中小企業診断士の資格を取得しても、

企業内診断士になる人が多いと聞きます。


それは、

「独立しても食べられないから」

と言うことらしいのですが、

自分には実情はよく分かりません。


ただ、他の弁護士、公認会計士、税理士等のように

ある分野に特化したものではなく、

また、中小企業診断士の認知度が低い為に

仕事を理解されていない場合が多いのではないでしょうか?


そんな中、国は中小企業や地域の活性化のために、

中小企業診断士を増やそうとしています。



であれば、診断士の為のネットワークを構築し、


地域の活性化を支援するものをつくろうビックリマーク

それによって診断士が元気なろうビックリマーク


という想いからL2L が誕生したと聴きました。

(あくまで、自分の解釈なので、多少違いがあるかも?)


L2L は、パートナー会員(現在 約130名)によって

作られるサイトであり、

中小企業診断士、同等のスキルを持つコンサルタント等、

中小企業診断士を目指す方等が対象です。


その事業説明会 が6月より各地で開催されるようです。

(東京、名古屋、仙台、札幌、沖縄、広島、福岡、大阪)


興味のある方は、足を運んで見てはいかがでしょう。

(参加は無料ですが、サイトからの申込みが必要です)


ちなみに、自分はプロジェクトの段階での説明会に参加し、

パートナー会員に登録させていただきましたが、

どんなサイトになるか楽しみです。


(詳しくはこちらで)

L2L

http://www.l2l.co.jp

AD

中小企業診断士の1次試験の受験料の払込みも終わり、

これからは、模試やら答練ばかりです。


勉強も過去問題集ばかりになるんじゃないでしょうか?


ただ、財務は過去問だけじゃ足りないので、

別途問題集をやるようにしている。


また、法務に至っては、会社法の変更により

過去問が全部出来るわけではないので、

こちらも新たな問題集を用意しました。


なにしろ、インプットがまだ不十分なので、

インプットとアウトプットを同時進行しなくちゃならない!


あと2ヶ月、やるだけやるしかないな~



AD

経営法務は、やっぱり難しい。


法律関係ということが、とっつきにくくしているのかもしれない。


でも、やらなくてはならないから、色々試すが眠くなる。


1つの章や節に多大な時間をとられるわけにもいかない。


ただ、読まなくては内容を理解できない。


ざっとでいいから、全体を読んでみることにした。


とりあえず、概略と小さな達成感を得よう!


そして、図式化してするか、図式化されている本があれば買おう!


コレが終わった時、どこまで理解できているだろうか?


やってみなくちゃ、わからない。

AD

中小企業診断士のインプットの為の通学も

あと少しで終了です。


その最後の科目が経営法務なんですが、

会社法の変更により、過去問題集を上手く利用できない!


古い法律を覚えても意味が無いし、

かといって、使えそうな所だけをピックアップして

問題を解くのも効率が悪い。


ということは、新会社法用の問題集を買うべきなのか?


それとも、多少の時間を犠牲にしても、

ピックアップした過去問題集をやるべきなのか?


はたまた、とりあえず過去問題をやって、

解説を確認する時に、旧法は旧法として理解するのか?


どれが一番効率がいいんでしょう?


他の人は、どのような対策をとられているのかな~?


昨日、『面白い話に共通する特徴』

について書きました。


そして、それには準備が必要だと言うことも!



その準備としてあったのが、

『効果的なコンテンツのまとめ方』。

1)比喩・例え

2)事例・具体例

3)データ・数字

4)お墨付き

5)対比による強調


4)のお墨付きは、ちょっと難しい気もしますが、

後は準備が出来ると思います。


全然分からないよりは、

ある形にそってやって見て、

それを改善していく方が早いですよね!


早くその機会が迎えられるよう、

残りの時間を有意義に使います。



中小企業診断士の資格を取ると、

商工会議所等で講師をすることが増えたりする?


なんて事を聞いたことがあります。


話をするからには、

やっぱり面白おかしく話したいですよね!


といっても、漫才みたいにやるわけにはいきません。


そんな時に目に飛び込んできた言葉です。



『面白い話に共通する特徴』


1)分かりやすい

2)リアリティがある

3)ストーリー性がある

4)親近感が持てる

5)意外性がある


分かっていても、中々出来ない部分もありますが・・・


確かにその通りです。



そして、そのためには準備が必要ですよね!


それは、明日にでも。



『資格を63個取った男も使っている記憶力が、
3.7倍になる秘密を知りたい方は、 こちら !』



のフレーズが気になって、
申し込んだ商品を購入して早2週間。

毎日、励んでいますが、
「効果の程は?」と言われると、

「まだ実感できません」

そもそも、学習の習得曲線というのは、
企業の成長曲線と同じく、
最初は水平で、途中から急激に上がる。
だから、7月ぐらいに実感できるかな?

ただひとつ、計算だけは速くなりましたよ!

中に入っていたソフトに百マス計算ができるのがあり、
それの効果でしょう!

これは、以前からやりたいと思っていたので、
大変重宝しています。

あと約3ヶ月・・・

中小企業診断士の資格学校の授業もいよいよ大詰め!

最後の科目の経営法務となりました。


この科目は、完全なる暗記科目。


ただ、以前のように頭にすんなりと入って行かなくなりました。ショック!


そこで、以前に読んだ、ザ・マインドマップ を思い出し、


ざっと読んだあと、実際にマインドマップを書いて見ましたが、


最初からは上手くいかないもの!むっ


でも、意外と記憶に残っている事が分かった!にひひ


特に絵柄が入ったものを覚えている傾向があるようです。


何回も書く事で慣れるとともに、


記憶の定着に繋がるマップを早く描けるようになる!チョキ


「今の課題」です。

運営管理の中で店舗管理を学びましたが、
最近は実店舗だけではなく、
ネット上の仮想店舗の知識も必要になってくる?
そんな気がします。

実際にやって見て学ぶのが一番かもしれないが、
やっている人の経験を聴くのもいいですね!

しかし、なかなか聴く機会というのもないし、
その店をピックアップする時間も勿体無い。

であれば、そんな情報が載った情報誌があると
いいですよね!

成功店舗が続々!楽天市場が成功店舗の秘訣を公開!詳細はこちら

実際に役立つことがありました。

また、無料で提供しているので、
読んでみる価値はあると思いますよ!

中小企業経営

最近は、中小企業経営と政策のまとめをしていることが多い。


中小企業白書は、今年の頭からグループで学習した甲斐あって、

グラフも含めて、ほぼ終了しました。

結構、大変な作業だったな~


後は政策なんだけど・・・


テキストがほぼ去年のままなので、

改正点やら事業名の確認やらで、てんやわんや!


ちょっと困ってます。


単純に支援事業や法律を覚えても非効率なので、

関連付けて覚えたい!


なんかいい方法はないものか・・・