【 命のこと 】

テーマ:
いのちのこと


急に重たいテーマかもしれないけれど
今生きている人は、必ず持っているテーマ
書いておきたいなと思いました👍✨

{288DBC8F-19FF-458D-86AF-D6CF2E4FC9ED}

これは、とある一人の人生の
ものがたりです🌺



✨いのち✨


自分の命
大切な人の命


【 命=時間=有限 】

{4D03A3C7-3316-4F3D-A5F8-CEE0AE20198C}

私は20才の時に
親友を亡くしました🙂

そもそも小さい頃から
おばあちゃん子だったので
(弟と2歳差で、母は下の子の育児に忙しく、母親はいないと思ってました)


おばあちゃん達は
よく『死』についても話してたので、
それが、感覚で遠い所というのは、わかっていました。







『あの子の分まで 生きて下さいね』




私達が親友のお母様から頂いた言葉だ。
中学
高校
部活
恋愛の話
修学旅行
受験勉強


恐らく青春時代
一番時間を共有した
尊敬する親友でした。


彼女は見事難関校に受かり、いよいよ夢へ向かっての大学生活が始まる時

突如

原因不明の腫瘍が脳に発見され、
手術をしたのでした。

年齢が若い事もあり、未病はどんどん親友の身体を蝕んで行きました。


いよいよ抗がん剤を投与しないと
いてもたっても辛くて


彼女と彼女の家族は
それを選びました。


しばらく闘病生活が続き
面会出来るようになった頃

私が病院へ会いに行くと

女の子なのに
頭は抗がん剤治療の後遺症で
髪が抜け落ちてて全く無く。

本人はとても気にして帽子を被りつつも、
私を笑顔で出迎えてくれました。




私が、頭を見たいというと、
彼女は帽子を取ってくれた。




『かっこいい』


私の口を発した純粋な想いだった。
意を決した者の姿というか
女性のそのような髪型を見たことが無かったからか



彼女は



『佐藤だけだよ
そう言ってくれたの』



と、後から手紙と写真を送ってくれた。



そして

まもなく


彼女はこの世を去りました。


本当なら
一緒に成人式で晴れ着を着るはずだったのに。
20才になる前に
遠い所へ行ってしまった。

あれからずっとずっと
お母様の
『 ちゃんと 生きる 』のメッセージが
心の真ん中にずどーんとあって、

私が出来る事は
演劇の道を極め
この道でごはんを食べる事
夢を叶える事

それしかないって
尚更、自分の人生、ちゃんと行きてきた。


辛い時も沢山あるし
自分だって、早く次の楽な人生歩みたいってしばしば考える事はあるけれど😂✨


それでも

自ら命を絶つ事は
どうか選ばないで欲しい。




その翌年頃


うちの弟がリストカットした。


家に帰りたくなかった。

本人と向き合えない私を含めての家族が

その 問題を解決出来ない家庭が

そこに あった。



(辛気臭く書きましたが、弟は健在で、それこそ芸術の道で、遅咲きながらにお金を獲はじめてます😃🙌❤️)


この広い世界には
どんなに懇願して生きたくても生きられない人がいること


ある日、突然
自分の大切な人がいなくなってしまうこと


それは、私だけのものがたりではなく、
あなたとも共有出来るものがたりだから


だから、


ちゃんと 生きて欲しい


好きな人と時間を共有し
自分のやりたい事を見つけ
毎日の出来事を誰かとシェアする
朝を迎えられた事に感謝する
皆様のおかげ様に気が付ける

代々2000年以上続いて来たルーツを
日本人としての誇りと
産まれた奇跡を
途絶えさせないで欲しい


そして、今が楽しければ主義にとどまらず

点が
線になり
立体に成っていく
そんな人生を創造出来れば

私は
ちゃんと生きたなって
死ぬ時に思えるかな😉


あなたが
今、この記事を読んでいる瞬間も
似たようなものがたりは
起きているのだから。


最後までお読み下さいまして、ありがとぅございました😊✨

佐藤愛
{33B657DE-427D-4554-B072-74D597AF1354}

AD