さとのブログ

日々の生活で見たこと・感じたことなどを綴った
ゆる~いブログです。


テーマ:
新年明けましておめでとうございますニコニコ
皆さま、昨年はお世話になりましたキラキラ
何がって訳ではないのですが、とにかく落ち着かない一年でしたアセアセ最後の最後に事務所の引越しもあり、バテバテの年末でしたが、年賀状もおせち料理もなんとか間に合い、無事に年を越すことができました爆笑

今年はもっと自分らしく仕事をしたいと思っています。去年からそれは思っていて、仕事すればするほど気持ちに無理をしている気がしていました。仕事が嫌いな訳ではないのに、なんだかモヤモヤしててアセアセ
まだまだ模索中ですが、仕事の仕方を変えて、軌道修正をしようと思っています。

今年もしたこと、思ったことなどたま〜にブログにupしますので、どうぞよろしくお願いします照れ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
気づけば今年最後の月も10日過ぎてしもてるアセアセ早いですね〜アセアセ
今年中にしないといけないこともまだあるし、事務所の引越しもあるし(3Fから1Fへ移転するだけだけど爆笑)、毎年ながら今年はちゃんと終われるか心配です真顔
まあ、できてもできんでも日が経ちゃ〜年は越すんだけど照れ

さて、普段、あまり人のことは気にならない私ですが、たま〜に「ちょっと苦手だなぁ〜」と感じる人に出会います。
それは、その人全てが嫌って訳ではなく、その人のこういう部分が一緒にいてしんどいとか、窮屈に感じたりすることが稀にあるという感じ真顔
何回目かのRASのセッションで、気になる項目のところにその内容を書いたことがありました。
詳しく聞くと、嫌な人が現れたとき、その人は私に何か気づかせてくれる存在だと言うのですびっくり
その人の存在を通して、傲慢になったり、意固地になったり、我慢しすぎたりして自分を疎かにしていないかを問われるような出来事が起こります。
そうなったとき、本当はどう感じてるのか、どうしたいのかを自分に問うて、その感情に気づくことが大事なんです。
結局、その時のセッションで、その根底となる原因(思い込み)を特定して、取ってもらいました。
もちろん、その時はなんの実感もありませんでした。…が、その1ヶ月後、状況は変わりました。
苦手に感じていたその人と距離を置く形になりました。それも、何も無理せず、ごくごく自然に。
そして、その人の苦手だと感じていた部分もまったく気にならなくなりました。
本当に内側から外側で、自分の内側が変わると、外側の状況も変わるのだと実感しました。
「気づく」って大事。気づかないといけないことを気づかないままでいると、同じ状況がずっと続きます。職場が変わってもいつも嫌な人がいるとか、恋人ができてもいつも同じような嫌なことが起きるとか、そんな人は何か気づくべきことがあるのだと思います。

そんなこんなで、いいのか悪いのか、さらに自分に正直に自由になっていくのでした爆笑
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
つづきルンルン

そういうことで、RASというものに興味を持った私はもっと受けてみたいと思い、続けてセッションを依頼しました照れ

毎回、気になることを箇条書きにし、それに対しひとつひとつストレス度とやる気度を測定してもらいます。
自分ではなかなかのストレスだと思ってるものがそうでもなかったり、軽い気持ちでちょいと書いたことが、案外すごくストレスになっていたり、自分の認識と身体が出す答えが違うことが不思議でしたキョロキョロ
でも、それ以上に私の場合、セッション後、数日中に必ずお腹を下すことがさらにハテナ❓でしたびっくり

なにか変化してるんだキラキラ
そういう確信が心のどこかあるものの、目に見えることしか信じようとしていなかった私には、現実としての変化がよくわかりませんでした。

何回か受けた後のこと。「だいぶ変わりましたね。」と師匠が言ってくださるも、自分では自覚がなかったのが、ふと、考え方が自由になってるかも真顔と思ったのでした。
〜しないといけないとか、〜すべきだとか、絶対に無理〜と思っていたことが、別にこうじゃなくていいや〜と思うようになってたり、無理と思ってたことでも、言ってみると案外すんなりいったりして。
「すべて内側が外側」
よくそう言われてたけど、そのときになるほど!と思いました。
自分に制限の枠をつけていたのは自分自身で、私の中にその枠があるから、現実として窮屈な思いをしていたのです。

私の本質はかなり自由だそうですニコニコちょっとの自由ではなく、かなりのアセアセ

最初の疑問に戻ると、思考は誤魔化すことができるけど、身体はいつも正直なんです。気持ちで大丈夫と思っていても、身体の一部分が痛くなったり、しんどいのに頑張りすぎると、病気になったりぐすん
もうダメだと判断すると、身体は止めに入ります。身体はなんでも知ってるんですね〜。
だから、認識と身体の出す答えが違うのはそういうことなんです。
また、お腹を下すのは、いらない信じこみを手放したらそうなるそうです。
逆に、便秘になるのは、変化するのがいやで、それに執着するからみたいです。

そんなこんなで、自分の中でも少しずつ変化がわかってきたし、生きやすく感じるようになってきましたキラキラ
そんなある日、決定的な変化が起こりましたが、それはまた次回に照れ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD