studioHolic blog

studioHolicの情報をお届けします。


テーマ:


こんにちは。studioHolicのスタッフです。
今回はプロジェクター撮影に挑戦してみました。
簡単にレポートをまとめたので、当スタジオでのプロジェクター撮影に興味のある方是非読んでみて下さい。
モデルは木野日和さんです。お手伝いありがとうございます!


◆スタジオのプロジェクターについて


吊り下げ式で固定されているため、設置場所を変えることはできません。
スクリーンサイズ:170インチ(W3763×H2117mm)
1920×1080lpixeで画像をお持ちいただければ、フルスクリーンで表示されます。(持ち込みデータの詳しい仕様については最後にまとめてあります)
外の光が入らない黒ホリなのでお部屋を真っ暗にすることができます!画像の種類にも寄りますが、結構鮮やかに投影される印象でした。

◆スクリーンから離れて撮影

モデルさんにはプロジェクターの光が入らない位置に立ってもらいました。
スクリーンまでの距離は3~4Mほどです。

メリット
・影が落ちないのでリアリティが増します。
・ライティングがとても楽でした!
 ある程度は後ろの絵のことを考えず気楽にライティングできました。

デメリット
・立ち位置が限られます。
 プロジェクターの光がかぶらない場所に立たないといけません。
・カメラを引く距離が限られてきます。

こんな感じで撮れます!



◆スクリーンのそばで撮影

モデルさんには好きな位置に立ってもらいました。
今回の撮影ではスクリーンまでの距離20~30センチほどです。

メリット
・1つ目のやり方よりも自由に動けます。
・影や人物に被って投影される画をあえて利用すると、面白い写真が撮れることも!

デメリット
・ライティングが難しかったです。モデルさんだけを明るく照らすのが大変・・・
・どうしても人物に画像が被ってしまいます。

こんな感じでした。影の存在感が良い感じです。



以上とっても簡単なレポートでした。

プロジェクター撮影をする際は以下の仕様でデータ作成をお願いします。
スタジオでは画像編集はできませんのでお気をつけください。
-----------------------------------------------
画像サイズ:1920×1080pixel
モード:RGB(CMYKは読み込めません)
ファイル形式:JPG
記録メディア:USBメモリ(フラッシュメモリ)

ムービー再生の場合
対応ディスク:Blu-rayDisc、Blu-ray3D、DVD
-----------------------------------------------
プロジェクターから投影するとPCモニターで見るよりも色味が薄く感じたので、少し色を濃い目しておくと撮影しやすいと思います。

studioHolicのプロジェクターは無料でご利用いただけます!お気軽にどうぞ。


・スクリーンから離れて撮影






・スクリーンのそばで撮影




秋葉原のフォトスタジオstudioHolic
バナー01

AD
 |  リブログ(0)

studioholicさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。