2014-05-17

集団的自衛権:国の平和と安全を守るために

テーマ:ブログ
一昨日、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」から報告書が提出されたのを受け、安倍総理は会見を開き、今後どのように検討していくか、基本的方向性を示しました。

総理は会見で、国民の命が危険にさらされている時に守ることができない事態が起きることを、二つの事例を挙げて説明しました。

一つは、紛争が起きた地域から、日本人を米国の艦船が救助、輸送している時に日本近海で攻撃を受けるというケースです。
現在は、日本自身が攻撃を受けていなければ、日本人を救助、輸送している米国の艦船を自衛隊は守ることができません。

もう一つは、アジア・アフリカなどで地域の平和や発展のために、活動している日本の若者や、国連の平和維持活動(PKO)をしている国連の要員が、突然武装集団に襲われるケースです。
現在は、現地で活動している自衛隊は、この日本人やPKOの要員を助けにいくことができません。

今や、どの国も一国のみで平和を守ることができないのは世界の共通認識です。
だからこそ、我が国は積極的平和主義を掲げ、国際社会と協力して、世界の平和と安定にこれまで以上に貢献すべく取り組んでいるのです。

今回、総理が示した基本的方向性は明確です。
我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性がある時に、限定的に集団的自衛権の行使が許されるという考え方について、さらに研究を進めるというものです。
この考え方は、自国の平和と安全を維持するための必要最小限度の武力行使は許容されるという、従来の政府の基本的立場を踏まえたものです。

国民の生命や財産、国の安全を守るために、あらゆる事態に対処できるように切れ目なく法整備をする必要があると思います。
結果的には日米同盟を中心に抑止力を高めることによって、紛争が回避され、戦争に巻き込まれることがなくなると考えます。

今後、具体的事例に即して与党協議に入ります。
その結果に基づき、憲法解釈の変更が必要と判断されれば、その点も含めて、政府として改正すべき法制の基本的方向を閣議決定し、国会で議論して参ります。

当然ながら憲法が掲げる平和主義は守り抜きます。自衛隊が湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、これからも決してありません。
国民の皆様の理解を得ながら、真摯に検討を進めてまいります。
いいね!した人  |  リブログ(0)

菅 義偉さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み