プロ生ちゃんを描きたい。

 

それは人類の誕生が先か、プロ生ちゃんの誕生が先かを争うレベルで毎度語られるおなじみのテーマであり、ID論者とダーウィン論者とが喧々諤々、最終的には拳も飛び出すことが当たり前な話題である。

 

そう、プロ生ちゃんを描きたいという感情の由来の話は、スマブラ、カービィボウル、桃鉄に並びリアルファイトへと発展する危険性を秘めた話題なのである。プロ生ちゃんはネスでありUFOでありたいらのまさカードなのである。

 

というわけで私も感情という本能に身をゆだね、プロ生ちゃんを描くことにした。

言うところのイドの解放であるが、こういう話題を出すと論者が黙っていないので控えておく。プロ生ちゃんという概念が影響を及ぼしていることがここでもわかる。関係ない話だがリーマン予想もプロ生ちゃんがどういう形でかかわっているのかというところさえ証明できれば答えが出るという話を聞いたことがある。

 

というわけで私の描いたプロ生ちゃんがこちらである。

 

正直いう。うろ覚えだ。

しかしうろ覚えでもここまで描けるというのはたいしたものではないだろうか。

他のキャラをうろ覚えで描くとだいたいこんな感じになる。

 

 

ちなみにこれは鉄腕アトム。描いてから気づいたけど、なんともFXで全額溶かしそうな顔になってしまい、血焼き肉焦がす鉄板の上で土下座したくない程度には申し訳なく思っている。

 

さて。お分かりいただけただろうか。

私には、画力がないのである。

 

しかしプロ生ちゃんを描きたい

しかもネットにあげたら3桁RTされるくらいのプロ生ちゃん。今の私からしたら、もうおでんツンツンするくらいでしか私には稼げそうにないRT数を。

 

おでん・・・? そう、そこであるところに気づいた。

 

 

「もしかして食べ物とかに描いたら多少下手でもごまかせるんじゃね?」

 

 

というわけで食べ物に描いてみる。

 

まずはラテアート的なのをやってみようと思ったのだが、こんなことになってしまった。

 

 

プロ生ちゃん・・・?

もう言われてもそうは見えない。これは技術を要するようなので、むしろその技術習得するくらいなら紙とペンで練習した方がいい気さえしてくる。むしろMMD覚えて恋ダンスかサイリウムタクト振り回す踊りをプロ生ちゃんに踊らせる方が楽に思えてくる。なお私はMMDを触ったこともないので完全なる偏見であるが、それくらい私には絵心がないという表現方法だと理解していただきたい。

 

 

しかし描くといった以上、もうちょっと何か努力せねば・・・

そこで次に選択してみたのがこれだ。

 

 

餃子の皮。なんか白いし紙みたいだしいけそう。

描いてからオーブンで焼けばきっとせんべいみたいになる、はず。

ここで素直にえびせんを選ばないのは、えびせんには絵を描いたことある人が多そうなので「あれ?こいつ絵下手じゃね?」とバレる恐れがあるためである。この嗅覚はおそらくKYT(危険予知トレーニング)の賜物であろう。

 

と、その前に今一度プロ生ちゃんを再確認する。

 

 

どうでもいいが関連キーワードに『プロ生ちゃん パンチング』というそそる単語が出てきてしまったが、何かそういう専門用語でもあるのだろうか。ネット関係に明るくない私からしたら特殊な薄い本かな? と思ってしまうが今は置いておこう。

 

描くものは最初油で書いて焼いたらそこだけ焦げるかな? とも考えたが、安全にケチャップに食用色素を混ぜ、わかりやすい色を作ることにした。これを筆で塗っていこうという寸法だ。

 

そして描いたのがこれである。

 

 

ヘアピンの赤だけ出して塗るの面倒だなって思った結果、直接チューブから絞り出したらこんな感じになってしまった。横着はするものではない。親からよく言われた言葉だが、三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。

左は何も塗っていないもの。実験でいうところのブランクである。

 

そして焼いてみたのがこれ。

 

 

プロ生ちゃんかどうかと言われればプロ生ちゃんだが、言われなければ頭部に裂傷を負った人のイラストである。年末年始の夜中になるとこういう感じに怪我した大人をよく目にする。

ただこれは本人の画力の問題が大いにあるところなので「餃子の皮に絵は描けるけど、やっぱ画力って大事だよね」という、当初の目的【食べ物に描いたら下手なのごまかせない?】は達成できなかった。

 

 

結局のところ、画力のない人間が応用しようとしても基礎がなってないから可愛いプロ生ちゃんは描けないということは理解できた。とりあえず初めてギター演奏するけど長渕剛スタイルでハーモニカも一緒に使ってみようみたいなもんである。いきなり両方できるわけがない。

 

というわけで、画力がない私にはかわいいプロ生ちゃんは描けなかった。

しかし後悔はしていない。描いている途中、謎の楽しさと満足感があったからである。

これはきっとプロ生ちゃんを描くという本能に従った行為により、フラストレーションが解消されたことが理由であろう。さすがプロ生ちゃんである。もしかしたら国は酒税、たばこ税に続きプロ生ちゃん税の導入を検討しているかもしれない。

 

しかしかわいいプロ生ちゃんは描けなかったため、今後の研究課題とする。

 

とりあえず長文を描いたので、私はパンを食べて一服する。

以上。

AD