1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-05-01 00:39:31

芸術や自分の役割

テーマ:芸術について
alien
2011"alien"

先日、念願であった自分のサイトの制作に着手しはじめた。
これだけコロコロと絵柄が変わるので、見せ方が難しい。

今まで大まかに分けるとスタイルが変わったのは4回。
最近は幾つかのスタイルを同時進行しているので、
複雑ではあるけれど、その4回を更に大きく2つに分けることができる。

1つ目は17-25歳。
2つ目はそれ以降。
その二つは、感情というキーワードで分けられる。

どこかで、一つのスタイルに依存し、凝り固まることを避けている。
成長するためには、このやり方が自分にはあっていたと信じている。

でも、最近は芸術や自分の役割がわかってきたから、
今までとは違ってくるだろう。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-20 19:59:36

新作"centrepeace"搬入完了

テーマ:芸術について
for sale

〆切がある場合、もっと時間があったら。
もっと良いものになったのに。

そう思う作品がやはりあり、悔しい思いが残る。
その思いが抑えられず「もっと時間があったら」
と人にまでこぼしてしまう。

例えば、そのような作品を褒められても、
「ありがとう」とだけで、
言葉を止められるようになりたい。

今回の展示に出展する作品は、
今の自分のベストを出せた作品だ。
満足しているというわけではなく、

あくまでも、今の自分のベストを尽くせた。
ということ。

この絵で、不安や怒りに心を揺らされている人たちが、
その心を体の中心に戻す、その助けになれたら、
それ以上のことはありません。

今回の展覧会での収益の一部が、
東日本大震災の復興支援金として被災地へと寄付されるということで、
作品が売れなければ寄付されないので、
値段を通常の半額以下にしました。

限定10枚です

サイズ:A2
マテリアル:インクジェット+和紙加工高級マット紙
額無)7,000円
額有)20,000円







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-03 23:51:47

Initialization failed.

テーマ:芸術について
2748
2748 (2010)

この体調不良は、年末の忘年会での暴飲暴食と、
単純に疲れが溜まっているんだろう。

やっぱり、この1年、自分を見失っていたのかもしれない。
何枚か絵と呼ぶにはお粗末なものを描いて。
そう、感じた。

体の中にノイズが蓄積されていて、それが邪魔して中心にあるべきものがない。
そんな感覚。それに気がついたら、久々に凹む。

日本の音楽シーンが、英国に比べて20-30年は遅れているのでは?
という意見に英国人の友人が、遅れているというよりは、求められているもの
の違いなのでは。と言われた。これが事実であればもっと頭が痛い。
20-30年経っても状況は変わらないという意味になるからだ。
芸術に関しても、同じことだろう。

このノイズを減らしたところで、どこに行き着くのだろう。
そうも、思うけれど。良い絵を描くには、それを排除していかなければならない。
音楽を止めて、携帯とPCの電源をOFFにするだけでは、足らない。

山にでも籠りたい気分だけれど、そうも行かないのが、難しいところだ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-14 23:12:43

今年もあと2ヶ月半-foursquare-

テーマ:芸術について
Photo:Koki Yamashita with 三脚
Photo:Koki Yamashita 黒部ダム

今年も後二ヶ月半しかないことに気づく。
去年の今頃は、リストラされた人や、地方から出稼ぎに来ている
人たちと、倉庫や工場で汗まみれになって働いていた。

全財産を使ってインドに行ったことのツケをしっかりと
払わされたのだった。30代も半ばに近づいているにも関わらず、
感情や勢いに任せて行動したことを、恥じてはいない。
あれは貴重な体験だったし、価値はあった。

しかし、それはそれで。行き先の見えない状態が続き、
今までにない重い不安を感じていた。会いたい人にもなかなか会えず、
朝から晩まで、意識が遠のくほどに働かなければならなかった。

こうやって振り返っている今、行き先はまだ見えない。
生きることは魂を磨くことだと、そう言い切れても、
それは哲学になったとしても、それで米が買えるわけではない。
電気やガスも使わずに、自給自足で暮らしていない限り、
私たちは最低限の貨幣を稼ぐ必要がある。

今年の4月から就職したことにより、その環境が急激に変わった。
金銭的な心配がほとんどなくなったその代償に、
絵を描く時間と気力がなくなった。今年4月以降に作成した作品は、
言ってみれば、それ以前の作品のコラージュだ。

自分にとって、創作意欲というのはその程度のものだ。
常に創造的でいられる人が羨ましくもあるけれど、
魂を磨く為ならば、その方法はなんだって良いのだ。
とにかく、目の前にあることから逃げずに、向き合う。
それは変わらない。

つづく



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-18 00:58:10

そのように響いたら

テーマ:芸術について
future development

本日ギャラリーに作品を搬入してきた。
ギャラリーCOMMONは、キャットストリートなる通りの裏にあり、
こんなところがあったのかと思うような、雰囲気の良いエリアにあった。

そのように響いたら

もちろん、自分の作品を気に入ってもらえるのは、
嬉しいことだし、まだ未熟な自分の作品だけに、
恐縮してしまうし、感謝もする。

でも、ヤバいとか、奇麗とか。渋いとか。
そういう響き方よりも、観た人に勇気を与えることができたり、
無くしたモノや、無くしかけてたものに気づけたり、
ずれてたものが、中心にもどったり、
痛みが和らいだり、心地よかったり。
そのように観た人の心の深いところに響いたら、一番嬉しい。
そして、そうありたい。

こんなことを書くと、感想を言いにくくなる人がいるかもしれないけど。
そういう人は、無言でにんまりと親指を立ててくれたらと。


↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-30 23:43:49

心の奥深くに何かを

テーマ:芸術について
R0020086
富山連峰

仕事でアメリカの人気バンドのライヴを観て来た。
濁りの無い歌声、そして、歌も巧い。
曲に新鮮さはないものの、多くの人間に響く何かを彼らは
持っているような気がした。音楽的には好みじゃないけど、
それはわかった。

濁りのない表現はしたいけれど、
あの透明感は自分が目指すそれとは違う。

あらためて、この4、5ヶ月。
こういう多くの人間に指示されるアーティストに触れる機会があり、
これは自分に何を学べということなんだろう。と考えさせられる。

まさか、お前はこうなりたいのか? という問いなのか。
お前はこうなれ! という指令なのか。

今わかっていることは、心の奥深くに何かを残せる、
「本物」でありたいってこと。
でも、苛つくほど自分はまだまだだ。

↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-23 20:54:24

ライバルでもあり、味方でもある - 立山連峰 -

テーマ:芸術について
富山県、立山

這うようにして、やっとのことで到着した立山連峰の一つ、雄山の頂上。
3000mを越える山を登るとは知らずに挑戦したのは、
良かったのか悪かったのか。とにかく、弛んだ心身に良い喝を入れられた。

そこで実際に感じた人間にしか得られないものがある。
そんな当たり前と言えば当たり前のことを、今回は再確認することができた。
そして、やはり自然の美しさには勝てない。と安易に脱帽してしまうのだけれど、
この自分も、自然が(もう少し正しく言うと、宇宙)つくりあげたモノの一つなわけで、
同じような美しさを視覚化させることはできる筈だ。

それを邪魔するのはエゴだ。

自分が地球や宇宙の一部であることを意識し、
それを意識しなくなる状態になったときに
多くの人の魂に響く名作は生まれると信じている。

あの絶景は、自分にも同じような美しさを表現できるのだ。と。
勇気をくれる、自分のライバルでもあり、味方でもある。


↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-07-27 12:42:36

深化と強度

テーマ:芸術について
Plaid(warp)
2008 @spezialmaterial Office / Zurich / Switzerland

本日より再びフリーに復帰。
いよいよ制作ができるという環境になったものの、
奮い立たせる“何か”がなく、伸び放題の庭の雑草を抜き、
時期的にはもう遅いけれど、チューリップの球根を
地中から掘り出したりしている。

一度開始すれば、また集中して制作し続けるから、
その前にちょっと心身を休ませ、
意識を変える必要がある。

もっと深化して、強度のある作品をつくりたい。
とにかく、目の前のことと向き合い、
全力を尽くす。それしか自分にはできない。

↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010-03-13 01:19:55

人に“10”伝えたかったら

テーマ:芸術について
2698_2: vacancy

人に“10”伝え、理解して欲しかったら、
表現者は50か100またはそれ以上に表現できるようにならなければ、
それはできないのかもしれない。

また、それを50~100“理解”してもらおうとすると、
それは難しく、10理解してもらい、残りは無意識にでも“感じて”もらう。
そう考えるのが正しいのではないだろうか。

悟りをひらいた釈迦が、この真理を人に伝えられるものかと、
絶望して自らの命を断とうとしたという言い伝えがあるけれど、
それも同じこと。理解してもらうのではなく感じてもらえばいい。

その為には、山や内に籠るだけではなく、
人のいる場所でも生きて、伝えたい人たちの目線の高さで、
謙虚な気持ちでそれを表現することが大切なのではないだろうか。
決して教えてあげる。という意識でいてはならない筈だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-18 18:26:43

絵画の究極の目標

テーマ:芸術について
FWE

まさか自分がゲーテの言葉を引用することになるとは、
小指の先ほどにも思ってもいなかった。

「未来の絵画は、純粋に色彩とフォルムの表現となるはずだ。
そして、ここにたぶん絵画の究極の目標があるのではないだろうか」

『呪われた絵画』ヴォルター・メーリング著 美術選書より


200年以上も前にこの予言をしていたとは。
そして、自分たちはその目標に到達したのだろうか?


↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。