Style-up::days

Style-upの日々。
Style-upの意味は、あとからついてくる。

人生そんなもんじゃないだろうか?
自分と人との関わりあいの中で、ほんとうの自分らしさを見つめる旅。

$Style-up::days
  http://www.assemblage-n.com/



ナリス化粧品キラキラassemblage(アッサンブラージュ)
香料開発アドバイザーとして香りの開発のディレクションに関わりました。


$Style-up::days



オリジナルデザイン「Aroma Cycle」シリーズ

$Style-up::days


Aroma Cycle 10 : みどりの記憶
みどりの記憶って、聞いたことありますか?

Aroma Cycle 13 : 超えてゆこう
あなたがそうだと思える新しい1歩を応援します。


きっかけレター「Style-up news」ラブレター

$Style-up::days

感性の扉をひらき、輝く自分へ☆
自分を生きる「きっかけ」をお届けしたくて。

【配信登録フォーム】PC・スマホの方はコチラ / 携帯の方はコチラ



自分らしさとの対話~natural&truth~
(日々の暮らしの瞬間を切りとった、もうひとつのブログ)
http://ameblo.jp/styleup-blog/


さあ、しつもんの旅へ
魔法の質問とゆく 8日間のミステリーツアー
(無料です)
http://style-up.jp/maho/?page_id=60

魔法質問とは?
自分らしさとは?

頭で理解し、心で感じる8日間のツアーです。
旅の案内人はワタシです~(・ω・)/

テーマ:




あなたの「おこない」と
そこから広がる関わりを感じ

この旅の目的へと
つなぎとめてゆく月。


人への働きかけでも
自然への働きかけでも

すべての「おこない」は
宇宙の活性化へとつながってゆく


好奇心をもって
宇宙のリズムをつみかさねよう。



『プロセスを感じてますか?』





私のできること。

これまで歩んできた道のり。

いま、そしてココから。


自分との約束を
意識したり、思い出したり。


あーー
ここいかないとなー

という心当たりが浮かび、
少しずつ、動き出している。


なるほどなぁー

とか感じることがあって、


こころ新たに
取り組むことになりそうな予感。

さらさらと流れてみよう



13の月の暦のノート
オリジナル&手製本だよクラッカー




12と60で刻まれた人工的な時間が
自分とのつながりを遠ざけ、
人類を物質主義へと導きました。

13の月の暦は(13と20という)
自然や宇宙との調和を生みだすリズムです。

このリズムが日々の暮らしの中に浸透することは
本来の感性を取り戻すことにつながり、

ノートにちりばめられたToiが、
この暦とあなた自身の絆をむすびます。

身体のリズムと心の状態をととのえ、
日々の出来事にシンクロという合図を呼びこみます。

新しい自分だけの時間感覚へと
Time Shiftを促してくれるでしょう。

13の月という暦の流れが、
渦を描いて上昇してゆく感覚を楽しんでください。


詳細はこちら(←くりっく!)




新しい時間へ、ようこそ〜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



大麻セラピーの新しい場をつくりまーすクラッカー

詳細はこちらに書きました。


ここではイメージをお届けします。
大好きなコラージュでチラシつくりましたドキドキ


またもや、チラシの神が降りてきまして、、笑

もうね、


創りたくて

創りたくて

創りたくて


たまらぁ〜〜ん
 


という状態になるのですよ。笑。


もう、大変ですよ。
2〜3日かかりましたですよ。



約束してたことをスッポカして、
このチラシに没頭したかったけど、、

そうもいかなくてもがいたり。



お家のこととか
ぜーーんぶ、、放ったらかして

このチラシに集中したかったのに

でもやっぱり
そうはできない自分がいたりして、、



それでも

なんとかなんとか


バランスとりながら・・・


できたーーーー*\(^o^)/*



のが、コレですよクラッカー


今回は四つ折り。


表紙は1番上の写真でね、
パタッとひらくと、こんな感じで・・・





もう1回パコッとひらくと、





ぜひ、手にとって、感じていただきたいですドキドキ

いま印刷にかけてるので、
きっと秋分の日までには間に合うと思いまぁーす♪( ´θ`)ノ


大人も子どもも、
ちびっ子もおじいちゃんもおばあちゃんも

みーーんな一緒にセラピーを施しあいながら
ニコニコ&キラキラになってくの晴れ


まだ開催してないから、
やってみないと分からないけど

みんなで輪になって
内側から輝いてくイメージきてます。


みんなで遊びに来てね音譜






今回キラキラ大麻セラピーをスタートすることで
これまで開催してきたワークショップが

よりググッと
コアな自分と繋がる場

になりそうです ( ̄ー ̄)


お好みに合わせてセレクトしてください。
コアな方は東京と仙台で開催です →

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出羽三山神社 2016 ∞ 4 のつづき


雨も止んできたので、しゅっぱーつDASH!

汗がふき出てきたので
タオルを首に巻いてのぼりましたー

山頂までかなり汗だくです。


山頂の鳥居の手水舎でお清めしてたら、
法螺貝の音が聞こえてきた。

あ、先達だーーー♪( ´θ`)ノ


(ナイスタイミングでしょう?)


もう時計は見てなかったけど、
きっとベストなんだろうなーって
おもってました。


美しい鳥居をくぐって、
まずは「厳島神社」「蜂子神社」にご挨拶。

そして「三神合祭殿」

御朱印いただきました。





さて、天麻那舞(あまなまい)の奉納へ
ちょうどアナウンスも入ってました。

参集院から入り、
御本殿・拝殿へと向かう順路です。

拝殿に着いたらちょうど幕?が上がり、
舞の奉納が始まるところだったよ◎

すべては完璧ですなぁ〜


星野先達にご挨拶したら、
向こうから写真を撮った方がいいと言われ、、

まだ汗が引いてなかった私ですが
あ、そーよねーーと・・・


(まさに「受けたもう」って感じ)


拝殿と御本殿の境界線を
出たり入ったりしながら(←いいのか!?)



パチパチ写真を撮らせていただきました。




( ↑ 私の好きな瞬間をパチリ ↓ )




15:50のバスで帰ろうと思ってたんだけど
スタートが押していたこともあり、

あれ?この流れはちょっと違うなーと
委ねてみることにしました。


三神合祭殿での奉納のあと、
蜂子神社、厳島神社での奉納もあり、、




奉納が終わったあとは、
ゆっくりと出羽(いでは)神社を堪能できました。

(鶴岡から仙台に帰るバス、遅い時間にしてて大正解◎)


みーんなとっても美しかったですキラキラ










三神合祭殿がこんなに素敵なお姿だったとは・・・
今回、まじまじと見させていただきました。



こんな立派な萱葺屋根は見たことがないです。
厚さ2.1メートルだってーーw


目の前にある鏡池は、蜂子皇子が上陸した
八乙女浦の洞窟とつながってると言われているそうで
ちょっと気になっておりました。



鏡池を見ながら、
由良の海岸に想いをよせる時間も
とってもおだやかで愛おしい時間ドキドキ


星野先達と少しお話した時に、
今日はお山を登ってきましたーって伝えたら、

月山にでも行ってきたの?と聞かれw

いや、あっちの階段登ってきたんですー
って伝えたら、

あぁ、石段ね、、と言われw


私にとっては石段も
「かなり険しい道のり=お山」だったのですが、

先達にとってはお山ではないのでした。笑。


そりゃそーだよね、
出羽三山神社の参道だもの。

そんなしょーもないやりとりができたことも
なんか嬉しかったりするのでしたぁ〜


月山に登る日も近いかもね( ^ω^ )


帰り道のバスもとっても居心地良くて、
太陽がピカーーッと晴れやかな空気でした。

仙台では台風で雨がすごくて
学校から15時に帰されたらしいけど、、

後から聞いたら、
1番雨の強い時間だったとボヤイてたよww


仙台駅には時間通り21:40に着きまして、
雨もほとんど降ってなくて拍子抜け。

後日知ったのですが、
20時過ぎは仙台駅周辺は冠水してて大変だったそう。

地下鉄に降りる階段も
滝のように水が流れている映像を見ました。

地下鉄通路にできた、仙台駅川w
水深15センチ…


改札口まで行ったものの
JRはダイヤが乱れてる気配だったので、

私もその階段通って地下鉄に乗りましたが、
そんなことになってたとは気づきませんでした。


地下鉄に乗ったら、
時間をこえてワープしちゃったし!?

(私にとってはこちらの方が事件w)

もしかしたらちょっと違うところを通って
帰ってきたのかもしれない ( ̄ー ̄)





記憶に残る、1日でした虹


天麻那舞(あまなまい)のレッスン
全国各地で開催しています。

この1年で、一気にひろがりました。

大麻の「祓い・清め、むすひ(産霊)」のパワーを
今もなお、目のあたりにしています目

気になる方は、とっても気になると思うので。笑。
体験レッスンからぜひどうぞ〜

次回以降の仙台のレッスン

✤10月5日(水)10:00~15:00(基礎&舞)
✤11月9日(水)13:00~17:00(基礎&舞)
✤12月5日(月)10:00~12:00(1部のみ)

場所 : シェルコム仙台/集会室③

✤基礎クラス 90分
✤舞クラス 90分

1部のみ参加 5,000円
1部&2部参加 6,000円

*体験レッスンも同じお値段です
*2回目以降は入会金(舞用の精麻付)3,000円
*入会金は1回限りで年会費などはありません

興味ある方はご一報くださいね。
kaorin☆style-up.jpまでラブレター

わたくし10月9日は、
京都の出雲大神宮の奉納に参ります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出羽三山神社 2016 ∞ 3 のつづき

  
天然記念物の杉と、奥に国宝の五重塔。




さて、石段へ

2446段と聞いても
さっぱり、分かりません。。

意識して体験したことないから、
だとは思うのですが、

私の基本スペックとして、
数字を変換して自分の感覚で捉えるの苦手ですw





どこまでも、どこまでも続く
石段なのであります。

足元を見ながら
自然を感じながら
風を感じながら

時に振り返って見下ろしてみたり
木にさわってご挨拶したり

きもちいーーー ♪( ´θ`)ノ





途中、ありがとうの気持ちが
あふれてきたドキドキ

昨年からのご縁に
ありがとうの気持ちで
いーっぱいになりましたドキドキ


優しい自然の音に耳をかたむけながら、
足元を見て、もくもくと登ります。

だんだん視界が狭くなってきた。

身体がシンドクなってくると
自然のことを感じる余裕がなくなるみたい。

あえて止まって
頭上を見上げてみたり、

のぼってきた道のりを見て
深呼吸してみたり。





しばらく登ると
サーーッと音がしてきて、

風かな?と思ったら
雨でした。

木々に守られてるから
ほとんど濡れないのです。

雨の音がするのに
身体には降ってこなくて、

不思議な感じ。
お外なのにHOMEに居るみたい。



でもだんだん
雨が強くなってきて、

ザザーーーーッ!

ってなる頃に、
ちょうどお茶屋さんが見えてきた。


ないすたいみーーーんぐ♪( ´θ`)ノ





ここから見える庄内平野が
ポカーンと開けて美しかった。

軒下で立ったまま、
しばし見とれておりました


ら、背後から声をかけていただき、

あんこときな粉の力餅を
いただくことにしました。

抹茶もセットなのが嬉しかったなぁ〜
500円也。


あ、あとね、
こんなのもらったよ。笑。




2446段の石段を歩むこの参道は、
特別天然記念物だったのですね!

ぜんぜん 知らなかったw

んでもって、、
ミシュラングリーンガイド三ツ星認定

だそうですよー


だから、行ってみよう!
と思う人も多いのかもしれないけど

来てみたら、そうだったのねー虹
という巡り合わせの方が私の好みです。


時間を確認したら14:35
なかなか、いいペースじゃん音譜

さきを急ごうとする気持ちは出てこず・・・
しばし雨宿り。


つづく。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出羽三山神社 2016 ∞ 2 のつづき


随神門近くなったら
お空と相談して決めようって思いました。


エスモールからは、
若いイケメン男性が1人乗車。

眼光するどくて身体もシッカリしてる。
とっても穏やかで優しいエネルギーを放ってました。

修行に来たのかなぁ〜?


さて、まもなく随神門。

お空の様子はビミョーw
お山の天気は変わりやすいしww

とか頭では思ってても、

身体は勝手に降りる準備してるので
降りたわよ。笑。


随神門に向かう途中、
雨がポツリポツリきてて気づいたー


はっ!傘忘れた!!


えっと・・・


どこに??
記憶をたどると、、


バスだーー

と思ってふりかえると、
ちょーど発車したところ。

(ちょっと止まってたみたい)


発車したバスを止めて、
傘を忘れてみたいなんですぅ〜

と、再度乗車。


イケメン男子がまだ乗ってて、
傘をとって渡してくれたー

「 ありがとう♡ 」

目を合わせて、ありがとうって言えるのって
なんかしあわせだなぁ〜と感じてみたり♡


バスを降りるころに、
ちょっと思ってたことがありました。

山頂まで自力で登ってゆくと、
たぶん舞の奉納の時間には間に合わない。

でも、心を合わせて石段のぼってたら、
それも素敵なことなんじゃないかなぁ〜と感じたの。


私にとって舞の奉納って、

ただただ今の自分を感じながら、
自然とつながる時空間。

私が私でありながら、
同時に自然ともつながり私を超えてゆく感覚


それって一緒じゃん!?と思いました。


間に合うとか、間に合わないとかが
大事なことじゃない。

この日、ここに、こうして来た理由が
なんとなくつながってきた瞬間でした。


随神門をくぐり、
すこし石段を降りてゆくと

祓川にかかる神橋があります。


う、美しい!!目




わぉ!
めっちゃ歓迎されてるやん!

と、感じました。


つづき → 出羽三山神社 2016 ∞ 4

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)