Studio E9thのブログ

Welcome to Pedal Steel Guitar World Studio E9th


テーマ:

残念です。

これでウイリー・ネルソンだけかな~~

たくさんの良い曲をありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。





CNN) カントリー音楽の伝説的な歌手であるマール・ハガードさんが6日、肺炎による合併症のため死去した。79歳だった。「Okie from Muskogee」や「Fightin’ Side of Me」といったヒット曲で労働者階級や社会の異端者を代弁する存在になった。

代理人がCNNに明らかにしたところによると、ハガードさんは自身の誕生日である6日、北カリフォルニアの自宅で死去した。

ハガードさんは60年に及ぶキャリアの中で30回以上、全米ナンバーワンヒットを記録した。若い頃は軽犯罪に手を染め収監もされたが、これを克服。武骨な異端者のイメージを打ち出し、レコード数百万枚の売り上げにつなげた。

カントリー音楽業界内外から、ハガードさんの死を惜しむ声が次々に寄せられた。

ハガードさんはカントリーソングに描かれた人生を歌うだけでなく、実際にこれを体現した生き方をしていた。子どものころに父を亡くし、家出をしたほか、後には刑務所で服役。酒を飲みパーティーに繰り出した。5回の結婚も経験している。

歌のタイトルは「I am a Lonesome Fugitive」「Sing Me Back Home」など素朴で表現力に富んでいる。こうした曲を情感を込めて歌い上げた。

ハガードさんは近年、高齢にもかかわらず精力的にツアーをこなしていたが、4月に体調不良のため一連のコンサートを中止。死が近いとの見通しを家族に明かしていた。

いいね!した人  |  リブログ(0)