著者のデービッド・アトキンソン氏は、小西美術工藝社代表取締役社長。元ゴールドマン・サックスアナリスト。裏千家茶名「宗真」拝受されているそうです。 
元々、日本の金融業界で働いていたとき、日本の社会に幻滅していた。
しかし気分転換になれば、くらいの軽い気持ちではじめた茶道でしたが、裏千家の先生について稽古を重ねるうち、みるみるうちに茶道の奥深さに引きずり込まれた。
京都・二条に町屋を購入し、茶室をつくるほどのめり込んだそうです。
その茶室仲間の関係で、小西鼻汁t工藝社という、日本の文化財を修復する会社の社長に就かれたそうです。

日本人のいい点、悪い点について、感じたことが、色々と述べられています。
「欧米の労働者というのは、自分自身で力を調整しながら賢く働きます。
しかし、日本の労働者は会社の制度によって、本当に命懸けで働きます。
これは外国人には決して真似のできない日本の「強さ」です。 」

確かにドイツでは、それぞれが長期休暇をとることが前提なので、システム化できるところはどんどんシステム化し、個人の力量に委ねられないように日ごろから心がけている気がします。
一方、弊社では、結構、人に技術がついて回っている部分が散見されるような。

「日本の会議の中身のなさに驚く会議の長さの理由の一つは、厳しく言えば、その会議の中身のなさにあるのではないかと思います。」
これは、近年、改善されてきているような気がします。
関連書籍も多数ありますし。

「日本は本当に「おもてなし」が得意なのか 
ヨーロッパでは、それなりのお店では、「閉店時間」というものはありません。
客が朝まで居座ったとしても、店としてはなかなか文句が言えないのです。
ですから、「他になにか注文はありませんか」などと遠回しに言いますが、
ストレートに「もう閉める時間だから帰ってくれませんか」という対応には戸惑いを感じるのです。」

うーん。これは、逆にヨーロッパの方が閉店時間早々に、閉店作業を始めてた気がしますが。
あまり、閉店時間までいなかったからよくわかりませんが、閉店時間の数分後に行っても、既に閉店してた気がします。
 
「「観光立国」日本が真の経済復活を果たす」

要は、古い文化財はたくさんあるけど、その文化財がきちんと修復されていないし、その文化財を使って外国人観光客を呼び込もうとする努力が足りないのでは?
という主張です。

「楽しみにしていた「モン・サン・ミシェル」(フランス)の壁がボロボロで、いたるところが崩れていたらガッカリするのではないでしょうか。」

確かに、ヨーロッパの有名な観光地の中では、「モン・サン・ミッシェル」の中はボロかったですね。
エジプトの博物館で地震が起きて、中の遺産が壊れたなんて話がありましたが、エジプトの博物館の方が、よっぽど、見るものがありました。

日本の文化財は、この「モン・サン・ミッシェル」と同様で、外国人が見ても、修復が必要な古い建物で、著者に言わせれば、中に花器とかもろくに無く、文化財の箱を冷凍保存しているだけだとのこと。
ま、未だに、現役でちゃんと機能している寺社仏閣もたくさんあると思いますが、そうでないものもたくさんあるとのことです。

「観光業というのは世界ではGDPに対して九パーセントの貢献というのが一般的なところ、日本はいまだに二パーセントしかありません。」

よくある、フランスは外国からの観光旅行者が八千万人で、日本は二、三千万人という話もありますが、外国といっても、ヨーロッパ域内なら、飛行機で一時間くらいで行ける場所と、近い外国でも四時間くらいかかる日本では、ちょっと条件が違う気がします。
が、確かに、今のレベルの文化財の保護も問題だし、もっと、観光のために、色々なイベントを行うなど、有効活用の余地はあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

AD

この本も、何がキッカケで買ったか思い出せない。
著者の冨田和成さんは、フィンテック企業を設立された方。本書が処女作のようです。
ざっくりと年収二千万円未満の方を「一般人」、年収二千万円以上で資産が一億円未満の方を「小金持ち」、
資産一億円以上の型を「大富豪」と、この本の中では扱ってます。
ただ、この表現は、本人の意思ではなく、編集者の意向とも書かれてありました。

まずは、「株式会社じぶん」の設立が大富豪への道の第一歩ということで、
自分の資産の貸借対照表と損益計算書を作ってみようとあります。
貸借対照表といっても、借金がなければ、資産を書いていくだけですが。
 
面白かったのは、
「一方で大富豪の考え方は2次方程式(y=ax^2+bx+c)に近いと思います。
投資の効果が加速度的に伸びる分野を見抜き、そこを集中して伸ばす。
その結果、同じ投資額でもより大きな効果を得られるというわけです。 」

他の本にもありましたが、自分で動いて稼ぐのは限界があるので、儲かる仕組みを作ることが大切。
自分が寝てても資産が増えるように頭を使わなければなりません。
自分が動かないと稼げないのであれば、一日二四時間分しか稼げないということなので、線形。
人を雇ったり、システムで稼ぐようになれば、その人を増やしたりして、二次方程式的に資産が増えていくということです。

実は、この本は若い方を対象にしているらしく、若いうちは「自己投資」をするのが、その二次方程式的に収入を増やす方法と言ってます。
ただ、小金持ちは、なんでもかんでも資格をとることが目的になってしまうなんて、文章もありました。

「自己投資するなら何か」という質問に、著者は次の4つの分野を挙げます。
・コミュニケーションスキル
・ファイナンスの知識
・PDCA力
・英語 

やはり、英語は入りますか。
ただ、大富豪は、英語を勉強すくらいなら通訳を使って、英語を勉強する時間も、資産を増やすことに費やすという考え方だとも書かれてありました。

 

 

 

 

AD

ORATORIO Vol.90

テーマ:

ORATORIO vol.90を発行しました。

ブログにはアップしてませんでしたが、一応、ちまちまと発行してました。
今回は66ページ。まだまだ薄いですが、これから少しずつ、盛りだくさんの会誌にしていきたいと思います。


今回のラインアップは、以下の通りです。

表紙 夢待月夜
夜の詩篇30 夜の帽子 天野清二
イラスト 夢待月夜
他人に見せさえしなけりゃね 岡田佳子
イラスト 夢待月夜
大阪・奈良の旅 とみ・あい
根木名 二 むかい憧
ほら、十色 (皆さんの感想集)
ティア通信 Vol.142
会費納入状況
目次・編集後記


AD

China2049

テーマ:

作者のマイケル・ピルズベリー氏は、アメリカのスパイみたいなもので、
CIAのエクセプショナル・パフォーマンス賞を受賞したらしいです。
元々「パンダハガー(親中派)」のひとりだったらしく、この「パンダハガー」は、ちょっと、キーワードかも。

中華人民共和国の1949年から100年間で世界の派遣を取るという話。
フィクションじゃないですよ。
ま、最近の中国の動きを見ていると、フィクションとは思えないですが。

この本は、今年の9月に出版されたようですが、日経ビジネスでも、この計画は公知であるかのように記事の中に載ってました。

さて、内容ですが、兵法36計もそうですが、そもそも、中国の戦略は三国志から学んでいることが多いとのこと。
特に、レッドクリフ(の映画は見てませんが)の元となった赤壁の戦いのように、まず、情報操作で相手の大船団を繋いで動けなくし、火をつけて一気に燃やしてしまうように、いかに、自陣にダメージを与えずに相手に勝つかというところに頭を使うのが、痛快らしい。

その2049の目標のために、先進国から技術供与を受け、特許侵害し、WTOに加盟しているのに、自国市場はロクに開放しないということが書かれています。

ただ、アメリカには全く策略がなく、世界平和を望んでいるような記載は、やはり、これもプロパガンダかと思いました。
出版されて二か月なのに、Kindleで読めるようになってたりするし。

アメリカと武力衝突があった場合でも、ネットワーク関係を破壊することで、中国が有利になるようなことも書かれてありました。
通信衛星を破壊する方法とか、サイバーテロの方法とか。
私は、この辺、全然知らないので納得しましたが、実際は、そんな簡単にはいかないと思います。
そもそも、この本は、刊行前に、FBIとかの検閲を受けているらしい。

これも、アメリカ側の策略が入っているのだと思いますが、中国にしてもアメリカにしても、自国の繁栄のために、国際的に、色んな情報操作をしているのに、日本はそういうことをしてないので、うらやましいと思いました。


China 2049/日経BP社
¥2,160
Amazon.co.jp

J wave live 2015

テーマ:
昨年に続き、今年もJ wavww liveに行ってきました。
J wave liveは、毎年、夏に国立代々木体育館で行われるコンサートで、一日、5~6組のアーティストが出演するライブです。

昨年はスキマスイッチ目当てで、槇原敬之も出演ということで観に行ってきました。
昨年の私が観に行った時の出演者は以下の通り。

加藤ミリヤ、ゴスペラース、スキマスイッチ
ナオト・インティライミ、槇原敬之、三浦大知

半分のアーティストの方は、知らなかったのですが、ナオト・インティライミにハマってしまい、その後、数回、コンサートに行って、今回は、ナオト目当てで、矢野顕子さんも出演ということで、観に行ってきました。

今回の出演者は、


ナオト・インティライミ、秦基博、ハナレグミ、星野源、矢野顕子、レキシ

でした。
私の印象としては、

ナオト・インティライミ:お目当て
秦基博:ドラえもんの歌の人
ハナレグミ:さっぱり知らない
星野源:NHKのLIFEに出てる人
矢野顕子:高二の時にアルバム「ごはんができたよ」を買って以来のファン。最近は、リセッシュとかコニャラの歌をCMで聞いて癒されてます。
レキシ:さっぱり知らない。

でしたが、盛り上がり具合を見てると、ナオトは勿論ですが、レキシも凄いんですね。
トリは秦基博さんでしたし。

演奏後のインタビューで、矢野顕子さんが
「私を初めて知った方も多かったんでしょうね。」
みたいなことを言ってて確かに、春咲小紅も1981年の曲なので、もう、30年以上も前の曲だから、私以上の世代じゃないと知らないんだなぁと思いました。

あと、昨年も書いたかもしれませんが、このコンサートのチケットは、文字が小さくて、老眼鏡が無いと、座席番号を読めません。

もうちょっと考えて欲しいぞ!>ファ●マ!!!!!

接待

テーマ:
先日の韓国出張では、入社以来、初めて会社の費用で接待しました。
接待費用は社内システムで精算申請をするのですが、当然、この申請も初めてのことなので、結構時間がかかりました。

中でも面倒だったのが、同席者の氏名を入れること。

韓国の文字はハングルですが、私の幼い頃は、ハングルと漢字が混在だったようですが、最近はすっかりハングルのみになったようです。

街並みの看板も、殆どがハングルのみでした。

現地の方に訊くと、今、50歳くらいの方々は、殆ど漢字を読めないとのこと。
逆に、最近の若い方あたりは、ハングルのみではいけないということで、漢字を読める方が増えているらしいです。

そういったこともあり、50代くらいより若い方の名刺には、英語表記がある場合もありますが、漢字の表記はなく、ハングルのみ。

今回、接待した相手の名前も入力しろとのことですが、「全角10文字以内」にしないとシステムがエラーするので、そのハングルをカタカナに変換するのに、疲れました。

ORATORIO Vol.85発行

テーマ:


ティア工房の会誌・ORATORIOの最新刊です。
ちゃんと、発行してます。

いつの間にやら85号です。



さて、これを機に、ホームページの方も改版しました。
http://www.geocities.jp/studio_tia/
ホームページの方は、5年くらい改版してませんでした。

会員さんも大募集中です。
創作マンガ・小説の執筆にご興味のある方は、是非、ご連絡ください。


筆談ホステス 67の愛言葉

テーマ:

何かの書評を見て、とりあえずネット通販でカートに入れてました。
なんか、カートに入れた時は、「話題の本」ちいうイメージだったのです。

先日、ちょっとした小物が欲しくなってオーダーした時に、カートに入ってた本を一気に買った中に入ってました。

みたら、この本、この方の二冊目の本だし、2009年9月が初版で、ちょっと古いし……と思いながら読み始めました。

ご存じの方も多いと思いますが、この方は耳が聞こえなくて、筆談で、お客様と会話をする銀座のホステスの方です。

その仕事の中で、お客様を励ますためのメモが、見開きの右ページに載っていて、左ページは、そのエピソードが載ってます。

さすがは、銀座のホステスで、色んな方の言葉をよくご存じで、うまく励ますことができたメモを載せていらっしゃいます。

昨日の本に引き続き、朝礼で使えるネタ集ではないでしょうか。
(別に、私は朝礼をしてないので、朝礼には苦労してませんが。)

ただ、大体の言葉は、迷っているお客様の背中を押してあげる名言が多いです。

その昔、「家」を売るCMは、家のいいトコロをアピールするより、購入を検討中の方にターゲットを絞り、その背中を押すのが狙いというのがありました。

他の方には、わからなくていいんです。

最近のダイワハウスのCMも、家とどう関係あるかわかりませんが、購入を検討中の方には、何か響くセリフが埋め込まれているのかもしれません。


ちゃんと分類してませんが、私がざっと読んだ感じでは、そうした、背中を押してあげる名言が多いように感じました。

その中で、私が「お」と思ったのは、

『努力する』か『諦める』か
どっちかしかないよ
人間に選べる道なんて
いつだってたいてい
この2つしかないんだよ

という、「ハチクロ」の言葉らしいです。
私は、「ハチクロ」というマンガの存在は知ってますが、どんな絵柄かもしりません。

最近は、マンガの名言も、多いですね。


やはり、銀座のホステスの方は、上品でいいなぁと思いました。

しかし、この本によると、励まされた方は、ほぼ、必ず、シャンパンを入れたみたいです。
お店に行ってみたい気もしますが、シャンパンなんて入れた日には、一晩で、ちょっとした海外旅行ができるくらいのお金が飛ぶでしょうね。


筆談ホステス 67の愛言葉 (青森一の不良娘が銀座の夜にはぐくんだ魔法の話術)/光文社
¥980
Amazon.co.jp

快楽亭ブラックさんの墓前祭

テーマ:

「美味しんぼ」に出てくる外国人落語家の快楽亭ブラックですが、横浜の外人墓地で快楽亭ブラックさんのお墓を見つけた時はびっくりしました。


その快楽亭ブラックさんの墓前祭「快楽忌」が今日(あ。昨日か)行われたみたいです。

 

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130919/kng13091922290008-n1.htm

 

ブラックさんは豪州生まれの英国人で、横浜で新聞を発行していたジャーナリストの父を追って6歳の時に母と来日し、横浜の外国人居留地で育ったらしい。

また、1876年に手品師として初舞台。寄席に出演しつつ、弁士や英語学校の講師も務め、91年頃から「快楽亭ブラック」を名乗り、「青い目の落語家」として人気を博したらしい。

私がお墓と思っていたのは、実は「石碑」で、1985年、ブラックさんの研究者らが建てたそうです。その年から、ブラックさんの命日に合わせて墓前祭が開催されているそうです。

 

ブラックさんの研究者の方々も高齢化しているらしく、この墓前祭の存続も危うそう。

年に一回のことなので、どなたか、参加してみれば?

 

でも、命日にキッチリ合わせて、平日に開催するところが、高齢の方々の集まりな気がしますね。