苦手意識に潜む感情

テーマ:

自分の苦手な事を他人に「苦手だ。」となかなか言えない事があります。
その時の思いを探ってみると
「人に苦手意識を知られたくない。」
「苦手意識がある自分を見られたくない。」
「苦手意識を知られたら恥ずかしい。」
「苦手意識のある自分が好きになれない。嫌いだ。」
などがあるのではないでしょうか。

誰にでも、一つや二つは、苦手意識をもつ事があります。しかし、その意識が湧き上がる理由は異なります。

例えば、
ア、食べず嫌いのように体験がない。
未経験の事については、不安を感じ、無意識は危険だと判断します。危険な事から身を守るために、避けようとしているのかもしれません。

イ、苦手を作り出した失敗体験がある。
過去の体験・経験の中に苦手意識をもった、対象と似た体験・経験がある場合です。無意識は過去の体験・経験が衝撃の強いものであれば、「このことは、今後さけなければならない。」という価値観を身に付けることになります。今回の対象となる事柄が、この過去の体験・経験に似ているために、避けようとしているのかもしれません。

どちらにしても、危険だと判断する自分だということです。
無意識は、現実とイメージを区別することはできません。
そのため、過去に起きた事であっても、未来に起きるであろう事であっても、危険だと判断すると避けることになります。

・恥ずかしい思いをした(思いをするだろう)
・損をした(損をするだろう)
・笑われた(笑われるだろう)
・嫌な目つきで睨まれた(睨まれるだろう)
・叱られた(叱られるだろう)

誰にでも、自尊心や羞恥心、虚栄心、猜疑心などがあります。出来事から湧き上がる感情の裏にあるこれらの心に影響を受けたために、苦手意識が生まれたと考えることができます。

今、抱えている苦手意識を感じる時の感情をじっくりと味わい、過去に似た感情を味わった経験がないか探ります。

例 本を読むことが苦手
小学1年生の時にみんなの前で本を読む機会があった。その時、うまく読めなくて、何度も先生やみんなから誤りを訂正された。とても恥ずかしかった。
それから、本を読まなくなった。

この時の恥ずかしい感情が、苦手意識の正体になります。苦手意識が生まれる過去の体験と共に、その時湧き上がった感情が苦手意識を作り出します。

失敗体験が苦手意識を作り出すことは、たくさんあります。「苦手だ。」という意識があると、体験や経験を避けるため、避ける体験を繰り返すため、ますます苦手意識をもつことになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AD

苦手意識の見方を変える

テーマ:

苦手意識があると、そこから逃れたいために

 「苦手な仕事には、時間がかかる。」
 「他にしなければならないことがある。」
「やる気がなかなか湧いてこない。」
などと、避けるための言い訳をいろいろ考えることになります。

 

これは、脳のはたらきによるものです。

これは、苦手意識が影響を及ばす負の面に焦点が当たっているからです。

 

この克服する逞しさを身に付けるに十分な利点もあります。

 

ア、資質向上につながります。
苦手な仕事であっても、目の前の現場には必要な仕事です。無駄な仕事だと判断しているかもしれませんが、誰かが引き受けなければならない仕事です。その仕事ができる力を身に付けることは、目の前の現場に必要な力を身に付けることになります。

 

イ、よりよく生きようとする生き方になります。
苦手意識を克服することは、よりよく生きようとする生き方そのものです。よりよく生きたいと思っている人から見れば、これは、範を示す事になります。そして、努力することにより、克服の過程を体験することになります。この体験が成功体験につながります。

 

ウ、生き方に共感し、支えてくれる仲間を得られます。
努力をしているあなたを必ず仲間が見ています。克服しようと一生懸命に頑張る姿を見て、共感し、応援しようとする人が現れてきます。同じ意思をもった仲間としてそばにいてくれます。

 

エ、仲間から信頼を得られます。
努力しているあなたの誠実さは、必ず周りに伝わっていきます。それは、信頼できる仲間として、存在することになります。

 

オ、職場の人との結びつきが強くなります。
苦手意識を克服するためには、自分の力だけでは解決できないこともあります。現代社会では情報があふれているので、自分なりに学ぶことができます。しかし、目の前の現場に合った情報かどうかは見極めなければなりません。その意味からすると、一番頼りになるのが、上司や同僚になります。
目の前の現場にあった対応の仕方を学ぶことで、現場の状況に合ったすぐに役立つ情報を入手することができます。現場の仲間に頼ることで、失敗した時のさらなる支援を期待することもできます。そのため、仲間との関わることが多くなり、仲間との結びつきが強くなります。

 

利点に焦点を当てることで、苦手意識を負と見ていたときとは感じ方が異なってくるのではないでしょうか。このように焦点の当て方を変えると、苦手意識に対する感じ方を変えることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AD

苦手意識と職場

テーマ:
仕事には責任がつきものです。そのため、苦手意識がある仕事はできれば、避けて、自分の責任を回避したいと思うことがあります。
「苦手な私がやるよりも、できる人がいれば、その人に任せた方がいい仕事ができる。」
「組織として、支え合いが大事だから、助け合っているのだから、助けてもらえばいい。」
「そう言われても、苦手な事をすることは無理だ。」
また、組織に迷惑をかけたくないと考えて、苦手な仕事を避けることもあります。
無意識は常に安心・安全を求めているので、避けることで自分を安全なところに置いておこうとします。
ですから、これも自然な反応になります。
ただし、この思いを受け入れてくれるか、受け入れられないかは、属する職場によって異なります。
一度受け入れてもらう環境に属すると、無意識は、変化を嫌いますから、受け入れてくれる職場が当たり前と感じるようになってしまいます。
いくら「前の学校では、受け入れてもらえた。」「その程度の事を考えるのが管理職でしょ。」などと主張しても、職場が変われば、状況が変わります。あなたがその状況をあなたの思い通りに変えるには、相当なエネルギーが必要になります。

互いに助け合って組織として何とかしてくれると感じる職場あれば、苦手な分野を快く引き受けてくれる仲間がいてくれます。

この職場では、あなたは仲間に助けられて自分に与えられた仕事をすることになります。そのため、それほど多くのエネルギーは必要としません。ただし、苦手意識は消えません。
その職場でも、助けてもらえるという考えがあると手助けが不十分だと感じる時に、相手を責める事になります。そして、自分を守ることに力が注がれ、人と助ける合う関係が築けず、苦労することになります。苦手意識は、より強化されることになります。
助け合いにくいと感じる職場や、苦手な分野を引き受けてくれる人がいない職場ならば、自分にとって危険な状態ですから、その危険を避けることに多くのエネルギーを使うことになります。
そして、苦手意識を抱えながら、仕方なしに仕事をすることになります。仕事の効率が下がり、思うように仕事ができません。
苦手意識を変えない限り、あなたの苦手意識をもち続けることになります。そして、常に苦手意識に苦しみながら、職場を転々とすることになります。
完璧な教師はいません。教師でも至らない点はあります。誰もが苦手意識をもっています。苦手意識から逃げることなく、至らない自分を素直に認め、その至らない点に目を向け、その面を克服する逞しさを身に付けるしかありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AD

苦手意識の影響

テーマ:

苦手意識があると、
「苦手な事だからやりたくない。」
「苦手な事に時間をかけるよりも、得意な事に時間をかけたい。」
「私には責任を負えない。無理だ。」
などと苦手な事を避けたい気持ちが、湧き上がってくることがあります。

職場では組織で動くので、あえて自分が苦手意識を背負って苦手な仕事をしなくても、避けられる場合があります。

互いに支え合ったり、補い合ったりしながら、組織として子どもを育てているので、この思いを受け入れてもらえる組織ならば、この思いを通す事ができます。

ただし苦手意識は残ったままです。

無意識は、危険を避けようとしますから、苦しいことよりも楽な方を選択しようとします。

苦手意識を避けることが楽なことだと学習すれば、「苦手意識があることは避ければよい。」という対処の仕方を身に付けることになります。

そして、この対処の仕方は、仕事だけにとどまることなく様々なところで使い続けることになります。
このことが、生き方の癖となって身体に染みついてしまいます。

例えば、
・苦手な人を避ける。
・嫌いな食べ物を避けて食べる。
・好きな事に時間をかけるが、苦手な事には時間を割かない。
・苦手な事が入らないように耳を塞ぐ。苦手な事から目を背ける。
・苦手な事を先送りする。

このように苦手意識は、様々な行動となって現れます。

よく考えると、このようなことの1つや2つは、幼い頃からの生き方の癖としてすでに身につけているかもしれません。

これらの行動から考えると、苦手意識が、自分の行動に制限を加えていることがわかります。

この制限があるときには、100%自分の力を出し切ることはできません。
まるで、ブレーキを掛けながら、ペダルを回して自転車の運転をしているようなものです。

苦手意識を持ち続けて仕事をすることは、決して効率のよい仕事にはなりません。

つまり、苦手意識を緩めることが、自分の力を十分発揮することにつながります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

苦手意識に操られている

テーマ:

仕事をしていると自分の得意な事ばかりすることはできません。組織として動かなければならないため、苦手な仕事でもしなければなりません。

 

教師の場合、
・保護者とうまく関わる自信がないにも関わらず、生徒指導主事をしなければならない。
・体力に自信がないにも関わらず、体育主任をしなければならない。
・事務仕事が不得手でも、会計の仕事をしなければならない。
・OA機器についての知識が十分もっていないにも関わらず、放送担当をしなければならない。
・全校研究をしているので、苦手な算数の研究授業をしなければならない。
等と、苦手な仕事を任されることがあります。

 

多かれ少なかれこのような事は、教師を続けていればいくらでもあります。

 

このような仕事を受けた時、苦手意識の強さによって、その対応が異なります。

 

1 承諾できないので、拒否する。
2 できれば避けたいが、我慢して仕事をする。
3 仕事だから、これを機会に苦手意識を克服して、学びの機会にする。

 

苦手意識があると、私たちは、「できれば、避けたい。」「仕方がないから、我慢してでもするしかない。」「うまくできないけれど、無難にこなしたい。」などという気持ちになります。

これは、脳のはたらきによるものです。

 

無意識は、安心・安全のためにはたらきます。そのため、苦手な仕事は、脳にとって、危険な仕事になります。

 

その危険度が高い程、苦手意識の強くなり、1のような対応をすることになります。これは、自然な姿で特別な姿ではありません。危険なことを避けようとするのは当たり前の事です。

ただ、苦手意識をもちながら仕事を続けていると、うまくできるだろうかと不安を感じたり、なかなか手がつかず、仕事に時間がかかったり、仕事の能率が下がります。

 

このことが仕事に影響を及ぼし、二次的な変化が起こります。

仕事上の失敗が多くなったり、他人に依存することが多くなり、他者から悪評を買ったり、負担をかけたりすることになりかねません。避けることが、悪循環を作り出します。

 

私たちは、感情に振り回されることが多いため、避けたいという感情を作りたがっている無意識の仕業だから何とかしなくてはと思っている人は少ないでしょう。

 

まさに無意識の思うつぼです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分を信じ続ける

テーマ:

夢の実現に時間がかかったり、大きな壁にぶつかったりするとどうしても心が折れそうになります。
そんな時「諦めることはない。」「まだ、挑戦する気持ちがある。」「必ず夢はかなうはずだ。」ともう一人の自分にはたらきかける内なる自分がいるはずです。

自分を信じ、前向きに生きようとしている時のこんな言葉は、自分を支える大事な言葉になります。

なえることなく、意欲をもって前向きになって、頑張り続けるためのイメージを使った体験(イメージトレーニング)を紹介します。

これも時間軸を使います。(今立っているところ<現在>から前に<未来>向かう一本の線が目の前の床にあるとイメージします。)

現在の位置に立ち、自分の夢をもう一度明らかにします。そして、ニューロロジカルレベルを利用し、スピリチュアルレベル→ビジョンレベル→自己認識レベル→信念・価値観レベル→能力レベル→行動レベル→環境レベルを問いかけ、内容を明らかにします。

それらを明らかにし、一つ一つやり切っていく自分をイメージしながら、一歩ずつ未来(夢の実現)に近づいている気持ちで、一歩、二歩、三歩と未来に近づきます。

そして、夢が実現した未来を具体的にイメージします。

夢を実現した達成感を十分味わうことができたら、振り向き、現在の位置に立っている自分をイメージします。

その現在の位置にいる自分に対して、未来の位置にいるあなたから「諦めることはないよ。夢は叶う。まだまだ挑戦できるよ。」などと力添えとなるアドバイスを投げかけてみましょう。

夢をあきらめることなく、追い続ける自分がいます。これをただ感じるだけでなく、このようなワークを用いたイメージトレーニングを繰り返し行います。

この時、現在の自分に投げかけた言葉の中に新たな挑戦となる言葉を発見するかもしれません。これは、新しい行動となります。

 

是非、繰り返しこのイメージトレーニングを続けてください。

あなたは、独特で素晴らしい存在です。
やり方を知らなかっただけです。
あなたは、大丈夫です。


自分に自信をもって、成功体験を生かしながら、夢の実現に歩み続けることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp

自分を信じる

テーマ:

未来を先取りし、成功体験を積む事のできる自分にならば、「今のままの自分でいい。」「ここまでやってきた自分だから、大丈夫だ。」「心配はいらない。なるようになる。」などともう一人の自分に声をかけることができます。

「できた。」「できなかった。」は、努力の結果次第です。
走り出す前から、「できない。」と思っていれば、うまくいかない可能性は高くなります。

モチベーションを上げることもできません。
できる自分をイメージして、走り出すことで、成功の可能性が高くなります。
これならば、失敗することはありません。
結果として、「できなかった。」こともあるかもしれませんが、「それもより豊かになるためによい体験をする機会を得た。」と。失敗体験ととらえることなく、成功に導くための学びになります。

これならば、後悔することはありません。

例えば、生徒指導上の問題をうまく処理できず、関係者に迷惑をかけたとします。
迷惑をかけたことをとらえると、失敗体験となりますが、この体験が次の失敗体験を防ぐための学びの機会だと捉えると、失敗体験とはなりません。次の成功のための体験ととらえることができます。

次の成功を夢見て前に進もうとすることができるとすれば、それは、自分の内側に夢を実現したいという強い思いが隠れているからです。
これは、素晴らしい自分ではありませんか。諦めることなく、失敗を乗り越え、次に向かう粘り強さが自分の中にあるということです。
この自分がある限り、挑戦し続ける自分になります。
自分を信じるということは、この挑戦し続ける、強い意志をもった自分ということになります。

教師を続けている今、夢を隅に追いやっているかもしれませんが、夢を追い続けている自分があるはずです。その思いが、見えにくくなっているだけです。

自分を信じて、よりよい教師としての自分を再度イメージし、前向きに生きようとする自分を湧き上がらせてみましょう。決して「捨てたもんじゃない。」と自分を見つめ直す事ができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

未来を先取りする

テーマ:
成功体験を「イメージを利用して作り出すこと」は、前回書きました。
その成功体験がどんな未来を作り出すのか、想像するとより成功しやすくなります。
例えば、「夢が叶えば、子どもとの関係がより一層密になり、長く付き合いができるだろう。」「夢が叶えば、保護者や地域の方から、信頼され、尊敬されているだろう。」「夢が叶えば、今よりももっと多くの教師をリードする自分になっているだろう。」「夢が叶えば、本を出版して、有名になっているだろう。」
このように夢が叶った後の自分を豊かにイメージすることが、夢が実現しやすくなります。
無意識は、現実とイメージを区別できないので、自分らしく豊かにイメージします。
ただ、頭で描くだけでは体験として弱く、実現するためのパワフルなエネルギーとしてのやる気を生み出すことは難しいので、イメージを使って繰り返し体験をします。
この時に利用するのが、タイムラインです。
床に1本の線をイメージします。現在と未来の位置を2m隔てた場所を決め、現在の位置に立ちます。未来の方向を見て立ちます。
夢が叶った未来に向かって、努力を重ね、一歩一歩実現していく体験をしたかのように未来まで3歩でゆっくりと動きます。そして、その未来の位置に立ち、夢が叶った時の様子をイメージします。ここが大切です。できる限り具体的にイメージします。
いつ、どこで、誰と、どのようにしているのかを明らかにします。その様子が浮かんだら、聞こえる音や声を明らかにします。現実に起こったかのように豊かにイメージします。
豊かにイメージをしていると、次第に感情が湧き上がってきます。その感情を十分に味わいます。(これがイメージによる成功体験になります。無意識は現実とイメージを区別できないので、無意識は現実に成功したのだと錯覚してしまいます。)
そして、さらに一歩前に進みます。ここは、夢が実現した後の世界になります。
ここでは、夢が実現した後にどんな世界が待っているのか、創造した世界になります。夢が叶う事が自分にとってどんな意味があるのかもわかってきます。

夢が叶い、未来が変わった時の心地よい感覚を十分味わいながら、現実の方に身体を向けます。これは、すでに夢がかなった自分から、現実を見ることになります。
現在の自分がそこにいるとイメージし、夢が叶った未来の自分から励ましの言葉をかけます。
かけ終わったら、ゆっくりと現在の位置まで戻ります。
そこで、現在の位置に入ったら、今度は未来の方をみて、成功した自分ををイメージします。そして、未来の自分から受け取った励ましの言葉を十分味わいます。
この体験は、未来を先取りし、成功した自分を体験したものと脳を勘違いさせ、その未来の自分からの助言を受け入れながら、やる気をもって前向きに取り組もうとする感覚を味わうことになります。
これは現実ではなく、イメージによる体験になります。
しかし、以前にもお伝えしたように無意識は現実とイメージを区別できないので、真実だと錯覚して、言葉を受け入れ、やる気をもって事にあたろうとする自分が現れます。
未来を先取りできる事は、夢の実現のために努力できる私たちだからできます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

成功体験を思い描く

テーマ:

内的会話についてお伝えしましたが、私たちは、過去の体験・経験を元にイメージすることが多くあります。これだけに頼っているとなかなか現実を変えることはできません。

努力を積み重ね、成功体験を作りながら、自信を深めていこうと考えます。これは、成功し、自信を深めるために遠回りをしていたと考えた方がよいでしょう。
このような取組は当たり前のようにしていると思います。しかし、これとは別にもっと脳のはたらきをうまく利用して、現実を変えることができます。

ポイントは、「脳は現実とイメージを区別できない。」という事です。

つまり、体験した過去の事実や現実ではなく、イメージを利用します。

例えば、
・こんなことができれば、私はもっと素晴らしい自分になれる。
・こんなことができたから、きっとこれもうまくいくはずだ。
・こんな姿になれば、嬉しい。意欲が湧いてくる。

これらは、過去の体験や経験に基づくものではありません。成功をイメージした未来になります。

自分の夢を叶えるためには、この未来のイメージを利用します。
この未来のイメージをうまく利用して、目の前の一つ一つ事柄について、成功の足跡を残す事ようにします。

イメージは、現実ではないので、どのようにでも変えることができます。ですから、柔軟性を発揮し、夢の実現に近づくために豊かにイメージすることができます。これが、できる自分を描くことになります。

ワクワクするような豊かなイメージを創り上げます。


過去の体験や経験を利用することもありますが、過去の体験や経験の中には成功体験ばかりではなく、失敗体験もかなり多くあります。

「これをするとまた、同じ失敗をすると思うから、それは避けよう。」とか、「今度こそは、失敗しないようにしように頑張ろう。」などと思ったとしたら、前提として、成功の体験というよりも、失敗の体験になります。


これでは、できない自分をイメージすることになり、夢の実現に時間がかかります。これではなかなかできる自分をイメージすることはできません。

過去の失敗を思い浮かべることになれば、これからすることに対しても失敗をイメージしてしまいます。私たちが毎日対話している内なる自分との対話は、予想を超えるほど多くの時間を使っています。繰り返し、失敗するイメージを脳に焼き付けることになります。

そうではなくて、成功体験のイメージを膨らませ、繰り返しイメージしながら、脳を「できる自分にする」訓練をします。

何度も書きますが、大切なことは、成功体験をした時の感情を湧き上がらせることですから、実際の体験そのものとは無関係です。

上述の言葉のように未来を先取りして、「あれができた私だから、できるはずだ。」「あの気持ちがあるとやる気が満ちてくる。」となればよいのです。

現実とは関係ありません。イメージです。成功体験を増やすためのイメージになります。

現実に成功体験は、強い衝撃となり脳に大きな影響を与えますが、イメージの成功体験は、現実より弱くなりますが、繰り返しイメージすることで、脳は現実の成功体験と同じように大きな影響を与えることになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

できる自分を思い描く

テーマ:

何か新しく挑戦しなくてはならなくなった時、もう一人の自分とどんな会話をするのでしょう?
①「私なら大丈夫だ。」「私ならできるはず。」「自信がありますから、任せてください。」
それとも、
②「私にできるだろうか?」「もし、うまく行かなかったらどうしよう。」「不安だ。失敗したらどうしよう。」
でしょうか?

これらの言葉は、自分の状態から生まれ出てくることばですから、自分の挑戦だけでなく、他人に対しても同じように現れます。

例えば、
①「あの人なら、きっとできるはずだ。」「うまく行くと信じている。」
②「心配だ。うまく行くだろうか。」「~な面があるから、不安だ。」
となります。

もし、挑戦した結果がよい結果になった時でも、内的会話に違いが生まれます。
①「思った通り、やっぱりうまく行った。」
②「うまく行ってよかった。一安心。」

①は自信につながります。②は、自信につながりません。

自信に満ちた、堂々とした姿から、きっと頼れる存在として光り輝く未来を築くためには、この内的会話の質を変えることになります。

①か②かどちらの内的会話を毎日繰り返しているのでしょう?

不安があっても、まずは自分を信じ、自分らしさを発揮するしかありません。

できる自分を思い続けることが自信につながります。

そのためには、時間軸を意識することがとても重要になります。
時間は過去→現在→未来と流れています。この時間の流れを生かす方法です。
ここで、脳のはたらきをうまく利用します。
「無意識は、現実とイメージと区別できない。」という性質があります。

例えば、あなたが体験した一番充実した楽しかったことは何かと問われれば、何か当てはまる出来事を思い出すことができます。そして、その時の状況を詳しく(その時の映像、音声、感情等)思い出すと、次第にその時感じた感情が湧き上がってきます。同様に、辛いこと、悔しいことなどで試しても同じです。

感情が過去の出来事であっても、今湧き上がります。「今」です。出来事が起きた過去のことなのに「今」、感情が湧き上がるのです。

これが、脳のはたらきです。

現実とイメージの区別ができないために、過去のイメージであっても「今」感情が湧き上がります。

「大丈夫」「できる」「自信がある」などと言う時に湧き上がる感情を立ち上げれば、意欲的に取り組むことができます。

この時に、この感情が湧き上がるための出来事を作り出せばよいということです。

これは現実に起きた事でも、起きていなくてもイメージできれば、それを使うことができます。

反対に、過去の失敗にこだわると「大丈夫ではない。」「できない。」「自信がない。」状態に陥ってしまいます。そのため失敗した時の感情が今湧き上がってしまうということです。「出来事を体験すると感情が湧き上がる」という仕組みがあるということです。

ですから、できる自分を創り出しさえすれば、「大丈夫」「できる」「自信がある」自分になれるということです。

私たちはこのような仕組みに気づいていないために、現実の出来事に振り回され、起きた出来事(刺激)に反応する生き方をしています。

できない自分を思い描く人はいつもできない自分を実現し、できる自分を思い描く人はいつもできる自分を実現しています。これが現実です。

できる自分を思い描くしかありません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー