シュガーボーイ 仙台路上ミュージシャン

シュガーボーイの自己実現の過程をリアルタイムで映し出したブログです。


テーマ:
~TOEIC,一年後の僕は何点取れるか~

TOEICという英語のテストをご存じだろうか?

まあ、一般的にビジネスにおける英語力を測るテストだといわれている。


僕は中学、高校と英語に興味が持てなかった。

僕が行った大学も理系であまり英語の授業に力を入れている大学ではなかった。

TOEICの満点は990点。

そんなこんなで僕がTOEICを初めてうけた時、

「375点」というとてつもない点数を叩きだしてしまった。

まあ、これ自体恥ずかしすぎてブログに書けないような点数なんだけど(笑)



大学院を卒業するためにTOEICである一定の点数を取らなければならなくなってしまった。

また、新入社員の足きりにTOEIC試験がよく用いられているんだけど

サムスンとソニーの新入社員の足きりの点数の違いにびっくりした。

サムスンは900点。

ソニーは630点。


まあ、当時だから、今は少し変わってるかもしれないけど、これは驚きだ。

今はソフトバンクの社員だったら、

社員が900点取得したら奨励金で100万円でるんじゃなかったっけかな?

まーそんなこんなで僕の英語魂に少し火が付いた。


375点からなんとしてでも、ソニーくらいまでは上がってやろうと思ったんだ。


~何点取れるか予想~

そして、実家に帰省した時に、両親と姉と4人で

僕がこれからTOEIC試験に取り組んで、何点を取得できるようになるかを予想し合った。

その時の写真がこれ。


シュガーボーイ 成功者研究ブログ -TOEICの予想点数

父「530」
母「540」
姉「560」
俺「630」

まあ、375点だから仕方ない。

僕の家族の予想点数はいずれも均衡している、

そして、僕の予想より約100点くらい低い。

この時にただ一つ確かなことは、

僕が630点を取るということを誰も信じていなかったということだ。



僕以外を除いては。




~有言実行~

そして、僕は630点を取得した。

まあ、当然の結果だった。

なぜなら、思考は現実化するからだ。

シュガーボーイ 成功者研究ブログ -TOEIC有言実行


~そして、さらに~

そして、僕の英語力はさらにあがり、685点を取得した。

あの時、家族が予想した点数より100点以上高いスコアだった。

シュガーボーイ 成功者研究ブログ 


まあ、はっきり言って685点って実はそんなにすごくない。

TOEICでは英語の会話力とか、英語の読解力とか、

本当のスキルを測れないと言われていることもたしかだ。


だけど、まぐれで取れる点数ではない。

ある程度の努力をしないと達しない点数だ。


当然、この時には自分一人の力で達成したわけじゃない。

一緒に勉強していた同志もいたし、

英語を教えてくれるアメリカ人の先生(友人)もいた。

本当に感謝している。


~何を信じるか~

あの時、「630点」を取れると信じていたのは、僕だけだった。

結局、何を信じるかで、人の道は決まるのだと思う。

僕が今一番やりたいことは作曲なんだ。

毎日取り組んでも、浮かばないものは浮かばない。

でも作りたいならば、作れる自分を信じるべきなんだ。

そうやって、未来志向でものごとを考えていきたい。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【弾き語り動画集】
いいね!した人  |  コメント(0)