2008-01-13 23:42:38

もちをつくということ。

テーマ:ブログ

はいどうもー。


今日は寒かったので箱根にも雪が降りました、郁貴です。


イヤー、本当に寒かったです。今、雪山にいる旦那様 に比べたら、全然たいしたことないのだけれども寒かった。


でも、雨が若干混じってるような雪だったので、全然積もらなかったんですけどね。雪だるま作りたかったのに。


そんなこんなで、今日こそは書いてやろうと思います。余計なとこで長くなったのは愛嬌だよ。









ということで、去る2007年12月30日。我が家の恒例行事、餅つきがありました。


これは我が家に親戚が集まって、餅をつくまくるという行事でございます。ちゃんと杵と臼でぺったんぺったん。


たぶん、郁貴家親族が1年で1番盛り上がる行事でございます。


そこで、あたくしには毎年のことながら大仕事がございます。餅をのすのです。要は四角く薄くするってことね。


残念ながら、のした餅の写メを撮るのを忘れたんですけども、餅をついてるときの画像はちょろちょろ撮ってたので載せてきます。


いきまーす。  ← コーネコーネ。

蒸した餅米を練っていくのあります。実は1番大事な工程なのであります。


そして、この後、おとーさんがつきます。ぺったんこー、ぺったんこー。


それらしい。  ← 第2段階。

おとーさんのおにーさんの手返しによって、ぱっと見、餅の状態までもってきます。


と、ここで、画像を撮ったのが最後の臼だったので、特別な工程に入ります。よもぎを入れるのです。ひと臼だけ特別に。

ちなみに、これ以前に10枚程ついたものは、これをさらについた白い餅でございます。

ハイリマース。  ← ヨモヨモ。

すっかり画像を入れ忘れたので、さりげなく入れときます。よもぎを入れて、餅になじませてるとこです。

よもよも。
 ← 見にくいー。

よもぎを入れたら、水を多めに入れまして、やわらかい緑色の餅にしました。これは大福を作るための餅でございます。


前以て小さく転がして丸めておいたあんこを薄い餅でつつむのです。これは女の人が一斉にやるのです。

餅をちぎっては投げ、ちぎっては投げで順次つつんでいくのです。粉はあんまり付けないのがポイントです。


大福様。  ← 郁貴作。

とね。せっかく粉を極少でつつんだのに、移動させた手が粉だらけというね、悲劇にみまわれたんですけども。


でも、やっぱり上手につつめました。こういうのを自画自賛と言います。


そんな感じで、つつんで余った餅を最後にのすとき、事件が起こりました。


白い餅よりもゆるーいので、急いでのして、のし台から餅を置いておくとこに移動しました。


わかりになるか。  ← こんな感じ。

まぁ、言葉で説明出来ないので簡単に描きましたけども。ほんの2メートルくらい移動するだけなんですよ。遠くから餅を置いてくのでね。


えっちらおっちら移動していると、「郁貴ちゃん、危ないよ!」とおそらくイクちゃんの声とともに、左足親指に鈍い痛みが。何かにぶつかりました。

「ちょっと!包丁だよ!!」と、包丁を蹴飛ばしたらしいです、あたし。すかさず「平気!」と言ってのし始めました。


正直、痛いとか言ってる場合じゃないんですよ。餅を!のさないと!!ぐちゃらーとなった餅をおとーさんたちには見せられない。


自分で言うのもなんですが、こういう行事に関して割りと何でも器用に出来る方なのです。


だから、中途半端な仕事は出来ないのです。ちゃんとのさなければいけない。四角く、一定の薄さにね。

と、話がそれましたが、素足で包丁を蹴ったということで、みんなが心配してくれてました。

「ごめんね、こんなとこ置いてたから。」と言われ、「大丈夫ですよー♪」なんて会話をしつつも

切れてるだろうと思ったので、座ってのしながら違和感があるところを床に押し付けてました。止血です。

餅の状態を落ち着かせながら足を確認すると、床に紫色が。やっぱり血が出てました。

ちなみに、部屋の中なので粉が舞い散らないようにブルーシートを敷いて障子紙を敷いてやっておりました。あたしの血が紫なのではない、きっと。


冷静に「やっぱりやってました。」と言うと、すぐにばんそうこが登場。女手が多いと、こういうとき助かりますな。


終わってから貼ろうと思ったら、いつも料理を届けてくれてたおねーさん。つまり包丁の持ち主なんですけども。

おねーさんが「郁貴、ちょっと足浮かしてて。貼るから。」と言って足をつかみました。


でも、粉がまみれなので「ありがとうございます。あ、でも粉が。」と言い、払っていたら、イクちゃんが「とろみが出ていいかもよ!」と一言。

あたしが「あ、止血?」と言うと、みんな大笑い。たしかにこの粉は片栗粉だけどもー。とろみ出るけどもー。

結局、そのまま貼って頂いて、事なきを得たんですけども。その後もおねーさんからひと笑い。


「この包丁、いつ買ったかわからないんだけど。こないだ物置を整理してたら出てきたのよ。」。


「初めて切ったのが郁貴の足だった(笑)


またも大笑い。あー、あたし。こんなゆかいな親族に囲まれて幸せです。


その後、のした餅を7センチ×4センチくらいの大きさに切り分けて、部屋を片付けて、無事に終わりました。


あたしがのしたのは1センチ弱くらいだったけど、チーがのしたのは足りなくて1.2センチくらいあった。ゴージャス餅と呼んではゲラゲラ。バカにしてるんです。


逆に、イクちゃんの彼女、まーりんが手伝いに来てくれてたんだけども。まーりんがのしたのはちょっぴり薄め。チーの半分ちょいくらいだった。


これは最後にあたしが形を整えたから、多めにのしたから。でも、初めてにしては充分上手だったのです。

やっぱり、心がこもってるからね、本当。手伝ってくれてありがとー。来年もよろしくねー。あと、チーも少しはまーりんを見習えよな。


こんな感じで、楽しい楽しい餅つきだったのです。やっぱり、親戚でワイワイ集まると楽しいですな。


そんな感じで、餅つきの話を終わります。やっぱりつきたてが1番おいしいです。きな粉が好きだー。


ではではー。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

郁貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■郁貴のお返事

美咲さんへ

>足に包丁が
>包丁が当たっているのに、餅を優先させた郁貴さんは素晴らしい。
その日の最後の仕事でしたからね(´∀`*)♪
なんとかもちこたえました(`・ω・´)♪
>そして幼い頃、祖父の家で行われた
>餅つきを懐かしく思い出しました。
>今はもうないです。
そうでしたかー(´∀`*)♪
実際につくと楽しいですよねー(´∀`*)♪
小さい頃は自治会とか、剣道会とかでもついてたなぁ(´∀`*)ナツカシー♪
やっぱり大事な行事ですね(・∀・)♪
>餅は買うものになってしまいました。
でも、買ったものでもおいしいですよねー(´∀`*)♪
充分だと思いますよー(・∀・)ウマイ♪
>つきたてのお餅、食べたいな。
>きなこもいいですねぇ。
つきたては本当においしいです(´∀`*)♪
きなこはホカホカでないと食べる気しません(´∀`*)タベルケド♪

裏たれもち さんへ

>この記事
>コピペして僕のブログにアップしていいですか??
>(゚_゚)(。_。)イイヨネ?
もちろんです( ´艸`)ププ
これがアップされた、めちゃめちゃ斬新ですもの(´∀`*)オモシロー♪
素敵なことですわよ(´∀`*)ウフフ♪

10 ■郁貴のお返事

さとちゃんへ その2

>初めてきったのが郁貴ちゃんだなんてその包丁も
>度胸あるn・・・ハッ∑(゚ロ゚〃)
>なんでもなーーーい(゜д゜;)
本当、度胸あるよー(´∀`*)♪
包丁じゃなかったら、ボッコボコにしてやりたいくらいだったもの( ´艸`)オホホホホ
>血もとまったみたいだし、さすが片栗粉だね(* ̄m ̄) ププッ
本当、片栗粉なめたらダメだね( ´艸`)ププ
>今はもう大丈夫かな?^^
今はすっかり大丈夫だよー(´∀`*)♪
立ち上がる時とかに思い出したように傷むけど、でも全然(´∀`*)♪
>あと、郁貴ちゃん一族の仲のよさが垣間見えて
>私も心が温かくなったよ~(´∀`*)
基本的に仲良しだねー(´∀`*)♪
ワイワイしてて楽しいから、本当に幸せだよ(´∀`*)♪

9 ■郁貴のお返事

さとちゃんへ その1

>餅つき、今年も親戚の方とみんなでやったんだね^^
うん、もう恒例行事だからねー(´∀`*)♪
>おぉー!だんだんお餅になってきてる!
>もう慣れたものだね♪
おとーさんとおとーさんのおにーさんで一緒につくとあっと言う間だよー(´∀`*)
つくのも手返しも、本当、息がピタリで( ´艸`)♪
>郁貴ちゃんの包んだお餅おいしそう(゜▽、゜)
>いいなー、私も食べたかったよ~~~。
おいしかったよー( ´艸`)
今年はあんこが甘すぎなくて、餅もくせがなくて食べやすかった(´∀`*)♪
>って郁貴ちゃん!!
>包丁けったって!!血でたって!!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
>大丈夫ーーーーー!???(゚Д゚;≡゚Д゚;)??
>痛いの堪えてやるなんてすごいよ~~~
大丈夫だよー(´∀`*)♪
止血してたおかげで、そんなに痛くなかったんだー(´∀`*)
さすがに、歩いたりしたら痛かったけど(´・ω・`)
>命かけてまでやるなんてさすが、のし職人だ(´∀`*)
のすのはちゃんとやらないと餅にならないからね(`・ω・´)ガンバッタヨ♪
>でもほんと気をつけてね^^
ありがとー(´∀`*)♪
次からは無傷でがんばります(`・ω・´)♪

8 ■郁貴のお返事

Pさんへ

>つきたてのお餅…いいですねぇ、おいしそう(よだれ
やっぱりあったかいお餅はおいしいですよ(´∀`*)♪
>それにしても、郁貴さん!見事なまでの職人魂!足切っても続けるとは…笑
のすだけがこの日の仕事ですからね(`・ω・´)
この任務だけはまっとうしないといけないのです(`・ω・´)
>流血事件なのに心があたたまったのは何故だろう。ハートフルな一族ですな。
うちの家族は誰かがケガしたり病気しても、基本的に明るいんですよねー(´∀`*)
完全に笑い優先です(´∀`*)アッハー

7 ■郁貴のお返事

Mr.Noddyさんへ その2

>しかし包丁を蹴っ飛ばすなんて!
>最初は峰の方だったので事無きを得た、
>というオチを予想(希望?)してたのですが、
>よりによって刃の方ですか(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
普通に刃を蹴ってました(・∀・)
でも、1センチちょいしか切れてなかったので全然でしたよー(・∀・)♪
>しかしそんな状態でも餅をのすという任務を、
>(本当に)命を賭けて遂行する郁貴さん…
もちがぐちゃったら、何を言われるかわからないですからね(・∀・)
普段、餅をのすのに、偉そうにしてるので、ちゃんとしないとマズイんですよねー(・∀・)ギャハハ
なので、それだけはしっかりしようと決めてました(`・ω・´)
>自分、惚れました(ぇ
キャー(/ω\)ハズカシー
>これからは郁貴さんを姐さんと呼ばせてくd(ぇぇ
どうぞどうぞ(*´σー`)
なぜか、そっちのキャラなんですよねー(*´σー`)
>そして改めて皆さん陽気ですねー。
>足を怪我してもこのテンション…
>そりゃ板尾さんの事故の時のリアクションもある意味納得です。
基本的に大丈夫なときは大丈夫なリアクションです(・∀・)♪
あんまりキャーキャーしないというか(´∀`*)♪
スッゴイ血が出ててスッゴイ痛かったら騒ぎますけど、地味だったので大丈夫でした(´∀`*)♪
>郁貴さん一族の華麗なる正月が垣間見えて、得した気分です。
>本当にありがとうございました(*´∀`)
全然、華麗じゃないですけども、ワイワイした正月でした(´∀`*)♪
>で、餅はやっぱりきな粉ですねー。
あったかいきな粉餅は最高です(´∀`*)♪
>あとピザソース&チーズも実は美味いですよー。
そんな食べ方があるとは驚きです(・∀・)♪
今度やってみたいと思います(´∀`*)ウマソー♪

6 ■郁貴のお返事

Mr.Noddyさんへ その1

>やっと出ましたねー、餅つきの話。待っておりましたよ+(0゚・∀・)
ありがとうございますヘ(゚∀゚*)ノ
こんな話を待ってくださるなんてヘ(゚∀゚*)ノ
>しかしこのご時勢に、一族大集合でお正月の準備をやる家庭があるんですね…
>まずそこに驚きですΣ(゚Д゚)
そうなんですよー(´∀`*)
ヘタしたらあたしが生まれる前からやってるかもしれません(´∀`*)
これがないと年が越せません(´∀`*)
>私も餅つきはつく工程よりも
>もち米の段階で練る工程の方が重要だという話は聞きましたが、
>本当だったんですね。
そうらしいですよー(´∀`*)
あたしは、もっぱらのし班で、つく方は素人ですけども、おとーさんが言ってました(´∀`*)
>そして蓬餅ー!
>画像ではそれほど入ってないようですが…
>ちなみにもっと蓬を入れて餡を包んで笹でくるむと笹だんごだー!
>…スイマセン、暴走しました(新潟人なもんで…)
今回はお上品に少なめにしてみました
前回、大目にいれて草の味が多くなっちゃったので><
笹団子は色がキレイでしすよねー( ´艸`)
新潟の物だとは知りませんでした(・∀・)
>で、郁貴さんの大福…
>何かふわふわむにゅっ、って感じで美味しそうですねー。
自分で食べましたけども、餅が少なくておいしかったです(´∀`*)♪
通常の半分くらいの餅で包んだので( ´艸`)

5 ■この記事

コピペして僕のブログにアップしていいですか??
(゚_゚)(。_。)イイヨネ?

4 ■足に包丁が

包丁が当たっているのに、餅を優先させた郁貴さんは素晴らしい。
そして幼い頃、祖父の家で行われた
餅つきを懐かしく思い出しました。
今はもうないです。
餅は買うものになってしまいました。

つきたてのお餅、食べたいな。
きなこもいいですねぇ。

3 ■無題

餅つき、今年も親戚の方とみんなでやったんだね^^
おぉー!だんだんお餅になってきてる!
もう慣れたものだね♪

郁貴ちゃんの包んだお餅おいしそう(゜▽、゜)
いいなー、私も食べたかったよ~~~。

って郁貴ちゃん!!
包丁けったって!!血でたって!!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
大丈夫ーーーーー!???(゚Д゚;≡゚Д゚;)??
痛いの堪えてやるなんてすごいよ~~~
命かけてまでやるなんてさすが、のし職人だ(´∀`*)
でもほんと気をつけてね^^

初めてきったのが郁貴ちゃんだなんてその包丁も
度胸あるn・・・ハッ∑(゚ロ゚〃)
なんでもなーーーい(゜д゜;)
血もとまったみたいだし、さすが片栗粉だね(* ̄m ̄) ププッ
今はもう大丈夫かな?^^

あと、郁貴ちゃん一族の仲のよさが垣間見えて
私も心が温かくなったよ~(´∀`*)

2 ■無題

つきたてのお餅…いいですねぇ、おいしそう(よだれ
それにしても、郁貴さん!見事なまでの職人魂!足切っても続けるとは…笑
流血事件なのに心があたたまったのは何故だろう。ハートフルな一族ですな。

1 ■無題

やっと出ましたねー、餅つきの話。待っておりましたよ+(0゚・∀・)
しかしこのご時勢に、一族大集合でお正月の準備をやる家庭があるんですね…
まずそこに驚きですΣ(゚Д゚)

私も餅つきはつく工程よりも
もち米の段階で練る工程の方が重要だという話は聞きましたが、
本当だったんですね。

そして蓬餅ー!
画像ではそれほど入ってないようですが…
ちなみにもっと蓬を入れて餡を包んで笹でくるむと笹だんごだー!
…スイマセン、暴走しました(新潟人なもんで…)
で、郁貴さんの大福…
何かふわふわむにゅっ、って感じで美味しそうですねー。

しかし包丁を蹴っ飛ばすなんて!
最初は峰の方だったので事無きを得た、
というオチを予想(希望?)してたのですが、
よりによって刃の方ですか(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しかしそんな状態でも餅をのすという任務を、
(本当に)命を賭けて遂行する郁貴さん…

自分、惚れました(ぇ
これからは郁貴さんを姐さんと呼ばせてくd(ぇぇ

そして改めて皆さん陽気ですねー。
足を怪我してもこのテンション…
そりゃ板尾さんの事故の時のリアクションもある意味納得です。

郁貴さん一族の華麗なる正月が垣間見えて、得した気分です。
本当にありがとうございました(*´∀`)
で、餅はやっぱりきな粉ですねー。
あとピザソース&チーズも実は美味いですよー。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。