1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-06-28 23:04:11

"PROTOCOL" #002  終了

テーマ:エレクトロニカ & IDM
buna tees

昨日のProtocolは期待を裏切らない内容で、
雰囲気もとても良かった。
この「雰囲気の良さ」というのは、
そこにいる人の多くが楽しんでいないと、
なかなか出ないもので、簡単なようで難しい。

そんな中、自分はTシャツを販売していたので、物販が中心。
でも、途中から飽きてsokifこと古沢くんに押し付けてフロアで
クネクネしていた。

wk(es) (CMFLG/PROTOCOL) のライヴは、
本当の意味での“ライヴ”に近いもので、
瞬間のひらめきのギリギリのところで挑戦していた。
あれを繰り返せば、きっと彼はまだまだ成長していくのだろう。

我らのFugenn & The White Elephants (Trench Warfare) は、
今までのライヴで一番のできで、流れとバランスがよく、
お客さんもついていけていた。次の課題はなんだろう?

Jemapur (Lakho/Saluut) くんは、以前Trench warfareに出演して
もらったのだけれど、挨拶程度しか話せず、その上彼のライヴの
中、自分はハコの店長と清算などで殆ど聴けず。
やっと今回ちゃんと聴くことができ、彼とも話ができた。
全体的にセンスの良さを感じずにはいられないんだけど、
時より聴こえてくる、複雑なビートが光っていて、
日本人ではまれな感覚を持っていると思う。

まれと言えば、Himuro Yoshiteru (File/TaNGRaM/Murder Channel)
彼の曲はアニメの主題歌になりそうなくらいポップ性があるんだけど
凄いハード。というバランスの良さ。そして、テクニシャンだ。

何様だ?と言われる前にこのへんで。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-05 23:38:22

意識と無意識

テーマ:エレクトロニカ & IDM
holiday in the sun

GWを休む為に、忙しいスケジュールが組まれた筈が、結局連休中も仕事。
行った所と言えば、売れっ子漫画家の取材で行った赤坂。
作品がドカンドカンとギャグ満載なのに、その作者は育ちの良さそうな
可愛いお嬢さんで、そのギャップに驚いた。

ここ最近会う人の中で、共通して耳にするフレーズが、
“意識的ではなく、無意識な状態の自分と向き合う”だ。

朝目が覚めて、体がくの字になっていることが多いのは、
自分の背骨が曲がっているからだろう。
無意識な状態で体が教えてくれている。

良い作品をつくってやろう。と思ってつくるより、
心を無にしてつくった作品の方が、人の深いところに響く。

赤坂以外に行ったのは、地元本八幡。
フランスより友人が帰国していたので、
回転寿司を。これが驚くほどにうまく、
これが今年のGWの一番の思い出だろう。

さて、また明日から渋谷へ通う日々が始まる。
この一週間はとても忙しいことになりそうだ。


↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-25 13:39:57

ICASEA COMPILATION COMPACT DISC発売!

テーマ:エレクトロニカ & IDM
Con Tempo

ICASEAのコンピレーション∆ICASEA COMPILATION COMPACT DISC : AUDIO_DATA_BANK
の販売が明日から始まる。主要のレコード店で入手できる筈です。

コンピレーションとはいえ、全体の流れが考えられているので、
ipodなどでランダムに聴くよりは、
一枚を通して聴くのがこのコンピレーションの楽しみ方としてはベストでしょう。

また、これはこれから始まるICASEAの歴史の幕開け、その進入歌という
受け止め方が良いのではないでしょうか。
このエレガントさ、今まであるようでなかった音です。

エレクトロニックミュージックを彼らはどれだけ前進させることができるか、
冷たい雨の中、期待しています。

↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-07 14:48:04

Autechre -oversteps-試聴可

テーマ:エレクトロニカ & IDM


AutechreのニューアルバムOVERSTEPSがyoutubeで試聴できる。

彼らの音を本当に理解できるようになったのは、
ここ1、2年だったかもしれない。10年近くかかった。

ある友人経由で、勝手ながらかなり身近な存在と感じており、
作品をつくる上で彼らの音を意識している。

やはり彼らは期待の上をいってくれる。
スキのない音づくり、そして成熟した美しさ。

これはアートだ。
そして2010年のリアルな音。

↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010-03-03 00:06:08

Autechre on Radio Broadcast.

テーマ:エレクトロニカ & IDM
Rochdale
オウテカの出身地 Rochdale

待ちに待ったAutechre(オウテカ)のニューアルバム、
予定より一ヶ月早く発売開始。

そして、彼らによる12時間のラジオ放送。

12-hour Autechre Radio Broadcast.
Tuesday 2nd March 2010 6pm til 6am (GMT)
日本時間で3時から。

詳しくは以下で。
http://www.autechre.ws/

でも、自分は寝ます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-16 14:04:32

Autechre -Dj Mix-

テーマ:エレクトロニカ & IDM
indiasky

Autechre(オウテカ)のニューアルバムが待ち遠しく、
限定盤のレコードが、7000円近くするので、
買おうか買うまいかい迷っている。
結局限定盤じゃなくてもいいじゃないか!という答えを出しそうだ。

最近彼らの音を聴くことが多く、
あのような音を視覚化できないものかと、
考えたりもしている。

そんなオウテカのDJ mixがアップされているので、
お好きな方は以下のリンクへどうぞ。

http://www.factmag.com/2010/02/08/fact-mix-122-autechre/

↓ランキング参加中、ぽちっと清き1票!!。
b
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-29 20:24:18

【ELECTRONICA & IDM】monoceros

テーマ:エレクトロニカ & IDM
clot / Barcelona
Barcelona.Spain 2008

ここ数年、ほとんど新譜を買っていないけれど、
たまには、エレクトロニカのアーティストの紹介でも。

最近、自分がラウンジ系のDJをするときによく使っている。
スペイン出身のmonoceros(一角獣)。
2005年の本家Sonarに出演しているので、
今更と言えば今更だけれど、意外と知られていないので。

美しく、そして気持ち良い程度にグリッチが効いていて、
低音もうるさ過ぎず、丁度良い。
踊るといよりは、浸るタイプ。
でも、現実逃避をさせるタイプではなく、
むしろ、現実と向き合わせられる。

このアーティストの音楽を聴くと、スペインの夜を思い出す。
オレンジ色の街頭と時より聞こえてくる話し声と、笑い声。
次はいつ行けるだろうか。スペイン。

日本人のエレクトロニカファンにも、
このアーティストだったら好きな人も多いと思う。
カフェでかかっていて欲しい、色あせない正統派のエレクトロニカ。

残念ながら自分がお薦めするのは、2007年までで、
今のところ自分が持っているのは、以下の二枚。
"When I Was A Child I Wanted To Be An Astronaut" (Expanding Records) 2006
"Tales For Silent Nights" (Imaginary Nonexistent Records/Fueradeserie!) 2007

現在MYSPACEにアップされている新曲はいら立つほど退屈。
壁にぶつかったのか、フォークトロニカになってしまった。



MYSPACE
http://www.myspace.com/monocerosisaladiexe
アーティストのサイト
http://www.monoceros.info/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-17 22:02:02

Autechre -oversteps-

テーマ:エレクトロニカ & IDM
autechre

2008年のワールドツアー。
最初のマンチェスター公演と、ツアー最終の東京公演に行った。
マンチェスター公演は人数制限されていてちょうど良かったのに比べ、
東京公演はポロモーターが稼ぎたいのか、
入るだけ入れたような満員状態で息苦しく、楽しめなかった。

スタッフルームで会った彼らは、ソファーでくつろいでいて、
怪物みたいなイメージがあるけど、特に角が生えているわけでもなく、
よくいる人間の形をしていた。他のskamのアーティストと同様に、
年をとったせいか、表情が軟らかい。
髪が伸びて少し色気づいたDJのRob hallは「俺ら良い仕事をしただろう?」と言い、
ショーンは黙ってうなずいていた。

3月にそのオウテカの新作がリリースされる。
このタイトル、「Dubstepへの返答」なんていう薄っぺらい意味はないと思う。
マンチェスターらしく「やりすぎちゃった!」という感じじゃないかと。

成熟しながら美しく、前進していく彼らの新作、非常に楽しみだ。

さて、自分も新作を作らなければ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-11-24 12:12:13

パーティーは終わらない -Ghetto Server-

テーマ:エレクトロニカ & IDM
R0019430
R0019429
Live: Fugenn and Aki Tomita

先日の電子天心はいつも通りで。特にしんみりするわけでもなく、
まるで、今後も続いていくような雰囲気でした。

それぞれが未来へ向けて一歩一歩進んでいて、
やりたくなったらまた始めれば良い。
というようなそんな余裕のようなものも感じました。
これも青木くんが三年前に電子天心をはじめたからこその状況でしょう。

青木くん、お疲れ様!

↓ランキング参加中、ぽちっと投票してください。
b
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-11-12 22:10:27

大宮の光、電子天心-Light My Fire-

テーマ:エレクトロニカ & IDM
電子天心 vol08@大宮(埼玉)

大宮に、埼玉県唯一のエレクトロニカや音響系のイベントがあります。
その名は「電子天心」。渋谷のライヴハウスで自分がDJをしていると、
珍しくその選曲を気に入ってくれるピュアな目をした青年がいて、
それがその電子天心のオーガナイザーでもあり、音楽家の青木君でした。

あれ以来、第一回から何度か電子天心でDJをさせて頂いて、アットホームで温かい時間を
過ごさせてもらいました。また、このイベントの会場のAWAN CAFEも手作り感の
ある大学の部室を思い出すような、そんなつくりで、とてもこじんまりしては
いるけれど、それを感じさせません。

残念ながら、4年目に突入するかと思われたこのイベント、
次回の電子天心で最後になるそうで。その最後の回にまたDJを
させて頂くことになりました。お近くの人も、そうでない人も、
是非遊びに来てください。

そして、また新たに、埼玉でエレクトロニカ系のイベントが現れることを
期待しています。

青木君ご苦労様。最後の電子天心を楽しみましょう!

電子天心 vol08@大宮(埼玉)

電子天心vol.17

日時:2009年11月21日(土)
時間:19:30 open/start 23:00 close
Entrance Free (入場無料)
場所:大宮awan cafe
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-1 新栄ビル2F
awan cafe Map
http://www.kanshin.com/keyword/924961
Homepage
http://ameblo.jp/awancafe
Phone : 090-6482-7787 (awan cafe)

Act:
Ian Hawgood (Home Normal)
Fugenn×Aki Tomita
Avogadolo

DJ
buna
cojamank(Techno Community Center)


タイムテーブル:
19:30 Open
19:30-20:05 cojamank DJ (35 min)
20:20-20:50 Fugenn x Aki Tomita Live (30 min)
21:00-21:35 buna DJ(35 min)
21:45-22:20 Ian Hawgood Live (35 min)
22:30-23:00 Avogadolo Live(30 min)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。