末次精一のブログ

「生活の党と山本太郎となかまたち」の末次精一の日記です。
政治・経済から健康・グルメまで、いろんなことを書いちゃいます。

消費税増税・原発・地方分権は、とても大切な論点です

テーマ:

おはようございます! すえつぐ精一です。


季節の変わり目を感じる今日この頃です。皆さんは、体調を崩されていませんか?


私は、先週はどうも調子がよくありませんでした。でも、今は元気。気持ちよく1週間のスタートを切れています^^

 

 

 

さて、いま大ヒット上映中の映画「シン・ゴジラ」を先週、見に行ってきました。

 

そもそも、ゴジラシリーズは、子供の頃にとても楽しみにしていました。そのためか、ゴジラ=怪獣映画=子供の映画、という認識でした。



ところが、観に行った友達の感想が「あれは怪獣映画ではなくて、日本の防衛は大丈夫なのかを考えさせられる映画だった」ということでしたので、認識を改めて、「それは観てみないと」と思い、行って来たのでした。

 

 

 

ちなみに、何でシンなのかなと思って調べてみたら、「新」・「真」・「神」といった複数の意味を含んでいるそうです。(いまいち分からん)

 

 

 

 

感想を一言で言うと  「面白かった!」です。 テンポが速い映画だったので、実は2回観にったんです(笑)

 

 

 

 

ストーリーは、ゴジラが東京に現れて街を破壊し、国際社会の微妙な協力の中で、ゴジラを倒すという、これまでと変わりがない話の展開ではありました。が、今回感じたのは、ゴジラの出現で右往左往する政府の対応が、とてもよく表現されていた事です。

 

 

 

現行法では、このような危機に対応できない様子が丁寧に描かれていて、確かに怪獣映画ではないと思いました。

 

 

 

 

気になったのは、役者さんの演技。政治家を演ずる事が難しいのか、漫画チックにしたかったのかは分かりませんが、簡単に言うと、くさい芝居が多いなーという印象です。

 

(主演の、長谷川博己さんは良い感じでしたよ)

 

 

 

ただ、日本の映画やドラマの演出のルーツは歌舞伎なので、表現が現実的でないことからすると理解できるかなーって感じです。(半沢直樹の倍返しだーというような演技ですね)

 

 

 

 

レビューを見てみると、私以外のいろんな評価があって、それはそれなりにまた面白く、この映画の賛否が分かれていますが、それはそれとして、国家の危機管理の在り方を考えるには、政治家必見かなと思います。

 

 

 

私にとっては、いい気分転換にもなりました^^ 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。