスーパーはもちろん、道の駅でも焼そばのタレを売っています。


そんな「ひるぜん焼そば」に欠かせない、どんな料理も美味しくしてしまう万能調味料「みそダレ」の作り方を地元の主婦の方に教えていただきました。






クリップ 秘伝のみそダレ

材料(約2リットル分)
・リンゴ・・・2と1/2個
・タマネギ・・・1個
・ショウガ・・・50g
・ニンニク・・・3片
・酒・・・180cc
・みそ・・・大さじ5
・しょう油・・・540cc

・みりん・・・360cc
・七味唐辛子・・・大さじ1
・すりゴマ・・・大さじ1と1/2



<みそダレの作り方>


1 リンゴをざく切りし、タマネギ・ショウガ・ニンニクも細かく切る。


2 1.と酒、みそを入れ、ミキサーに30秒間かける。


3 2.を鍋に移し、しょう油・みりん・七味唐辛子・すりゴマを加え、

一度かき混ぜる。保存を効かせるために2~3分ほど煮たら出来上がりです。2週間ほど冷蔵庫でねかせれば、よりまろやかな仕上がりになります。




<ひるぜん焼そばの作り方>
1 フライパンに油を熱し、鶏肉を焼く。


2 キャベツを入れ炒め、麺を入れほぐすように炒めていく。


3 みそダレを加えて、よく絡めれば出来上がり。



昔ながらのひるぜん焼きそばのタレ名物・蒜山やきそばのたれ・内容量350g1本




虹秘伝のタレを試食した感想は

・岡江「おいしい。ジンギスカンのタレですね。」

・柴田「何にでも合いそう。さっぱりしてる。」

・薬丸「そんなにみその主張はないですね。どちらかと言うとジンギスカンや焼肉のタレの味。」と好評でした。




ブログランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。
テレビ番組☆最新・お得情報☆紹介ブログ

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード