退屈の勧め

テーマ:

ちょっと長めだけど参考にどうぞ

 

(写真は、夕立の迫る黒雲 マンションのベランダから)


夏休み。ちょっとお疲れのお母さん、お父さんへ。


疲れているお父さん、お母さん、あなたは十分頑張りました。文句を言っている子どももいるかもしれませんが、「退屈」だって大切です。

■夏休みの子どもと親たち

「夏休み」は、子どもにとっては特別なものです。多くの人が、あのワクワク感を覚えているでしょうし、忘れられない思い出もあることでしょう。一方、大人たちにとってはなかなか大変です。毎日子どもの世話をするお母さん、家族サービスを求められるお父さん。夏休みも終わりに近づき、疲れた保護者のみなさんの声も聞こえてきます。最後に「どっか連れて行って!」と子どもにせがまれている親もいるでしょう。

さて、今年の夏休み。いかがでしたでしょうか。ただ疲れただけ、後悔の数々、子どもとケンカして終わるのでは、残念ですね。

■あなたは、十分な親です

今、この記事を読んでいる父、母、祖父母等のみなさん。あなたは、子どもの保護者として十分です。たしかに、とても不十分な保護者もいますが、そんな人はこんな記事は読まないものです。だから、あなたの子どもへの愛と努力は十分なのです。

あなたが、子どもの個性を尊重し、子どもに人として価値を伝えたいと思うなら、あなたも保護者として自分を認めましょう。どんな子どもでも可愛くて価値があるように、あなたも素晴らしい親、祖父母です。

誰かと比較をしたら、それは不十分な点もあるでしょう。休みがいっぱい取れる親もいるし、休めない親もいます。家族で海外旅行に行くような家もあれば、家族旅行など考えられない家もあります。けれども、よそはよそ、うちはうちです。

お金と時間をたくさん持っている親だけが良い親ではありません。

■なぜ親は自分を責めてしまうのか

親、特に母親は、自分を責めがちです。子どもに何かよく何ことが起これば、全部自分のせいだと思ってしまう母親もいます。それは、子どもへの愛情の裏返しです。しかし、全てを自分のせいにするのは、大きな誤解です。悪いことが全部親のせいなら、良いことも全部親のおかげでしょうか。そんなことはありません。

日本では、「子どもを作る」という言葉があります。外国では、あまりない言葉です。子どもは準備を整えて計画的に作り、最善のことをしなくてはならないと、多くの現代日本人が思い込んでいます。でも、これも誤解です。

 <参考:「子どもという価値―少子化時代の女性の心理 」柏木恵子著(中公新書)>

「子どもには、できるだけのことをしてあげたいとは思いますが、それぞれの家庭の事情があります。事情の許す範囲で良いと思います」


旅行にも行けず、お昼が毎日そうめんでも、別にかまいません。本当に一ヶ月間そうめんだったら、栄養が偏るでしょうが、2~3日同じメニューでも別にかまいません。栄養士が献立を作る給食のようにいかなくても、当然です。それもまた、思い出になります。

夏休みに旅行にいかない家はたくさんあります。別に子どもがグレたりはしません。

親が後悔して落ち込んでも、良いことはありません。思うようにいかないことがあっても、別のチャンスに、ちょっとしたことができれば、それで十分です。

■子どもを退屈させよう

先月、「子どもは夏休みに退屈な方が健全に成長できる」という記事が紹介されました。

私はスクールカウンセラーをしていますが、不登校の子どもが退屈し始めるのは、とても素晴らしいグッドニュースだと感じます。退屈は、エネルギーがたまった証拠で、自発性のもとになるからです。

長い長い夏休み。毎日特別なことがあり、毎週イベントがある。普通の家庭はそんなことはできませんし、そんな必要はありません。退屈した子どもたちが、きっとそれぞれに何かをしてきたことでしょう。


 

 

 

AD