菅沼天虎の紙屑談義

交通機関を利用する為の切符・・・一般の方々にとっては使い終わってしまえばタダの紙屑で、最後は係員に渡して終わりになるモノです。
そんな紙屑に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言にお付き合い下されば幸いです。

ビックリマークコメントおよびトラックバックにつきましては、承認制を取らせて戴いております。

スパム防止の為、戴きましたコメントおよびトラックバックにつきましては管理者承認の上で公開しております。お送り戴きましても反映されるまでに少々お時間を戴きますのでご了承願います。なお、記事の内容と全く関係の無いコメントおよびトラックバックにつきましては、公開せずに発見次第削除させて戴きます。


ビックリマークリンク先の一覧について。

サイドバーのブックマークは、15サイトまでしか表示出来ない仕様となっております。
アメブロ以外のリンク先の一覧はこちら からご覧下さい。
アメブロのリンク先につきましては、サイドバーの「お気に入りブログ」からご覧下さい。


ビックリマークこのブログに対するご意見などがございましたら、こちら までお願いいたします。

なお、お送り戴きました内容に対するご返信につきましては、誠に勝手ながら当方で必要の有無を判断させて戴きますので悪しからずご了承願います。

また仕事などの都合によりご返信が遅れる場合もございますので、気長にお待ち下されば幸いです。


NEW !
テーマ:

発行日付の記載はありませんが、東京急行電鉄渋谷駅で発行されました「精算済出場券」です。

 

 

無地紋の更紙で、中央に赤線が縦に1本印刷されています。

 

「精」の文字は「青」の下の部分が「円」となった活字が用いられ、最下段の発行箇所の左側に記載された(玉)は、昭和44年5月に廃止されました同社の「玉川線」を表しているものと推察されます。

 

 

 

 

 

こちらは裏面です。

 

 

券番の上に記載された旧仮名の「ゐ」は、「ゐろは・・・」順の循環符号と考えられます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日に引き続き、JR北海道の「すずらんオプション特急券」ですが、今回はMV端末発行の券をご紹介いたします。

 

 

札幌駅のMV端末で発行されました「札幌→東室蘭」の券で、昨日のエントリでご紹介いたしました自動券売機発行の券とは区間表記が異なり、こちらは「室蘭」の記載が入らない公式通りの記載となっています。

 

「すずらんオプション特急券」は当日限り有効で、自動券売機発売の券は発売当日乗車分のみの発売となりますが、MV端末では乗車日を指定して前売りで購入する事が可能です。

 

 

 

 

 

MV端末では、別葉で「ご案内」も発行されます。

 

 

120ミリ券で発行され、自動券売機発行の券には記載はありませんが、有効期間内で未使用の場合は、1回に限り利用開始日が変更出来る事となっており、これは窓口対応に限定されているようで、MV端末での利用開始日の変更は出来ませんでした。

 

 

 

 

 

こちらは、新千歳空港駅のMV端末で発行された券です。

 

 

「札幌→登別・幌別」の券で、こちらも札幌駅の自動券売機発行の券とは区間表記が異なり、「間」の入らない公式通りの記載となっています。

 

併用する「乗車券往復割引きっぷ」には、新千歳空港発着の設定もあるため、同駅でも発売されているものと推察されますが、「すずらんオプション特急券」には南千歳発の設定は無く、札幌乗車の券の発売となっています。

 

今回ご紹介いたしました券は、いずれもMV端末で発行された券となりますが、区間表記の下の注記事項の記載方が双方で異なっています。これは購入した区間が異なるためとも考えられますが、登別に停車する特急「北斗号」も存在いたしますし、注記事項の記載方を変えている必然的な事由は特に見当たりません。

 

気になりますのは、双方の注記事項とも「同一区間の乗車券往復割引きっぷと併用する場合に限り有効」と記載されている点で、新千歳空港から利用する場合には、特急「すずらん号」へは「南千歳」からの乗車となるため、券面に記載された乗車駅の「札幌」とは一致せず、「同一区間」とならないのでは無いか?との誤解を生じる恐れがあり、新千歳空港発売分に関しては、乗車駅を「札幌・南千歳」とした方が分かりやすいと思います。

 

室蘭本線方面の「Sきっぷ」の廃止により、今回ご紹介いたしました「すずらんオプション特急券」の他に、「北斗オプション特急券」も設定されましたが、「北斗オプション特急券」の発売駅は伊達紋別、洞爺、長万部の3駅のみに限られ、札幌駅では発売しておらず、今回は購入しておりませんが、これらの施策から、JRとしては従来の「Sきっぷ」利用ならば「北斗号・スーパー北斗号」にも乗車可能であった札幌~室蘭間の特急旅客を、「北斗号」から「すずらん号」に誘導して、新たに北海道新幹線連絡の使命を持った、「北斗号・スーパー北斗号」の混雑を緩和したい思惑があるものと推察されますが、「北斗号・スーパー北斗号」の定期列車が12往復運転されているのに対し、「すずらん号」は半分の6往復しか運転されておらず、特に札幌発の上りは午前2本・午後4本と運転時間帯に偏りがあり、例えば札幌7:30発の「すずらん2号」に乗れなければ、次の「すずらん4号」は11:24発と4時間近くも運転間隔が開き、この間に「北斗号・スーパー北斗号」の定期列車は3本が運転されておりますが、「すずらんオプション特急券」では利用出来ませんので、「すずらん号」の運転されていない時間帯に、札幌から苫小牧・室蘭方面へJRを利用するならば、正規料金で「北斗号・スーパー北斗号」の特急券を購入するか、普通列車を利用するしか選択肢は無くなった事になります。

 

この一方で、北海道中央バスと道南バスが、札幌~苫小牧間には「高速とまこまい号」を概ね30分おき、札幌~室蘭間には「高速むろらん号」を概ね1時間おきに運行しており、「すずらん2号」と「すずらん4号」の4時間に近い運転間隔の間にも、「高速むろらん号」は札幌駅前ターミナルからは、8:30、9:30、10:30と3本が運行されておりますので、余程の事が無い限り、利用者はJRより高速バスを選択するでしょう。

 

札幌~苫小牧・室蘭間については、JRの方が所要時間と定時性で高速バスよりも優位であっただけに、今回の「北斗号」から「すずらん号」に誘導する施策が裏目となって、従来はJRを利用していた層が高速バスへ流出してしまっては、「北斗号・スーパー北斗号」の混雑が緩和されても本末転倒のように思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

札幌駅の自動券売機で発売されました、「すずらんオプション特急券」です。

 

 

 

 

 

縦型の85ミリ券で発行され、最上段には「すずらんオプション特急券」と記載され、その下には「○企 特急券」と記載されています。

 

「すずらんオプション特急券」は、北海道新幹線開業の本年3月26日のダイヤ改正で、室蘭本線,・函館本線系統の「Sきっぷ」が廃止となった代わりに設定された券で、券面記載の注記事項の通り、「すずらんオプション特急券」と同時に設定されました「乗車券往復割引きっぷ」との併用に限り有効で、利用は特急「すずらん号」のみに限定され、特急「北斗号」は利用出来ません。

 

設定区間は、「札幌~苫小牧」、「札幌~白老」、 「札幌~登別・幌別」、「札幌~東室蘭」の4区間で、札幌駅発行の券は札幌からの片方向にのみ有効で、逆方向での利用は出来ません。このうち「札幌~苫小牧」と「札幌~白老」は大人・小児ともに同一の発売額となりますが、ボタンは分けられていて区間表記の異なる券が発行され、「札幌~登別・幌別間」は2駅共通着駅で「間」が記載されておりますが、登別~幌別間の(室)富浦に停車する特急はありません。また、「札幌~東室蘭」については、公式には「札幌~東室蘭」と記載されているにもかかわらず、自動券売機の券は「札幌~東室蘭・室蘭間」と記載されており、室蘭ゆきの特急「すずらん号」は、全列車が東室蘭~室蘭間は普通列車となるため、「○企 特急券」と記載された特急料金のみの企画券であるにもかかわらず、特急列車が運転されていない「室蘭」が着駅に含まれている事になりますが、併用される「乗車券往復割引きっぷ」の着駅表記に合わせているのかも知れません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

見本券となりますが、京福電気鉄道の「東尋坊・水族館周遊券」です。

 

 

京福電気鉄道社章連続青地紋券となります。

 

福井から三国港までの往復乗車券に、芦原~水族館~東尋坊~三国港のバス乗車券が付いた券で、中央のバス乗車券の下部に、右から「バス1」、「バス2」、「バス3」と記載されておりますが、バス乗車券は3券片に分割できるようにミシン目が入っており、券面に「途中下車取扱駅 東尋坊・水族館」の記載がありますので、途中下車時に該当の券片を切り取って回収したものと推察されます。

 

バス乗車券には「京福バス・県バス共通」の記載がありますが、「県バス」とは「福井県乗合自動車」の事で、「福井県乗合自動車」は昭和38年8月1日に京福電気鉄道に合併されており、左端に割引券の付いた「越前松島水族館」の開館は昭和34年との事ですから、この券は昭和34年~昭和38年頃に用いられていた券と考えられます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昭和51年7月に東海道本線三島駅で発行されました、「三島から 津軽新城」の準常備式片道乗車券です。

 

 

名古屋印刷調製の券となります。

 

運賃は「横堀」の3010円から「津軽新城」の3710円まで100円刻みで、これを対キロ運賃表に当てはめますと、581~600キロ帯から841~880キロ帯まで、運賃表と同じく40キロ刻みで順に並んでおり、横堀~津軽新城間の着駅の全てが、同一運賃の最遠となる駅となっています。

 

このため、着駅には「鶴形」や「石川」など、普通列車しか停車しない小規模な駅も含まれておりますが、券面に記載の無い着駅であっても、同一運賃の最遠となる着駅で切断する事で、この準常備式乗車券1種類で、横堀~津軽新城間の全ての駅に対して発売出来た事になります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鹿島臨海鉄道が発売しております、「第7弾 ガールズ&パンツァー記念乗車券」です。

 

 

 

2つ折りの台紙に硬券5枚がセットされています。

 

 

 

 

 

セット内容の硬券です。

 

 

 

 

 

 

いずれもKRT/かしまりんかいてつどう青地紋券となります。

 

前回までの記念乗車券はB型券で、かつて通常発売されておりました。社線内の硬券乗車券に準じた様式でしたが、今回はイラストが印刷されたD型券となっています。

 

 

 

 

 

裏面は券番のみの記載となります。

 

 

以前のB型からD型の記念券となりましたので、裏面にも色々と記載できるスペースが生まれているのですが、券番しか記載されていないのは、ちょっと勿体無いような気もいたします。

 

 

今回の記念乗車券の有効期間は、券面に「乗車当日に限り有効」と記載されており、記載はありませんが乗車券の「発売日」では無く、実際の「乗車日」を持って有効となる日を判断するものと解釈する事が出来ますが、乗車券の表裏面や台紙、鹿島臨海鉄道サイトにも使用開始期限については記載されておりません。これを単純に考えますと、乗車券の使用開始期限は「無期限」となり、例え何年後であろうとも乗車当日に乗車券を持参すれば、券面記載区間に有効と解釈出来てしまうのですが・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昭和41年6月に函館本線岩見沢駅で発行されました、料金20円の普通入場券です。

 

 

札幌印刷調製の赤線引きの券となります。

 

国鉄の普通入場料金は、昭和41年3月5日に10円から20円に改訂され、10円券まで印刷されていた赤線が20円券から無くなりましたが、札幌など一部の印刷場では、赤線の印刷された20円券が発売されています。

 

これは赤線の印刷された原紙を払い切るために行なわれたものと言われ、20円券の初期に見られた券となりますが、料金改訂当初は10円券に料金改訂印を押印して継続発売し、10円券の在庫を売り切った駅から、順次20円券に切り替わっていったものと考えられますので、20円券で赤線が印刷された券は、普通入場券の発売枚数の多い主要駅に多いように見受けられます。

 

この普通入場券は、駅名の左側に「○自」の記号が印刷されており、これは硬券式の自動券売機で発売された券と推察されますが、当時の岩見沢駅には普通入場券の自動券売機が設置され、発売枚数も多かったものと思われます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日に引き続き、京都丹後鉄道与謝野駅発行の西日本会社線連絡のB自由席特急券ですが、与謝野駅には記入式の券の設備があります。

 

 

丹鉄/TANTETSU青地紋券となります。

 

乗車駅、下車駅とも記入式で、昨日ご紹介した券と同様に、常備連絡券でありながらL字型の図版となっておりませんが、下車駅を○印の中に記入する事になるため、この券のように従来サイズのゴム印では○印の中に記入が収まりきらず、この様式での記入式は少々無理があるように感じられ、記入式の券は、拙ブログの8月24日のエントリ「京都丹後鉄道 自由席特急券 峰山→福知山」でご紹介いたしました券のように、常備券であっても、北近畿タンゴ鉄道時代の様式を踏襲した方が良かったのでは無いか?と思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京都丹後鉄道の与謝野駅で発行されました、「与謝野→京都」のB自由席特急券です。

 

 

丹鉄/TANTETSU青地紋券となります。

 

西日本会社線連絡の特急券で、この券は常備連絡券ながら、拙ブログの8月15日のエントリ「京都丹後鉄道 大江駅~4」でご紹介いたしました券のように、L字型の図版とはなっておらず、社線内の券のように直線の矢印の図版で、乗車駅の英文併記も無く、接続駅となる「福知山」の記載もありません。

 

西日本会社線の有効区間はキロ帯表示では無く、「京都」と着駅表示となっておりますが、先のエントリでご紹介いたしましたキロ帯表示の券では「西日本会社線100kmまで」、8月28日のエントリ「京都丹後鉄道 B自由席特急券(乗継)」でご紹介いたしました、乗継割引用の常備券では「西日本会社線 京都まで」の表示であり、この券には「西日本会社線」と「まで」の記載がありません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昭和55年に奥羽本線大館駅で発行されました、「大館から 青森・ 東青森 油川 ゆき」の常備片道乗車券です。

 

 

新潟印刷調製の券となります。

 

青森を分岐点とした3駅着の乗車券となりますが、着駅の「東青森」と「油川」の表記が「・」の位置の上下に重なるように記載され、このうち「油川」の表記は文字間が広く開いていて、「東青森」と位置が揃っておらず、非常にアンバランスな印象を受けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。