Art and Landscape

Seeking New Paradigm of Landscape Design as an Art Form


テーマ:
Exploration of Socio-Technical Boundaries: From 11th Venezia Architecture Biennale

これは思わず「おおーーーーっ」と声を上げずにはいられないような、文字通り度肝を抜かれた展示である。特にベネズエラ館での展示だったので、最初入ったときは「ベネズエラにこんなテクノロジーがあったとは!」と仰天したのだが、実はベネズエラ館を借りてのスイスの建築家グループのエクシビションであった。

この展示も、Architecture Beyond Buildingという全体テーマに対するひとつの明快なヴィジョンを提示している:

Architecture is an inherent part of every society. It is an indicator of political, economic, technological and cultural conditions, as with as their change. The sphere of functin and the professional image of the architect undergo regular reintrpretations in rhythm with these transformations of context, as is currently manifest in very different places.


Art and Landscape

Art and Landscape

Art and Landscape

Art and Landscape



人間の手で積むなら、すごい職人芸なわけだが実はプログラムをインプットされたロボットがどんどんブリックを積んでいく。職人だったら何年も何十年もかかるような芸当をテクノロジーがやってのけているわけである。この映像では、プログラムを組み込まれたロボットが高度な技術を要する仕事をしていて、人間が接着剤を塗るという単純作業をやらされているということがまた面白く、アイロニカルである。

Art and Landscape

今もって謎なのだが、このブリックワークはモルタルで固めてるわけでもなく、映像で見ても強力接着剤?みたいなもので2箇所くらいとめてるだけなのである。この強度はいかほどのものなのか、パブリックスペースで使えるのか!?など色々気になってしまった。
因みにブリックワーク(レンガ積み)はイギリスのお家芸で、彼らは何でもかんでもブリックワークに頼りたがるが、こういうイノベイティヴなものは英国では殆ど見かけない。


以下は同様のテクノロジーを用いた他のマテリアルによる展示である。(映像のみ)
Art and Landscape

Art and Landscape

レンガという数千年も前から使われている古い建築材料を用いて、アート、デザイン、リサーチ、テクノロジーのクロス・バウンダリーによりこのような作品が生み出されることは驚きのあまりであり、そのトランスフォーメンションの可能性は他のマテリアルへの応用を見る限り無限大であるといわざるを得ない。

館内では上に掲載したビデオクリップのような、製造過程の映像が紹介されており、私はここで数時間をあっけにとられて過ごし、貴重なデジタルカメラのバッテリーの殆どを消費してしまった。(笑) 「リインタープリテーション・アンド・トランスフォーメーション」の知的生産技術こそが明日をつくりかえていくという、ひとつの例を見せつけられた嬉しい瞬間であった。


================

Exhibition Title: Explorations Teaching, Design, Research
Exhibition Venue: Venezela Pavilion
Commissioner: Urs Staub
Curator: Reto Geiser
Exhibitor: Laboratoire dela production d'architecture(LAPA)
Ecole Poly technique Federale deLausanne(EPFL)
Harry Gugger
Aterlier de ;a conception de L'espace(ALICE) etc.



Copyright: Studio Lasso www.studiolasso.co.uk

にほんブログ村 デザインブ<br />ログへ

にほんブログ村 美術ブログ 建築家(芸術家)へ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード