第63回日本推理作家協会賞は23日、長編および連作短編集部門が、飴村行氏の「粘膜蜥蜴(とかげ)」(角川書店)と貫井徳郎氏の「乱反射」(朝日新聞出版)に決まった。短編部門は安東能明氏の「随監」(「小説新潮」2009年5月号)、評論その他の部門は小森健太朗氏の「英文学の地下水脈」(東京創元社)。賞金各50万円。授賞式は5月31日、東京・新橋の第一ホテル東京で。 

雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕(産経新聞)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
AD