中学生の勉強法と親の心得 ~塾長直伝! 高校受験対策と反抗期の対応法~

勉強の「困った」を解決する、小中学生とその親のための教育相談サイト。
公立小中学校からの高校進学を目指す人へ、高校受験の正しい勉強法、家庭学習や独学の方法、
親の心得や役割、反抗期の中学生の接し方や指導法、岐阜県の入試情報や塾の選び方などを紹介。

~楠木塾へようこそ~


塾ならば生徒の成績は上げて当然です。

しかし、成績アップや受験だけが教育ではありません。


いつの時代も親の願いは「子供の幸せ」ですよね。

そして心豊かに育った生徒は、家族や周囲の人々を幸せにします。

そんなふうになれば、教える先生たちも幸せを感じます。


生徒、親、家族、周りの人々、指導者・・・

関わる全ての人が一緒に幸せになれる教育の形を目指します。




【 楠木塾 無料メール会員 】
  「メール会員のご案内」

 一般公開しづらい濃い内容などを定期的にお届けします。

 メールセミナーなど各種無料特典も満載です。

 ~無料メールセミナーの例~

  ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
  ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
      ~中学生の親ができること、やるべきこと~

   ※配信セミナーは時期により異なります。


テーマ:
過去記事を整理中です。

「先々週の国語の授業で 公立高校の過去問を解いたそうですが・・・」

「是非母子手帳の最後に載せて頂きたいです」

「子供にやる気があるので助かります」


「子供のやる気を引き出す言い方は?」 (正会員向け)



----------------------------

前回更新したもの

「英語は暗記科目?それとも数学に似ていて理系的?」

「長いだけでなく内容もとても濃かったです」

「受験まであと数ヶ月、塾を変えるべきかどうか?」 (正会員向け)

「親ができる、やる気を引き出す関わり」



◆ ご利用方法 ◆
【 メールで学ぶ 】
 「楠木塾 メール会員のご案内」
  メールセミナーや教育相談など各種無料特典が満載です。
  匿名でお気軽にご利用くださいませ。

 ~無料メールセミナーの例~
   ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
   ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
   ※配信セミナーは時期により異なります。


【 ブログで学ぶ 】
 「ブログの歩き方」
  重要記事を手軽に学べるブログ内ツアーや、
  過去の人気記事ランキングをご用意しています。
  疑問の点は、よくあるご質問をご覧くださいませ。


【 楠木塾 正会員 】

  上記は全て無料でご利用いただけます。
  公開に適さない内容については、
  「楠木塾 正会員」にてお届けしています。



いいね!(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
匿名様から、お寄せいただいたメッセージのご紹介です。
いつもお読みいただきまして、誠にありがとうございます。



家庭学習について、サポートは非常に重要ですよね。まだまだ日本ではサポート・コーチなどの評価が低い様に感じます。顧問・先生の立場が強すぎて、実際に動けない人の方が多い気がします。

命令型で動かせる組織であればそれでも良いと思いますが、教育の様なものはどちらかというとサポート型の方が効率的だと思うのです。しかし今の日本は権威主義の様な気がしてこの様な話をしてもなかなか受け入れてもらえない様な気がします。

まだまだ私自身の技量不足なのはわかっているのですが、あまりにも要求技量が高すぎて、身につく頃には次の技術が出来ていて。

どうしたら良いのでしょうね??



 しばらく前にメールマガジンでお届けした「0からはじめる家庭教育入門 ~正しい成績の伸ばし方~」の「第5章 家庭でサポートする際の心得」に絡んでお寄せいただいたご感想ですね。おそらくは指導者の方だと思いますが、誠にありがとうございます。

 教育においては、従来の教師型も、最近出てきたサポート型も、両方ともが有効だと思います。
 必ずでは無いですが、実際の指導の場面でも、優秀な生徒ほどサポート型が有効になりやすいのに対し、苦手な生徒ほど教師型が有効になりやすいですよね。そういう意味では、プロである我々は、両方ともを身につけて、必要に応じて必要なほうを取り出して使いこなす柔軟さが求められると思います。
 さらに言うと、これは割合の話であって、選択の話では無いですよね。サポート型で教えていても、ある瞬間では教師型の関わりが必須ですし、逆に教師型で教えていても、そこかしのこの段階でサポート型を挟み込んでいくことが欠かせません。ある生徒には9:1となるのが、別の生徒には2:8となることもありますし、同じ生徒でも元は1:9だったのが、しばらく後に3:7になるようなこともあります。

 そういったことも踏まえると、プロの立場からすれば、両方を身につけるのは当たり前で、それを自由にどちらでも使いこなせるようにした上で、さらに目の前の生徒に応じて適切な割合で運用するという、もう1段、2段上のレベルが求められると言えるでしょう。
 そういう意味では、最近多い「**コーチ」「**サポーター」「**カウンセラー」のような名前で活動している人たちには、少々物足りなさと言いますか、不十分さを感じます。(ただし、マーケティングの都合で、売り手に分かりやすく名付けることの意義もあるため、建前と本音のようにあえて使い分けているような人は別だと思ってください)
 本当に意味のある教育をしたければ、コーチだけでも教師だけでも足りないわけで、そういった肩書で自分の行為を縛る必要はありませんよね。それに、もしも本当にその1つの手法「だけ」で何とかなると思っているなら、やはりプロとしては探究心や向上心が足りないと感じますし、実際にそういう人がまだまだとても多いように感じています。事実、ブログなどを見ていても、こういう肩書の人が急激に増えていますが、それだけなるのが簡単だということの裏返しです。(自称するのも自由ですし、普通の一般人が勝手に作った民間資格を受ければ、肩書だけならいくらでも手に入りますしね)
 そういう意味では、「サポート役が教師役より立場が低い」のは問題ですが、「サポートやコーチと呼ばれる人の立場が低い」のは、実力が伴っていない以上、しかたのない部分もあると思います。(繰り返しですが、ちゃんと実力や素養があった上で、集客上の理由であえて絞って表示している人は除きます)

 しかし、おっしゃるとおり、ここまでくると要求技量が高くなりすぎて、全ての先生に望むのは無理があるという話になってきます。また同じくおっしゃるとおり、こういった技術は次から次へと新しいものが出てくるため、いくら身につけてもキリがありません。
 ただ一方で、次々と出てくる新しいものを見ていても、本質的には「変わらないな」と感じることが多いのも事実です。変わらないとは、別物とされている2つの新しい手法を比べてみても変わらないというのもありますし、1つ前のものと新しいものとが変わらないというのもあれば、ずっとはるか昔から存在する古典的な方法とも変わらないというのもあります。
 結局のところ、本質とも言える普遍的な部分を掴んで、自分に合った形で身につけ、生徒にあった形で運用させるという、基本でもあり極意とも言える部分が、備わっているかどうかが問われているのかもしれませんね。(そして、まさにそれは取りも直さず、生徒たちにつけてあげたい生きる力の1つでもあります)

 あとは、現実的な落とし所として、教師役とサポーター役のそれぞれで専門性を磨いた上で、その2人なり、間をつなぐソーシャルワーカー役の人を含めた3人なりでチームを組んで問題にあたっていくといったところでしょうか。
 ちなみに、国が考えているのもこれに近いものですが、従来の数倍の専門家が必要になって、結局は人材が足りないという同じ問題に至りやすいのと共に、人件費がかさむぶん教育財源が全く追いつかないという別の難点も出てきます。
 また、優れた2人(3人)が集まれば理想的ですが、そこそこの2人(3人)だと意思疎通などでマイナスが生じて、両方をこなせるプロが1人いたほうがはるかにうまくいくようなことも普通に起こります。

 とりあえず、個人としては「実践がうまくいっている人に教わる」という発想も大切にしたほうが良いと思います。なぜなら、実践がうまくいっている人は、細かい技術や理論を学ぶ学ばないに関係なく、教師型とサポーター型の両方を上手に使いこなしている人だからですね。
 ただし、それだけだと猿真似で終わったり、自分に合わなかったりもありますから、同時に「いろいろな技術や理論を学ぶ」という発想もバランス良く大切にしていきたいですね。そうやって、最終的には自分の中に深く落とし込んだ、自分にしかできないものを作り上げていくことが、本物のプロとして生きていくことにもつながると思います。

 何やらやたらと長くなってしまいましたね。説教臭い部分は読み飛ばしていただきつつ(笑)、参考になるところだけ参考にしていただければ幸いです。



◆ ご利用方法 ◆
【 メールで学ぶ 】
 「楠木塾 メール会員のご案内」
  メールセミナーや教育相談など各種無料特典が満載です。
  匿名でお気軽にご利用くださいませ。

 ~無料メールセミナーの例~
   ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
   ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
   ※配信セミナーは時期により異なります。


【 ブログで学ぶ 】
 「ブログの歩き方」
  重要記事を手軽に学べるブログ内ツアーや、
  過去の人気記事ランキングをご用意しています。
  疑問の点は、よくあるご質問をご覧くださいませ。



いいね!(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
匿名様から、メールセミナー「反抗期の対応法」のご感想をお寄せいただきました。
大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。



小5、小1の母です。
まだ子供たちには反抗期はやってきておりませんが、反抗期が少しでも軽くなるようにと、予習のつもりで拝読しておしました。
本当にためになるセミナーでした。まず、自分から変わらなくてはならないですね。
実は、私が中1から高3まで反抗期がひどくて、父とは口をききませんでした。
セミナーを読んで納得しましたが、父は口も手も出る人でした。殴られた時のいやな気持は今でも鮮明に覚えています。
そんないやな体験はさせたくないと、色々勉強中です。
一方、主人は全く反抗期がなく、のびのび育ち、慶応卒です。
反抗期と成績が比例しているような気がしてなりません。もちろん、持って生まれた能力や努力も必要かもしれませんが。

子どもに自立させることの大切さを改めて感じました。
本当にありがとうございました。
今後もメルマガ購読を続けさせていただきます。
何か問題が発生した時は、ご相談させて下さい。
よろしくお願いいたします。



 反抗期に備えての予習とは素晴らしいですね。また、ためになるとのお言葉もいただき、誠にありがとうございます。
 実際に反抗期が来て、状況が悪化してから対処するよりも、そうならないように対処するほうがはるかに楽なのは間違いありません。もちろん、事前に準備すれば必ずうまく対処できるとも言い切れないもので、そういったあたりはまさに教育や子育ての奥深いところでもあります。

 親御さん自身の体験を振り返ってみても、反抗期の表れ方は本当に大きく異なるものですよね。大きくパターン分けはできなくも無いですが、全く同じことはあり得ないですから、結局はそれぞれの子供に応じた対応をすることで、それぞれの子供に応じた成長を促し、支援し、見守っていくしかありません。
 そして、今回もそうだったように、ご夫婦の間でも、過ごした家庭環境は大きく異なりますし、そこから得られる成功体験(失敗体験)も大きく異なります。それがまた、夫婦間の価値観や方針の違いを生み出し、子育てを難しくさせる要因の1つと言えそうです。

 反抗期と成績が比例しているというのは、当たっている部分もあると思いますよ。
 細かく言えば、反抗期がひどくて勉強に集中できない場合もありますし、反抗期が軽いから周囲の大人の言葉に素直に耳を傾けることができて成績が良くなる場合もあります。反対に、成績が良いから親が何も言わずに済んで反抗期も軽くて済む場合もありますし、勉強に限らず本当の意味で頭が良いから親と衝突しない立ち回りができると同時に成績も良い場合もあります。
 また、反抗期そのものとの相関関係以外にも、反抗期を生み出しにくい関わりのできる親御さんの性質や力量が成績を伸ばし、反抗期を大きくしやすい関わり方が勉強のやる気を失わせてしまう側面もあります。さらに、持って生まれた能力や才能もあるでしょうが、どんな才能も磨かなければ光らないわけで、後天的な努力を促させる家庭環境かどうかも大きく影響してきます。
 結局は「遺伝、家庭環境、周囲の支援、本人の努力・・・など、いろいろなことが関連している」という、当たり前の結論しか出てきませんが(笑)、そうした条件を少しでも多く揃えていくことが、成功の確率を高めていくことなのかもしれませんね。

 問題は無いほうが良いことですが(笑)、何かの際には教育相談などをお気軽にご利用くださいませ。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。



◆ ご利用方法 ◆
【 メールで学ぶ 】
 「楠木塾 メール会員のご案内」
  メールセミナーや教育相談など各種無料特典が満載です。
  匿名でお気軽にご利用くださいませ。

 ~無料メールセミナーの例~
   ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
   ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
   ※配信セミナーは時期により異なります。


【 ブログで学ぶ 】
 「ブログの歩き方」
  重要記事を手軽に学べるブログ内ツアーや、
  過去の人気記事ランキングをご用意しています。
  疑問の点は、よくあるご質問をご覧くださいませ。



いいね!(12)  |  リブログ(0)