交通事故で失敗や損をしたくない人のための最強ブログ

交通事故の自賠責保険請求、後遺障害(後遺症)認定に関する情報を中心に、保険会社との示談交渉のやり方、示談金の計算の方法など
交通事故被害者の方にお役に立つ情報を、できるだけ分かりやすく丁寧にお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちわ。

 

福岡の交通事故専門行政書士の須釜です。

 

前回は、後遺障害が認定されるための要件である「症状固定」とするまでの期間は、一応の目安として6か月であるというお話をしました。

 

では、いわゆる追突事故で首や腰を痛めたような、いわゆる「むち打ち症」のような場合(後遺障害等級14級9号・12級13号にいう「神経症状」)も、症状固定までにどの程度の治療期間が必要なのでしょうか?

 

実務上、一般論で言えば、6か月では足りずそれ以上の治療期間が必要と言われています。

 

他の専門家の方からの意見を踏まえて、私の経験則から言わせて頂けば、8か月ぐらいは必要と思います。

 

ただし、同じむち打ち症でも、症状の程度や他覚的所見の有無やその程度も案件ごとに異なりますから、ケースによっては6か月をやや超えた程度でも認定される場合もあれば、8か月以上治療を継続しても認定されない場合もあります。

また、6か月を超えた時期に一応、症状固定としておき、その後2、3か月間通院を続けて、トータルの治療期間が8か月を超えれば認定される場合もあります。

 

一方で、一つはっきり言えることは、むち打ち症で6か月未満で「症状固定」されたケースでは、ほとんど後遺障害は認定されないということです。

ですから、保険会社としては後遺障害が認定されないように、6か月に満たない絶妙な時期に治療費支払いの打ち切りを通告してくるのですね。

 

このようにむち打ち症で後遺障害を認定してもらおうと思えば、ある程度の治療期間を確保しなければならないことは間違いありませんので、保険会社から治療費支払いの打ち切りをされないよう、また打ち切りされた後の対応がとても大切になってきます。

 

ですから、事故後しばらくたって後遺症が残りそうだと思ったら、なるべく早い段階で交通事故の専門家に相談して下さいね。

 

 

ペタしてね

 

交通事故の賠償金・後遺症(後遺障害)のご相談は、福岡市中央区大名にある行政書士須釜法務事務所へ(クリックするとホームページに飛びます)! 

土曜日・日曜日開催の無料相談会の日程はこちら(クリックするとホームページの該当箇所に飛びます)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。