Style-up::days

Style-upの日々。
Style-upの意味は、あとからついてくる。

人生そんなもんじゃないだろうか?
自分と人との関わりあいの中で、ほんとうの自分らしさを見つめる旅。


テーマ:
     
ふと  思い立ち、
無性に  やってみたくなった。


{7F6E1E6D-B3E3-49CA-A2B8-159406FBE0CA}



どうやるのか  分からない。

でも、やってみたかった。

だから、やってみた。



{1A67F349-BB5B-4581-A797-4FA639170B81}


頭じゃないところで
頭の理解を超えたところで

なんか知ってる感覚。


「できる」とか 
「できない」を超えたとこにある。


できている感じもしないし、
できていない感じもない。


ただ、今の中にあった。



{4DF0C1AD-847F-42A3-A385-3C89453D867C}



二重叶え結びにした。

強い結びになった気合いピスケ


結ぶプロセスの
指の感触がぜんぜん違うし、

今まで味わったことのある
体感とまったく違うの。


縦のラインの安定感が強い。
身体にズーーンと通る感じがする。


3本の精麻が1本になった。

3本を撚って1本にしたくなったの。
これが無性にやってみたくなったこと。


今まで作ったことがあったのは、
2本が1本になる結び。

「糸」に「半」で、絆結び。


ひと玉、ひと玉の連なりであり、
自然に寄り合い結ばれるプロセスは同じ。

結んでる時の体感がちがってた。


そして、

{BA029E92-15C5-4741-A368-2201D686DB44}


もうひとつ。できちゃった気合いピスケ


読むと、あっとゆー間のことに
感じるかもしれないけれど、、

今日ここに書いていることは、
時間にすると、5日間くらいかかってる。


13の月の暦では、

2/21〜2/27までの1週間が
今月の変容の波がザブンザブンと
押し寄せてたけど、


ちょうど、この中にハマってた。


魚座の新月もあったしね、
みなさんの身にも色々起きていることでしょう。

私は、凄かったよ波


場面展開の早さに面食らったあんぐりうさぎ
今回は特に、待ったナシだったうずまき

そんな現実の動きに、
自分としてシッカリそこにあることに
専念してたあしあと


いま起きていることを
現実として受けとめているけれど、

言葉にして伝えるのが怖いなって
コッソリ感じてた。

その感覚が、3月に入ってから
やっと緩んできたやる気なしピスケ


ふぅ〜


大麻(精麻)に触れる時間は、
私にとって、祈りの時間お願い


自分と繋がり、
自分に深く降りてゆく時間。

内がわと深く結ばれたなら、
そこから外がわへと拡がってゆく。


自分と繋がり、
自然とも繋がり、

目の前に起きること
あらわれる現象が一体化してくる。


自分と繋がることと
自分を超えたところでの繋がりと

今まで抱えてきた
これまで守ってくれた頑なさを

その結びめを緩めて
祓い、清め、水に流してゆくこと。


そうすることで、
自分がスッと立ち上がってくる。

自然に。


これが、むすひ。


{387E54FE-DF76-4387-9FC3-3DDD28058E8D}


そして、自然が魅せてくれるキラキラ

美しいなぁ〜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

むすひ。 高橋香織さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>