今日も元気にしてますか。


最近、「この話をしてもわかってもらえないことが多いんです。」


「''全体として'''トータルで''といったものの見方や、考え方ができる人が周りにいないんです。」


と言われることが続きました。


普段わかってもらえない分、話が通じる人に出会えると嬉しいですよね。 


ものの見方、価値観、考え方などの違いで、理解されないことはよくあります。


個人的なことでいえば、よく質問されるので先日書いたハチミツについての記事。


ハチミツは選ばないと、老化や病気の原因となります。


医学的にAGE(終末糖化産物)となることがわかっているのに、老化や病気の原因となるハチミツが大量に生産されて、大量に消費されています。


わかってもらえないというより、知られていない。

こういった食品は、実はたくさんあります。



トータルでとか、全体的に見れないと言えば、マニアックな例になりますが、肩が痛い、腰が痛いといったときに、症状を感じている部分だけにアプローチする。



1本だけズレてしまった歯を矯正するのに、その歯しか見ていといったこともそうです。


歯列矯正をするなら、口全体の状態、笑った時の歯の見え方、顔の輪郭、頬のたるみなど、全体を考慮してくれる先生がいる反面、歯がきれいに並べばいいといった所もあります。



病気や不調も「これだ」というものでなく、原因は複合的なことです。


心情、環境、体の状態、性格、といったものを含めて考えなければ原因がわからないですし、対処療法はできても根治は難しいかもしれません。



美容においても、正しいスキンケア、食事のしかた、睡眠や自律神経のこともある。



ダイエットだって、食事や運動だけじゃダメなこともあります。

体質を考えて、体質に合った食事のしかた、運動があるし、合っていなければ成果は出にくいので無駄にきつくなって、続けにくくなります。



体の痛みやその他の不調を改善するにも、きれいになるにも、痩せるにも、トータルで見るということはとても大切です。



トータルでものを見ることの見ることの大切さは、また別の機会にすることにして、「わかってもらえない」ということについて。


わかってくれる人が少ない、わかってもらえない。 


こういったことはよくあります。 

でも、わかってくれない人の環の中にいるだけで、その外にはわかる人がいるはずです。

その人の周りにいないというだけです。



ハチミツについては、わかってもらえないというより、知らない人が多いだけですし、
「こんなに色んなお店にたくさん売っているのに、危険なわけがない」と思っている人も多いでしょう。


きちんと説明ができれば、わかる人は多いものですが、興味がなければ一緒に盛り上がることはできないですね。


病気の原因、スキンケアやダイエットについても同じです。



でも、何を言ってもわからないという人は一定数います。 


あまり時事ネタを使いたくないのですが、セクハラで辞職した財務省の事務次官。

その周りにいる同じような感覚の人たちや、世間にいる同じような感覚の人たち。 


事件の真偽はわかりませんが、きっとなにがセクハラなのか、なにが悪いのかわかっていません。 


悪気があったわけじゃないんだからそんな風にとらなくても、言葉の遊びじゃないか、イケメンがいったらセクハラにならないんでしょ、くらいに思っています。


世間からバッシングを受けるなどして、なにかいけないことをしたと気づきますが、人を傷つけてしまったとか、気分を害させてしまったということより、自分の立場が危うくなる、評価が下がることに意識がいってしまいます。


傷つけた人の心情への「理解」も、やったことへの「反省」もしません。 

というより、できません。


極論のように聞こえるかもしれませんが、こういった人たちに多いのは、「年齢」「性別」「学歴」といったものや、「勤務先」「役職」「立場」といったもので人のことを見ていて、自分自身についても同じように考えていることが多いのです。 


例えば、
○○大学を出て、財務省に勤め、こういった役職で、こんな立場です。

それが「私」という人間です。 

といった感じです。


こういう人達は、リストラをされたり、リタイアしてすることがなくなると、色々な意味で大変です。


また、女性に対して、「美人」「好み」「痩せている」「太っている」「未婚」「既婚」「子供がいる」といった見方しかしないので、「美人なのに」「痩せた方がいいよ」「結婚はいつ?」「子供はまだ?」といったことを‟悪気なく”言います。 


以前なにかで読んだのですが、セクハラ発言をする人に「それを自分の娘が他の男性に言われていると考えたらどうですか」と聞いたら、男性は「別になんとも思わない」と答えました。


次に「では、あなたの上司の娘さんに同じことが言えますか」と聞くと表情が変わったそうです。


珍しく時事ネタで、セクハラに話が行き過ぎてしまいました。


言いたいのは、わからない人にわかってもらおうとするのは、エネルギーの無駄だということです。


わかる人、わかろうとする人にだけ、わかってもらえばいいんです。
 

海を見たことがない人に、海がどういうものか説明しても、言葉を理解するだけです。 

リンゴを食べたことがない人に、リンゴの味を伝えても、言葉を理解するだけです。 


実際に海を見なければ、その大きさも、潮風を受ける感覚も、潮のにおいもわかりません。 

リンゴを食べてみなければ、味も、香りも、食感もわかりません。 


人は変えられません。
親子であろうと、家族であろうと、夫婦であろうと、変えられません。

変わろうという意思がない人を、変えることはできません。

 

海を見に行こうとしなければ、リンゴを食べてみようとしなければ、経験も実感もできないように、わかろうとしない人はわかりません。


近しい間柄だと尚更悲しいことですが、しかたのないことです。

その人にはその人の生き方があります。


わかる人、わかろうとする人とだけ、共有しましょう。楽しみましょう。


わからない人にわからせようとするのは、エネルギーだけでなく、時間も無駄です。


その時間とエネルギーをやりたいことや、やって有意義なことへ回したらなにができますか。
 

自分自身をより豊かにすることへ時間もエネルギーも費やしたほうが、ずっと人生が輝きます。


自分を幸せにすることしてますか。   



via Eiko's Life
Your own website,
Ameba Ownd

人生の目的っていうと、大きな夢とか、命をかけてとか、情熱を傾けられるようなこととかを思い浮かべがち。 

というか、私がそうでした。 


周りの音も声も、なにも聞こえなくなって、食べることも、トイレに行くこともない。

子どもの頃、本を読んでいるとそんなことがよくありました。 


そんな風に打ち込めるものが、「人生の目的なんだ」と思っていたから、見つけるのにずいぶん時間がかかってしまいました。


でも、人生の目的はそんなに大きなものじゃなくてよかった。


 今私には「人生の目的」が4つあります。 

  • 大好きな本を読む読書の時間をたくさん持つ
  • 自分とは?人間とは何か?を探求する
  • 美しいものにたくさん触れる
  • 死ぬまで元気できれいでいる 


人の思考、歴史、人体、医療、宇宙、冒険。

好きな本を読むことで、たくさんの世界を知るワクワク。 

知識が増えることで、アイデアもたくさん生まれる。 

人の役に立てることだって増えていく。 


哲学、心理学(的なもの)、ヨガ、瞑想。

人間とは?自分て何だろう? 

子どもの頃すごく考えて、学校にあまり行かなかった1年間。

ずっと考えてみたけど、どんなに突き詰めてみてもわからない。

だから、「死んだらわかるか」と一旦あきらめました。

でも、ヨガに出会ってまた探求しはじめました。


今度は「うーん」って考えるのではなくて、楽しく自然に。


人生の目的がわからない。

そんな人生の迷子になっていた私が、自分に向き合える最高の技術に出会えたのはラッキーでした。


それから、食、雑貨、家具、ファッション、芸術、エンターテインメントなど。

自分の感性や美意識に合うものだけでいい。

魂が込められていると言ったらコワイけど、エネルギーのようなもの、作った人が手塩にかけたもの、そうやって作られたものが持つ高い波動のようなものに惹かれます。


こんなだから、プレゼントに困るって昔から言われのかもしれません。

でもこれは自分で選ぶときだけのことで、いただくものはなんでも喜びます。


そして健康でいたい。

かったるがることが多かった時期がありました。

だるいし、めんどくさいし、やる気がない。

そんなかったるい人になりたくない。

そんなときの自分はもういらない。

元気に、好きなことして、楽しんでいたい。


年相応にきれいでいたい。 

よぼよぼ歩きたくないし、猫背の老人になりたくない。

加齢臭がするのもイヤ。 

シワやたるみはあってもいい。

でも清潔感のある肌でいたい。


人がどうということではなく、自分がこうありたいという目標です。


健康でいることと、きれいでいることは同じだと思っています。


心身が健康であるために、やることをやって、それでも健康でなくなってしまったなら仕方ないと思えるけれど、自分をないがしろにした結果ならきっと後悔する。 


シワやたるみができてからとか、病気になってからどうにかしようとするよりも、予防する方がずっと簡単。 

心理的にも身体的にも、そして経済的にもはるかに痛手が少ない。 


こういった「人生の目的」に、普段の生活を全部つなげてみます。


例えば本を読んで学んだこと。 

それをアウトプットすると、自分の知識として定着します。知識が増えるのは単純に楽しい。


ヨガだったり、瞑想だったり、呼吸を整えることだったり、知らない場所へ行ったり、やったり、実践して、実感していること。


これもアウトプットすることで、知ったことや気づいたことを人と共有できる。 

こんなだったよ。こんな風にやるといいよ。 

そう伝えることができる。


実験が好きなので、実践して、実感したものを伝えるのが楽しい。


私の場合のアウトプットとは、レッスンや講座を開催する、ラジオで話す、ブログを書く、といったことです。


話しているうちに、アイデアが浮かぶことがあるし、頭の中が整理されたりもします。


なにも「世界を変えよう」とか「人生をかけて」なんて大きな目標じゃなくても、自分の好きなことを目的にして、やること全てをそれにつなげていったら「人生の目的」が見えて楽しくなりました。


そうか、これでいいんだって。


自分の目的に合っているか、合っていないかを考えると、 無駄な時間を使うことがなくなるし、行動に矛盾がなくなる。 


自分が決めた目的だから、「やらなきゃいけない」といった感覚ではなく、目的に沿っているから大変でも「やろう」ってなれます。 


やることが多すぎて時間がない。

仕事に行きたくない。

目的がわかっていると、こんな風に思うことがなくなります。 


いつも忙しい。自分の時間なんてない。 

もっと時間があったらいいのに。 

もっとお金があったら、色んな事ができるのに。 


こんな風に私たちは思ってしまいがち。

でも、忙しくて時間がないとか、仕事したくないとか思いながらやっていると、生産性が下がってしまいます。


あれもこれもできてないって気持ちになって、「あーできてない」「これもできない」と、焦りやジレンマが生まれて、さらに生産性が落ちて、どんどん時間がないと思い込んでしまいます。


時間はあります。

やりたいことや、やるべきことの中でも、本当にやりたいこと、本当にやるべきことだけに時間をつぎ込むと、時間術や仕事術を知らなくても、ちゃんと成果につながります。


私の人生の目的は、「好きなことをする」。 

そのためにすべきことだけをする。


なんて単純。 

なんともシンプル(笑)。 

シンプルイズベストって本当です。 

楽しいですよ。


あなたの「人生の目的」はなんですか?



via Eiko's Life
Your own website,
Ameba Ownd

運動は体が温まって、冷え性の改善にもいい。

 

ネットなどで冷え性について調べれば、冷えの原因は運動不足といった記事や、冷え性改善には運動をといった記事が溢れています。

 

{8B5A0B7D-6DD7-41C1-867E-DF0DA650FC44}

 

でも、運動をして冷える人がいるのです。

 

先日初めてヨガのクラスにいらした人から、

ヨガをした後、腰から下が冷えるんです

という質問をいただきました。

 

ヨガ以外でも、運動やエクササイズをすると冷えるという人がいます。

(ジョギングで手先が冷たくなるという場合は、ここに書くことと違う原因があります)

 

続きはこちら

見た目は筋肉質ですが、生まれつき骨が細くて、転んだだけで骨がバキボキ折れます。 

 

そのため、手首を含めてすでに右腕は6か所を骨折済みです。

 

といっても骨折したのは右腕だけで、転ぶだけで骨が折れたのは昔の話です(笑)

 

 

ブログの内容:

  • ヨガ以外で手首を痛める日常生活の中にある原因3つ
  • 腕の意外な使い方で手首を痛めなくなる

(この記事を読むのに必要な時間は約3分です。)

 

 

生まれついた骨の細さはどうにもなりませんが、適度な負荷をかけることで骨は強くなります。

 

ヨガが骨粗しょう症の予防になる理由の一つが、「骨への適度な負荷」です。

 

ということは、昨今よく聞くロコモティブシンドローム&寝たきり予防にもなりますね。

 

 

細い骨や手首、腕力がなくても、手や腕に負荷かかからない方法をレッスンで伝えたところ、

 

腕に負担がかからない!」

 

と驚かれたので、体重を逃がす腕の使い方を紹介します。

 

 

と、その前に☆

 

手首が痛い理由が、ヨガ以外かもしれません。

確認してみてください。

 

続きはこちら

 

ハチミツ業者の人が読んだら、ぶっ殺されちゃうかもしれない。

 

なんて、冗談です。

 

生徒さんたちから、蜂蜜についてときどき質問がありますが、記事に書いたことがありませんでした。

 

ということで、ハチミツは健康に良いという世の中の勘違いについて書きます。

 

続きはこちら

 

{D2B56CB2-4EC3-4BBC-BDE9-D710197A2C10}