Style-up::days

Style-upの日々。
Style-upの意味は、あとからついてくる。

人生そんなもんじゃないだろうか?
自分と人との関わりあいの中で、ほんとうの自分らしさを見つめる旅。

$Style-up::days
  http://www.assemblage-n.com/



ナリス化粧品キラキラassemblage(アッサンブラージュ)
香料開発アドバイザーとして香りの開発のディレクションしてます。


$Style-up::days



オリジナルデザイン「Aroma Cycle」シリーズ

$Style-up::days


Aroma Cycle 10 : みどりの記憶
みどりの記憶って、聞いたことありますか?

Aroma Cycle 13 : 超えてゆこう
あなたがそうだと思える新しい1歩を応援します。


きっかけレター「Style-up news」ラブレター

$Style-up::days

感性の扉をひらき、輝く自分へ☆
自分を生きる「きっかけ」をお届けしたくて。

【配信登録フォーム】PC・スマホの方はコチラ / 携帯の方はコチラ



自分らしさとの対話~natural&truth~
(日々の暮らしの瞬間を切りとった、もうひとつのブログ)
http://ameblo.jp/styleup-blog/


さあ、しつもんの旅へ
魔法の質問とゆく 8日間のミステリーツアー
(無料です)
http://style-up.jp/maho/?page_id=60

魔法質問とは?
自分らしさとは?

頭で理解し、心で感じる8日間のツアーです。
旅の案内人はワタシです~(・ω・)/

テーマ:



さあ、動きだすことで
この旅のテーマが見えてくる。


対立しているように
感じることも

循環するエネルギーと
捉えてみよう。


宇宙からの視点をもち、

その大きな目的へと
歩みだす28日間。


宇宙からの信頼を感じ、
踏みだしてみよう。



『あなたが試みるテーマは何ですか?』





月の月がやってきました。

ここからの1ヶ月は、
かなり重要なタームとなりそう。

磁気の月で感じとったことが
ジワジワ動き出すでしょう。

もうすでに、
感じていることがある。


チャレンジとか挑戦っていう
キーワードのある月だけれども、

よし、やったるでーー!!

というより、、


なぜか?
気づけば自然とそうなってんだよなぁー

という、宇宙の渦に
巻きこまれてるようでいて

そこには自分の意志もあることを
どこかで知っている。


そんな挑戦が
きっと転がってるよ。


ナイところからの発動より、

じつはすでにアル
という世界を受けとめることに
チャレンジしたい。

私はそんなテーマをキャッチしています。




自分にとっての
この年のテーマをキャッチするためには、

磁気の月に感じたことが
ヒントになります。

こうした有機的なつながりを
自分だけの実感として、得られる暦です。


答えはいつも
内側から届く実感にあります。


・今の波を見極めたい方
・自分の内側を信頼したい方
・無意識を意識化したい方へ


13の月の暦のリズムと暮らすための、
13の月の暦のノート、おすすめしまーす。

詳細はこちら(←くりっく!)





12と60で刻まれた人工的な時間が
自分とのつながりを遠ざけ、
人類を物質主義へと導きました。

13の月の暦は(13と20という)
自然や宇宙との調和を生みだすリズムです。

このリズムが日々の暮らしの中に浸透することは
本来の感性を取り戻すことにつながり、

ノートにちりばめられたToiが、
この暦とあなた自身の絆をむすびます。

身体のリズムと心の状態をととのえ、
日々の出来事にシンクロという合図を呼びこみます。

新しい自分だけの時間感覚へと
Time Shiftを促してくれるでしょう。

13の月という暦の流れが、
渦を描いて上昇してゆく感覚を楽しんでください。



新しい時間へ、ようこそ〜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「外側」ではなく「内側」に答えを求めよう!の続き。


堀内さんの LINE@ より、まるっと抜粋ですドキドキ


では、なぜそもそも
「外側」に答えを求めたくなってしまうのか?

その辺りの仕組についてのお話です。


これは「理解する」ということに対して
無意識のうちに染み付いている
癖のようなものがあるから起きること。


幾つかの環境的な原因はあります。
そのうちのひとつが、現在の教育制度です。


● 年齢を積み重ねて学年が上がる。

 何かを理解するためには、きちんとした段階を
 経る必要があると潜在意識では学習する


● 学年が上がると、上級の知識を学べる。

 上の知識を学ぶためには、下積みが必要と
 潜在意識では学習する


● 大学である分野を学ぶために、高校までに
 「ある分野」と「ある分野」を学ぶ必要がある。

 上のクラスに進むためには、それまでの過程で
 ある一定ラインを超えている必要があると
 潜在意識では学習する


● 大学で学ぶためには、試験に合格する必要がある。

 学ぶ資格、知識を得る資格は
 何らかの『合格』を得る必要があると
 潜在意識では学習する


表で、「知識」や「理論」を学習しています。
裏では、潜在意識が「仕組み」を学習しているのです。


この『学習した仕組みからの影響』は
潜在意識にあるので普段は自覚することはありません。


その結果、ふとした時に

 何かを理解するためには
 キチンとした形で、キチンとした場所で
 キチンとした過程を経て、最終試験を経て
 合格している必要がある。


と感じてしまう要因になるのです。



これが出ているときには、
次のような発想が湧きづらくなります。


宝石ブルーショートカットして、いきなり結論から理解する

宝石ブルー自分の感覚で独自に理論を生み出す

宝石ブルー自分の感覚で理解しているものを『答え』として求める


そして、『どうしたらいいの?』ということで
こちらのブログ記事に繋がります。



学習した仕組みからの影響・・・
昨日のワークショップでも、ヒシヒシ感じましたぁ〜





自分を繋ぐ「 大麻セラピー × いのちの対話 」


私たちはどうしても、
外側に答えを求めやすくなるプロセスを経て
大人になりました。

いま、ようやく、、
「繋ぎなほし」の時がきています。


大麻と対話を日常で活用し、
その回路を繋ぎなほすために場をつくります。

そこにフォーカスするエネルギーは、
1年前よりも強くなりました。

私も繋ぎなほしてきたから。


なぜ日本では封印されてきたのか?
その意味も感じていただける時間です。


大麻の力を借りて、
本来の純粋な自分を体感します。

<祓い・清め・結び>

その最高の状態で、
あなたの「どまんなか」にアクセスし、
自分自身との絆をより深めましょう。



自分を繋ぐ「 大麻セラピー × いのちの対話 」
(↑詳細はこちらをクリック)


暮らしの中で、
内がわへと意識を繋ぐ身体へのアプローチです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、親子で高めあうインスピレーション力、開催しました。

ワークショップの中で、堀内さんは、
たくさんの【図解】を使ってお話してくれました。





堀内さんのブログ
「シンクロニシティマネージメント」で、

8月18日〜20日に渡って連載されている記事がありまして、
これがFacebookでも大反響なのですが、、

ここに登場している【図解】です。


私もこの図解にはワクワクし過ぎており、
この【図解】を使って、私もコレを伝えていきたい!!
という気持ちがムクムクしております。


もっと自分にしっくりくる言い方をすると、

この【図解】があるなら、
私が伝えていってあげてもいいよ。

です。笑。


まぁー
生意気だわ!と感じます?

(もう1人の私もそう感じてましたw)


でもね、以前にも、
この感覚を感じたことがあったんだけど、
これは私にとって確かなものなのです。

その時は
自分が意図していないのに、

なぜか?
あれよあれよとその機会が増えてゆきました。

今回はどうなるのかなー
乞うご期待♡





さらに私に都合のいい解釈を続けますと、

この【図解】は、今回の企画、
親子で高めあうインスピレーション力のために

このタイミングに合わせて、
堀内さんは準備してくれていたのねー

とすら、思える訳です。笑。
(事実は違うみたいでしたけどーw)


この企画自体が、
シンクロニシティマネージメントを
実証してゆく流れになっていくみたいです。


図解シリーズ、
まだ読んでない方は必見です。

きっとまだまだ続くんじゃないかなぁ。


①『シンクロニシティの仕組み』
「インスピレーション」や「運命」とはこう繋がっている!


 ↓

② 人生で起きているシンクロニシティを理解するために、
「点と点を繋ぐ力」を磨いていく。


 ↓
③ インスピレーション具現化の仕組み!
 こうすれば、どんどん加速します。



で、、

今日ブログを書きたかったことは、
ココからなのです(・ω・)/

書きたいと言っても、
これまた堀内さんが LINE@ で教えてくれたこと。

もう何回も読み返しているのですが、
いつでも還ってこれる場所として書きとめておこうかと。


堀内さんが伝えていることは、
「外側」でなく「内側」に答えを求めよう!
ということ。


で、なぜそもそも「外側」に答えを求めたくなってしまうのか?
その辺りの仕組みについてのお話。

「内側」ではなく「外側」に答えを求めたくなってしまう仕組み。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワークショップのタイトル変更しました。

セラピーの部位も、部分的ではなく、
身体全体にアプローチすることになりました。
  




この企画は、今回で6回目となりましたが、
これまでのプロセスの中で、、なにかがおきている、
そんなことをあちこちで感じていました。

なんなのか分からなくて、
言葉にならなくてもどかしかったです。

それをそのまま、ただ感じること、
今の自分が感じていることを伝え合うこと。

それは「繋ぎなほす」時間でした。

また進化しちゃった ( ^ω^ )


今日、本間先生からあふれてきた言葉たちを受けとり、
みなさんに伝わる文章を、、という想いで紡ぎました。

いつも新しい風を感じていたいです。




  
大麻で祓い清め、
祓い清めることで結びがおきます。


身体の部分にアプローチすれば、
その部位への変化は容易に促されるということを

これまでのワークショップでは、
みなさんに体感し、目撃していただきました。

各回ごとに、肩・腰・首・脚・背中腰と、
セラピーをしてきましたが、

今回からは、
身体の1部分だけにフォーカスするのではなく、
身体全体をセラピーできるような流れをつくります。

身体がひとつの有機体であることを
より深くより広く、体感してください。





身体へのアプローチではあるものの、
大麻セラピーは、意識のレベルへと作用します。

セラピーをしながら、祓い清めながら、
自分を、自分自身に、繋いでゆくことがとても大切になります。

大麻セラピー後の対話の時間は、
自分自身との絆をより深める目的があります。

いのちの対話の場をつくり、無意識を意識化します。


自分が自分になるとき、
自分らしさが本当の意味で心身へとひろがる時、
真の癒しがおこります。

「 癒し= heal 」であり、
その語源の「 whole=全体 」へと向かいます。

全体と融和し、、同時にまた、
自分の中に全体があるということへと
目覚めてゆくプロセスです。


大麻セラピーは、

部分を祓い清めながら、
全体になり、全体がある、ということへの
アプローチをおこなっているのです。

神経が繋がり、
伝達がスムーズになります。

自律神経が
心身の結びつきによって
誤作動を起こさなくなります。





さらには霊的作用も強いので、

これまで何千年も溜めてきたような
重いエネルギーの古い想念への変容も促されます。

いま、この瞬間の、
自分の素のパワーへと結ばれるので、

体感的にも、ふわっと軽くなり、
気持ちも元気になるのです。

大麻セラピーを暮らしに取り入れることで、
この循環が巡ります。

何千年レベルでの祓い清めを
自分と繋がることをを通しておこなえるのです。


同時に、大麻の概念を、
より深く深く知っていただくことで、

いまのこの来たるべき時代に
必要な活かし方へとつないでください。

地球の浄化、土地空間への浄化です。

この浄化を実行するために必要なのは、
まず先に、私たち人間が浄化されること。

自分の浄化を進めようとしていないと、
地球の浄化へとはつながりません。





外への平和と祈りを向ける前に、

私自身と、
さらに私たち人類の、

想念と心身を祓うことを心に留め、
大麻セラピーを実践して欲しいのです。

そして速やかに、
地球へと働きかけることが必要です。

私たち人類が不健康になり、、
淘汰されてしまう道を守るための
切り札が、大麻です。

 
自分を繋ぐ、という目的で、
大麻を活用していく人が必要です。

 
1人ひとりが、
ほんのちょっとの変化を続けていくことです。

その力を自分と、
そして、まわりの人へと結べたなら、

深い傷みや悲しみも
同時に癒されてゆく方向に進んでいきます。


すべては、ある。
全体が自分の内がわに、ある。


祓い清めを通して、
自分自身と結ばれたなら、

心も身体も魂も
祓い清め、結ばれたなら、、

私の内がわのしあわせが
外がわの世界へとひろがってゆきます。


大麻セラピーから始まる循環で、

自分が自分自身であり、
同時に全体へと融和しているという実感、

部分と全体、ミクロとマクロを繋ぐ
環境を創ります。


大麻セラピーは、
とてもパワフルな手法です。

新しい循環を
ともに繋いでいきませんか?





大麻セラピーを暮らしの中に取り入れ、
祓い清めを習慣にしてこそ、

大麻セラピーの本領が発揮されます。


本当の自分らしさに向けて、
自分自身の「繋ぎなほし」が必要です。

1度ではなく、何度でも、
繋ぎなほす必要があるのです。

それが、進化するということ。


自分の心と身体と魂の声を聴き
自分自身への微調整を繰り返す機会として、

大麻を活用してください。


詳細とお申込みはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



高校1年生から依頼を受けまして(^ε^)♪

あっという間に読書感想文が書けちゃう
ワークショップを開催します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 : 8月23日(火)10:00〜13:00
場所 : 仙台駅周辺
(お申込みの方にお知らせします)
参加費 : 高校生以下無料、大人2,000円
定員 : 6名
お申込み :
PC・スマホの方
携帯の方
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


<こんな方に来て欲しい!>

・読書感想文の宿題が終わってない人
・読書感想文が苦手な人
・伝える力をはぐくみたい人
・新しい本の読み方を体験したい人



<こんなものをお持ち帰りいただけます>

・その本をもっと読み深めたくなる
・自分の言葉で伝えることが楽しくなる
・読書感想文の苦手意識がなくなる
・読書が好きになる、興味が持てるようになる



本を読む時間は5〜10分位で、
本当にあっという間に書けちゃうんだよ。

ラクしてるとか怠けてるとかではなく、
あっという間に書けちゃうってことは、
集中して夢中になることができてるってことです。


ぜひ、大人の方も体験してみてください♪

自分らしく伝えること、
自分の言葉で伝えることについての
コツも、得ていただけます。


本は読んで来なくてもOKですし、
何回も読んだことのある本でもOKです。


この日この瞬間の新鮮な風を感じながら、
自分らしく表現することを楽しみましょう(^_^)/





「もう学校始まってるよ〜」

「仙台まで行けないよ〜」


という声が聞こえてきます。笑。
そんな、あなたに!!

こちらの動画をご覧ください。


「伝えること」の教え方
作文ではぐくむ「伝える力」がテーマです。

 
作家の小暮太一さんが、
学校に作文の書き方を教えに行ってる活動の紹介です。

子どもの頃、読書感想文を書こうとして、
3日間、白紙の原稿用紙とにらめっこしてたそうw
(ここから違うと私は思ったけどな。笑。)

 
作家になってから、書けない理由を考えはじめ、
これかな?ってのを見つけて教えてみたら、
子どもたちがみるみる書けるようになったんだって〜♪

読書感想文を上手に書かせたいと思ってる人とか、
文章を上手に書かなきゃ!と思ってる人は、
 
「言葉を引き出す問いかけ」を教えてくれてるので、
ぜひ見てみてくださいね。

私の発動源も、すべてコレですわ ( ̄ー ̄)


そして、その問いかけとともに、

答えに間違いはないよー
答えは何でもいいからねー

と、ずーーーーっと叫んでるんだって。
 
私が、私たちがしている「場づくり」と一緒♡


もう何年も当たり前にやってきてることだけど、
これはあたり前じゃないんだなぁってことを、実感!

初心に還る、よい機会でした ♪( ´θ`)ノ
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)