シュガー・ドラゴンのブログ

シュガー・ドラゴンのブログ


テーマ:
エステバンが頭を掻くと、決まって爪の間に瘡(かさ)の欠片が詰まっていました。
だからと言って、エステバンのことを、蚤やダニを身体に住まわすような、不衛生な人間だと思ってはいけません。
奴隷として捕らえられ、何日もの間を船底に閉じ込められて過ごしていたのですから、それも無理からぬことと言えましょう。
ですが、両手を縛られた今となっては、エステバンは頭を掻くことすら、ままなりませんでした。
「まさか港に着くなり、海へ飛び込んで逃げ出そうとはな。おかげで俺だけ、小船で海へと逆戻りだ」奴隷商人は、残忍な笑顔を浮かべて「だが、勇気だけは認めてやろう」と言いました。
「ならば、その勇気に免じて、見逃してはくれまいか?」エステバンは言いました。
「行き過ぎた勇気を、人は蛮勇と呼ぶ。賢き者はそれを選ぶことを良しとせず、その道を辿るのは愚か者だけだ。愚か者とは、即ち奴隷のことを指す」
そう言ってから、奴隷商人はエステバンを鞭で打ちました。
背中に走った激痛をものともせず、エステバンは真っ直ぐな瞳で「私には、そうしなければならない理由があったのだ」と言いました。
奴隷商人は、再び鞭を持つ手を振り上げました。
エステバンの眼差しに、恐れの色はありませんでした。
奴隷商人は、振り上げた手を止め「思いのほか沖まで出た。この小舟が港に着くまでの間、暇潰しにその理由とやらを聞いてやろう」と言いました。
「奴隷船が港に到着する数日前、子供が病に伏したのを覚えているか?」
「いいや。覚えておらん」
「お前らが慈悲もなく海へと投げ捨てた、あの幼子の奴隷ことだぞ?」
「ああ、そのことか。当然のことをしたまでだ」
「当然のこと?」
「家畜のうち一匹が病気になったら、離れにやるか、殺してしまうかしなければ、他のものにも被害が及ぶではないか」
「我らを家畜と呼ぶか?」
「お前らには、せいぜい羊三匹分ほどの価値しかない。それを家畜と呼ばずして、なんと呼ぶ?」
「ラウタロだ」
「なんだと?」
「海へと投げ捨てられた、子供の名だ。ラウタロ、私の息子だ」
夜の海に風が吹き、小船の帆を膨らませました。
「子供はあるか?」しばらくして、エステバンは言いました。
「故郷に三人」やはりしばらくして、奴隷商人は言いました。
エステバンは、甲板に頭を擦り付けながら「例え亡骸になっていようとも、命の限りラウタロの行方を追ってやらなければ、私は父としての役目を果たすことができない。あなたに人の親としての心があるならば、どうかこの場を見逃してはくれまいか?」と言いました。
「岸が見えてきた」
「今、なんと?」
「海の上では、なるほどお前は人の親かも知れん。だが港へ着けば、ただの家畜だ。岸が見えた今となっては、お前の言葉は、家畜の鳴き声にしか聞こえん。人である俺に、どうしてそれが理解できよう?」
「慈悲の心はないのか!?」
「言うことを聞かない家畜には、こうするよりない!」
奴隷商人が、鞭を振り上げました。
と、その時です。
潮風に乗って、ビョーイ、ビョーイという不気味な声が、二人の耳に届きました。
その声を聞いた奴隷商人は、血相を変えて「セイレーンだ!」と言いました。
セイレーンとは、その歌声で人を惑わし、誘き寄せた挙げ句に喰い殺してしまうという、船人たちがもっとも恐れる怪物です。
ギリシア神話にある英雄オデュッセウスは、自身をマストに縛り付けさせ、その難関を乗り越えたと伝えられています。
「こんな時に、セイレーンに出くわそうとは!」エステバンは、肩を落として嘆きました。
「今こそ、お前の枷を解こう」奴隷商人が言いました。
「どういうことだ?」
「その縄で、俺の身体を檣(ほばしら)に縛り付けるのだ」
「自分だけ助かろうというのか?」
「お前が本当に息子を思うなら、この呪いに打ち勝って見せよ。見事乗り越えられれば、その時は何処へとなり行くがよい」
「その言葉に偽りはないな?」
「二言はない。さあ、早く!」
エステバンは奴隷商人をマストに縛り付けると、両手で耳を塞ぎながら、我が子の名前を唱え続け、祈るように伏しました。
やがて潮風が止むと、同時にセイレーンの歌声も、消え去っていました。
「お前の思い、見届けたぞ」奴隷商人が言いました。
エステバンは、ゆっくりと立ち上がりました。
奴隷商人は、身体を揺すりながら「約束どおり、お前に自由を与えよう。間もなく港だ。万一にも、仲間に見つかってはいけない。さあ、この縄を解き、立ち去るがよい」と言いました。
「港が見えてきた」エステバンは言いました。
「今、なんと?」
「海の上では、私は人の親でいられる。息子を探し続けられるからな。だが、このままお前を帰してしまっては、新たな追っ手が現れるかもしれん」
「約束は違えん!」
「それに私には舟がいるのだ。だが、お前を連れて行くわけにはいかない。お前は息子の仇だからな」
エステバンは、奴隷商人の首に手を回しました。
「俺はお前を見逃すといった!慈悲の心はないのか!?」
「港が見えた今となっては、私はいよいよ家畜だ。家畜である私に、どうして人間の言葉が理解できよう?」

夜の海に風が吹きました。
港から少し離れた浜辺に、海を漂い、やがて打ち上げられた、エステバンの息子ラウタロが横たわっていました。
ラウタロは、風が吹くたび、寂しさと、ひもじさと、父とはぐれた悲しさから、泣き声を上げました。
ラウタロの泣き声は、潮風に乗って、ビョーイ、ビョーイと海に向かって飛んでいきました。
やげてその海は、エステバンの海と呼ばれるようになり、風が吹くと、今でも父子の呼び合う声が聞こえてくるそうです。


(終)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(1)
学生の頃は、よく空を飛んでいた。
「夢みたいなこと言うな」って?
夢みたいじゃない。
無論、夢の話だ。
好きな女子から告白されたり、育てていた朝顔が化け物になったり、怪盗になって試験の問題を盗んだり、色んな夢を見たものだが、いつも決まって空を飛んでいた。
夢の中とはいえ、空を飛ぶには決まりがあって、それを守らなければ、空は飛べない。
あまり知られていないかもしれないが、空を飛ぶのはそう簡単じゃない。
夢の世界には、頭上に淡いオレンジ色の線が漂っていて、その線の高さまで跳び上がることで、空を泳ぐようにして飛ぶことが出来る。
太陽を反射した水面が、上下ひっくり返しになって、中空にゆらゆら揺れていると考えてもらえれば、分かりやすいかもしれない。
オレンジ色の線は、絶妙な高さの位置にあって、いつも指先数あとセンチというところで届かない。
朝顔の化け物に追いかけられて、半狂乱になっている時なんて、なおのことだ。
だが、膝を思い切り曲げて、つま先にあらん限りの力を込めて、高飛び込み台から下りる勇気で跳び上がると、指はオレンジ色の線に触れ、空の中へと身体が吸い込まれた。
空を飛ぶのは気持ちがいい。
うまく伝えられないが、鳥になったような、煙になったような、魚になったような、そんな気分だ。
気になるなら、今度、オレンジ色の線が見えた時、試してみるといい。

(2)
「はい、これ。プレゼント」
四十歳の誕生日を迎えた夜、妻がそう言って包みを手渡した。
見ると、やけにツルツルとした布切れが入っていた。
「なにこれ?」
「だから、プレゼント」
「そうじゃなくて、なんでパジャマ?」
「シルク百パーセントよ。大切にしてよね」
ガラじゃない。
寝巻きは決まって、Tシャツと短パンだ。
「じゃ、おやすみ」
そう言うと妻は、食卓を立った。
「もう寝るのか?」
「お弁当、作らなくちゃいけないの。明日は県大会だって。たまには応援行ってあげなさいよ」
それから妻は、隣の部屋へ入っていった。
しばらくして、「あんたも早く寝なさいよ」と妻の声。
「はーい」
続いて、娘の生返事が聞こえた。
「なあ、これいくらした?」
ドアに向かって、話しかけた。
「なにが?」と、妻。
「いくらしたんだよ?」
「なにがよ?」
しかたなく、少し声を張り上げた。
「パジャマ、高かったんだろ?」
「うーん、まあまあ?」
「ったく、なんでこんなもの……」
と、呟いた。
「こんなものって、いい物じゃない?」
妻の耳は、こういう時だけ聞こえがいい。
「それにあなた、最近、うなされてるわよ?この頃やっとイビキに慣れたと思ったら、今度はうなり声。こっちの身にもなって欲しいわよ。ただでさえ口うるさいんだから、寝てる時くらい静かにしてもらいたいの。夫の身を陰で気遣う妻の気持ちを察するくらい、細やかな神経の持ち主と結婚できたなら、あたしもこんな思いせずに済んだんですけど」
妻の口は、攻め手の時だけ回りがいい。
改めて、ツルツルの布切れを見た。
確かに肌触りは良かったが、薄ピンク色のそれは、襟元や袖口にヒラヒラとした
飾りがつき、胸元には奇妙な紋様が設えてあった。
ズボン吊りでもあれば、憐れな道化が出来上がりそうな代物だ。
ガラじゃない。
改めて、そう思った。
と、隣の部屋から憐れな道化のできそこないが出てきた。
「なんだ?」
思わず、素っとん狂な声が出た。
「歯みがくの」と、妻。
「そうじゃなくて、なんでパジャマ?」
「寝るから」
「なんでお揃い?」
「その方が安いから」
鼻唄混じりで洗面所へ向かった妻は、徐に振り返ると、「あんたもみがいてよ。最近、口くさいから」と言った。

(3)
いつの頃からだろうか?空を飛ばなくなったのは。
そもそも、夢を見ること自体、ほとんど稀になっている。
就職して、結婚して、子供もできた。
若い頃、おぼろながらに抱いていた夢は、概ね叶った。
にもかかわらず、どこか満ち足りていない自分が、紛れもなくそこにいる。
営業の仕事は、特段やりたかったわけでもないが、これといって出来ることもないので、妻と子供を養うためと割り切って、はじめた。
それでも最初は、何かやりがいじみた物を見出したいと、自己実現とか、社会貢献とか、今にして思えば安っぽい理想論を掲げながら、自分なりに足掻いていた。
ものの、結局のところ、上からの評価は数字でしか得られない。
成績の高下に一喜一憂しながらも、そんな自分を認めてもらいたい一心で、頑張った。
が、すぐにそれも虚しくなった。
やっぱり自分も、数字でしか納得させられないことに、気づいてしまったからだ。
つまりは、諦めたのだ。
家に帰っても、満足な会話があるわけでもなく、孤独すら感じる。
ただ、疲れた体を休めるだけ。
無論、夢など見ない。
見ても、オレンジ色の線は現れない。
夢を見なくなったから、人生の目標を失ったのか?
人生の目標を失ったから、夢を見なくなったのか?
毎日、なにかしら必死になっていた学生の頃の自分は、もういない。
今ではもう、漫然と生きていることに、腹すら立たない。
いつのまにか、自分が一番なりたくなかった自分に、なっていた。

(4)
突然、娘の叫び声が聞こえてきた。
何事かと、隣の部屋へ行くと、娘が菓子箱を持って泣いていた。
楽しみにとっておいた菓子でも食われたのかと訊ねると、
「死んじゃいそう!」
と、娘は答えた。
また大げさな。
同じ物を買ってやろうと、菓子箱を覗いて、今度はこっちが叫び声をあげた。
箱の中いっぱいに、短く切られたうどんの麺が詰まっていて、ブヨブヨと蠢いていたのだ。
「これなんて菓子!?」
「死んじゃいそう!!」
「なにやってるの!?」
騒ぎを聞きつけた妻が、立っていた。
「カイコが死んじゃいそうなの!」
と、娘。
うどんに見えたのは、丸々と太ったカイコの群れだった。
娘は、学習指導の一環で、カイコを育てているらしい。
そういえば、昔そんなことをした記憶がある。
「葉っぱあげても食べないし、苦しそうなの」
と、娘はまた泣き出した。
見ると、カイコは頭を持ち上げ、ウンウンと左右に振っている。
なるほど、苦しんでいるように見えなくもない。
「これはね、繭を作ろうとしてるんだよ」
と、訳知り顔で言った。
「繭?」と、娘。
「そう。もう十分大きくなったから、繭を作って、大人になろうとしてるんだ」
博識な父を演じようと、少しだけ得意になった。
「ふーん。で、どうすればいいの?」
「え?」
「このまま放っておいていいの?」
「えーっと、それは……」
演じていた父の出番は、すぐに終わりを向かえ、退場の音楽を、娘が泣き声で添えてくれた。
「ちょっと待って、パソコンで調べるから」
調べたところ、繭を作り始めたカイコは、「まぶし」と呼ばれる小部屋にいれてやる必要があるようだ。
それこそ菓子箱にはいった饅頭を、小分けにするための仕切りのようなものがあればいいらしい。
おあつらえ向きの物が捨ててあったので、娘に渡してやった。
「やだ。怖くてできない」
娘が言った。
「怖いって、飼ってたんだろう?」
「だから。死んじゃったら可哀想だもん。パパやって」
突然、責任を押し付けられた。
失敗しようものなら、目も当てられない惨事になる。
なにより、気持ち悪い。
「じゃあ、お前やってくれよ」
妻にタライを回した。
「いや」
すぐ、回し返された。
「どうして。手先が器用だろう?」
「いやよ。気持ち悪い」
同感だ。
「あのな、お前が着てるパジャマは、カイコの糸からできてるんだぞ。それを気持ち悪がってたら、理屈が通らないだろう?」
「あたし、お寿司が大好きなの」
「だから?」
「だけど、生の魚には触るのもいや。そういう理屈よ。ご理解いただけた?」
その夜、床についたのは、空が白んでからだった。

(5)
改めてカイコの生態を調べてみて、とても驚かされた。
かの昆虫は、完全に家畜化されているらしい。
野に返しても、足が退化しているため、葉に止まっていることもできない。
餌である桑の葉は、人間から与えてもらうしかない。
繭を作っても、釜茹でにされ、絹糸の原料となる。
ちょうど、今着ているパジャマのように。
いくつかの繭は、次代のカイコを獲る為、カイコ蛾へと変態を遂げることを許される。
だがその成体は、口吻を持っておらず、もはや食べる器官すらない。
一応、翅を持つようにはなるが、それで空を飛ぶことはできない。
交尾をして、卵を産み、あとは死ぬだけ。
生存そのものが、人間に利用されるためだけにあるカイコ。
果たして、何のために生きているのだろうか?
どうころんでも虚しいだけの一生だ。
だがしかし。
だが、しかし。
誰かに利用されることとは、誰かのために生きることではないだろうか?
誰かのために生きることとは、本当に価値のないことなのだろうか?
そんなことを考えながら、うとうとし始めた。
気がつくと、明け方の空を飛んでいた。
無論、夢の話だ。
思うまま、鳥になったり、煙になったり、魚になった。
やはり、空を飛ぶのは気持ちがいい。
嘘だと思うなら、今度、オレンジ色の線が見えた時、試してみるといい。


(終)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「劇団さしすせそ」では、本公演に向けてワークショップを開催しております。未経験者も、大歓迎!!
お時間のある方、気軽に遊びに来てください!
たくさんのご応募、お待ちしております。

 

喜劇と向き合うワークショップ
~知ろう・作ろう・考えよう~
●主旨
温故知新。今では古典と呼ばれている喜劇には、先人たちが研鑽してきた笑いの仕組みが宝箱のように詰まっています。その面白さに触れ、理解し、実践することで、喜劇的表現の新たな可能性を探っていきます。
●内容
○知ろう
喜劇の入門書を手引きにし「喜劇的笑いとは、どうやって生み出されているのか?」その仕組みを学んでいきます。
○作ろう
入門書でとりあげられた戯曲(シェイクスピア、モリエール等)を演じ、一つの場面を作っていきます。前回の戯曲『モーツァルトとサリエーリ』(プーシキン)。
○考えよう
 その日に学んだことを踏まえ、グループ毎にエチュード形式で喜劇を考えだしていきます。最後に発表会も。
●詳細
○日程 2月27日(月)
○時間 18:00~22:00
○場所 世田谷区
○料金 無料
○経験 不問
○持物 稽古着
○定員 10名程度
●応募
氏名、年齢、性別、連絡先を明記の上、下記までご連絡下さい。
また、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
rs_100p@hotmail.co.jp

 

劇団さしすせそ佐藤竜

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。