鳥肌音楽 Chicken Skin Music

WRITING ABOUT MUSIC IS LIKE DANCING ABOUT ARCHITECTURE.


テーマ:

ブックマークさせてもらっているブログ ”音楽の社”  でB.J.トーマスについて書かれていて

そういえばアルバム「ビリー・ジョー・トーマス」を買おうと思いつつ買いそびれていたことを思い出しました

ビリー・ジョー・トーマス
①ザッツ・ホワット・フレンズ・アー・フォー  ②ロックン・ロール・ララバイ 
③ハッピァー・ザン・ザ・モーニング・サン  ④ローズ  ⑤スウィート・チェリー・ワイン
⑥ソング・フォー・マイ・ブラザー  ⑦ファイン・ウェイ・トゥ・ゴー  ⑧ジャスト・アズ・ゴーン
⑨アイ・ゲット・エンシューズド  ⑩アー・ウィ・ルージング・タッチ
⑪ウィ・ハヴ・ゴット・トゥ・ゲット・アワ・シップ・トゥゲザー  ⑫ストーリーズ・ウィ・キャン・テル

ブログの記事でも触れられていたレココレ4月号のスティーブ・タイレルの記事を読むにつけ

stevetyllel Steve Tyrell


「ビリー・ジョー・トーマス」が聴きたくてたまらなくなってきました。


スティーブ・タイレルは60年代セプター・レコードのA&RマンとしてB.J.トーマスをヒットさせ

70年代以降はプロデューサーとしてBS&Tリンダ・ロンシュタット他多くのアーチストを手がけ

自らもシンガーとして6枚のアルバムを発表している人です


レココレのインタビューでは「ビリー・ジョー・トーマス」についてこんな風に語っています


Q)B.J.トーマスの”Billy Joe Thomas"(72年)はものすごいソングライターをあつめて作られましたが

これはあなたのアイデアですか


A)ああ、私のアイデアだ。

当時としては、時代のうんと先を行くアルバムだった。

BJは当時、誤解されていたんだ。

トム・ジョーンズみたいなラス・ベガス風シンガー、もしくはジョン・デンバーか何かだと。

本当はテキサス出身のファンキーなやつだった。

ドラッグの問題を抱えてはいたが、”Raindrops Keep Falling On My Head"が大ヒットしたせいで

ださいイメージでとらえられていた。


69年当時、受けていたのはレッド・ツェッペリン、ボブ・ディラン、ジミー・ウェブ、キャロル・キングだった。

それならそういう人の曲を集めて、作者本人に参加してもらおうと考えた。

ポール・ウィリアムズ、スティビー・ワンダー、ジミー・ウェブ、キャロル・キング・・・すごいメンバーが参加し、

クールなレコードが出来上がり、ヒットした。


”Rock'nRoll Lullaby"は大好きなナンバーだ。

バリー・マンとシンシア・ワイルの曲だ。

あれは自分でも聴く度に最高の出来事だったと思えるよ


こうまで言われるとますます聴きたくなります。


「トライアングル」をタワー三宮で買ったとき探して見たのですが

BJ THOMASの仕切板すらない状態でした

BESTくらい置いとけよなぁ・・・ひょっとしてカントリーコナーとかに置いてあったとか?


なかばあきらめていたのですが

隣町に最近オープンしたBOOK OFFに行って何の気無しに棚を見ていたら

あれっ、「Billy Joe Thomas」あるじゃありませんか、それもちゃんと国内盤で

帯無しで¥1250 勿論買いですね


bj BJ なかなか 男前ですね


自慢ではないですけど、結構CDに関してはこういうことある方です

ジミー・クリフじゃないけど ”You can get it if you really want" ってとこでしょうか


確かにすごいクレジットです

まずは作家陣 ①はポール・ウィリアムス 傑作②と④⑤はバリー・マン/シンシア・ワイル

③はスティビー・ワンダー、⑥はジミー・ウェブ⑦はキャロル・キング/トニー・スターン ⑧ウェイン・カーソン

⑨⑩はBJのヒット「フックト・オン・ア・フィーリング」プレスリーの「サスピシャス・マインド」

書いたマーク・ジェイムス、⑪はジョン・ストロール/バビー・ワインスタイン

そして⑫は気いたことあるなと思ったらジョン・セバスチャンの曲でした。


ステーブ・タイレル

>作者本人に参加してもらおうと考えた 

と言ってるように


各々の提供曲にポール・ウィリアムス(Vo)、バリー・マン(Key)、スティビー・ワンダー(Harmonica)

キャロル・キング(Pf)、ジム・ウェブ(Pf)、ジョン・セバスチャン(Gu)が参加しています


それ以外にも「ロックンロール・ララバイ」でいかにもといった

トワンギーなギターを聞かせるデュアン・エディの他

チャールズ・ラーキー、ロン・タット、ダーレン・ラヴを含むブロッサムズ、メンフィス・ホーンズ

といった豪華な面々が参加している


でこれだけ豪華なアルバムなので、文句無しの名盤かというと

残念ながら僕の評価としては77点くらいです

「ロックンロール・ララバイ」だけなら96点くらいつけるところですが

全曲がBJにあっているかといえばそうでない曲もあったりするのでもうひとつといった感じです。


BJを聴くならとりあえずはベスト盤から入った方が良いかもしれませんね。

B.J. Thomas Greatest Hits
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

sugarmountainさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。