2011年10月13日(木)

リレー小説【第二部】 第二話

テーマ:コラボ
これまでのお話

第一部プロローグ :聖マリアンヌスって!!!
第一話 :長げーよ!!
第二話 :東京では、なんかスンマセンでした
第三話 :ボヨヨン♪ボヨヨン♪
第四話 :ブログの指の写真でご飯三杯食べました
第五話 :お前、死んでしまえ!!!
第六話 :馬渡は静かに暮らしたい
七話 :pon!っと。 そして 伝説へ…
第二話プロローグ :リンクまつり開催中
第二部第二話 :カマキリハッキリこれっきり









ジャンゴ 「もたもたしてる暇なんかねぇんだろ?
       行くぞ・・・
       ボケての『ボ』!!!



温度差 「 ・ ・ ・、、( 一文字目から『ボ』って、、 ) ぼ、ボーイズ・ビー・・・ 」



ジャンゴ 「へいへいどうした!!」



温度差は焦っていた。
カリスマ職人の彼の投稿するボケはいつもカリスマ性に富んでいる。
カリスマクリスティなのだ。
カリ住まいのオンドッティなのだ。
YES!カリスクリニックなのだ。
言いたかっただけなのだ。
自身が持つカリスマ性が時に邪魔をし、ついつい東京もんみたいにシュッとしたボケになりがちになる。
今も札幌のシュッとしている代表、クラーク博士の言葉を文字れないかということに思考が真っ先に向いた。








一方その頃、職場のPCを前にクッタスも非常に焦っていた。
念のため断っておくが、この小説に登場する久田須ではなくクッタス、そう私だ。

おまえだったのか、全く気がつかなかったぞ。

・・・と、神様コントが突如始まってしまうくらいに焦っていた。


この小説をどう繋いだら正解なのか全くわからないことが焦る要因の一つだ。
しかし、また別の理由でも焦っているのである。

『今から書くことを読者が理解してくれるだろうか、
 金八先生ん時みたいに皆のリアクションが薄くなるんじゃないのか?
 そう、ただ一人手を叩いて喜んだあの野郎を除いて。』


いや、しかし書かざるを得まい。
これについて触れることが私の使命のように感じているのだから。


前話を思い出していただきたい。
どっさんとジャンゴ氏の会話だ。



ジャンゴ「回りくどいヤツだぜ・・・
     素直に、俺のタオル芸が見たいって言えよ!」


温度差「お前はへらちょんぺか!!!
    ボケ倒すのもいい加減にしやがれ、このスットコドッコイ!」



読者諸君はこのやりとりが理解できただろうか。
答えはおそらくNOであろう。
その証拠に誰もこの部分についてコメントしていないからである。
ババン子女史は生まれる前に放送していたカックラキンをウィキったのに、タオル芸についてはノーコメント。
ポリンキー氏はカックラキンの裏番組への思い入れを熱く語るも、へらちょんぺには全く触れず。
おそらくご両人とも 『はぁ???』 状態であったのだろうと容易に想像できる。

はっきり言おう。
誰が21世紀に入ってしばらく経った現在、へらちょんぺなる芸人を覚えているのだろうか!
しかも、ジャンゴ氏と温度差氏に語らせて両氏がまるでスベッたかのように錯覚してしまうではないか!
こんなやり方は卑劣以外の何物でもない。

私は、小説の途中であるがこの場を借りて前話の執筆者に一言物申したいのである!!
前話を読んでからというもの、頭の中でこの言葉が延々とリフレインするのだ。



・・・タオル芸が見たいって、
タオル芸、へらちょ・・・タオル芸が見たいっちょんぺ
へらちょん、、、へらちょんぺ、、
お前はへらちょんぺか!!!タオル…ヘラチョンペか

へらちょんぺ!!!!







でも、俺は好きだーーーー!!!

少なくとも俺は大好きだーーーー!!






・・・すみません。
声高にこれだけは言っておきたかったんです。

だって、おもろかったんだもん!
ここに書くために前話へコメントするのは我慢したんだもん!!

やい!ババン子さんの同僚の男の子!!
ピンポイントで釣られちゃったから、お返しにガッツリ触れちゃってるぞこの野郎!!
この際他の皆さんは無視して書くぞこの野郎!!
金八の記事ん時みたく一人だけ大喜びしやがれってんだこの野郎!!
結果、端っこで二人だけで盛り上がって変な空気が教室中に漂うぞこの野郎!!
絶対にモテないリストの上位をマークするぞこの野郎!!
卒業の寄せ書きで他の奴は「高校行っても忘れないでね」とか書かれるのに俺らだけ「がんばって」ばっかだぞ!

でも、書く!
乗りかかった船だ。
沈没したって書こうじゃマイカ。


皆さまはご存知でしょうか?
へらちょんぺはマニアックな芸人で、今は一般素人の結婚披露宴の余興を中心に活動しているのです。
公式HPには『ボキャブラ天国において1位獲得』という、カビの生えた杵柄を今も堂々と掲げています。

僕は数年前、衝撃を覚えた経験がありました。
テレビを観ていた時のこと、カロリーメイトのCMが流れ、僕は思わず叫んだのです。
「へ、へらちょんぺだ!!・・・売れたのか!!」
なんと、イケメン俳優の瑛太とへらちょんぺがCMで共演しているではありませんか!
皆さんお分かりのとおり、これは僕の勘違いでありました。
CMに出ていたのは荒川良々なる俳優で、へらちょんぺではなかったのです。
僕はこの荒川某を知らなかったので、てっきりへらちょんぺだと思いこんでしまったのです。

あ、ピンときませんか?
そうでしょうね。
一応写真も用意してますんで、ご覧ください。
まずは荒川良々(例のCMのキャラです)

おもろなりたい。


これではあまり似ていないので、こちらをご覧ください。

おもろなりたい。



そしてこちらが、へらちょんぺ。


おもろなりたい。



いや、皆さんのおっしゃりたい事はわかりますよ。
言うほど似てるかぁ??でしょ。
ええ、まぁこの写真を比較するとそれほど似ていないかもしれません。
でもね、その昔へらちょんぺの芸風はシュール一直線だったんですよ。
こんなに笑った顔がブラウン管に写ったことがないんですよ。
だからね、ブルース・リーっぽい衣装の男がカロリーメイトを食べるCMを観て「あぁ!!」って思ったとですよ。

以上、だからなんなの?って大半の方が思ってらっしゃるでしょうけど、報告終わり。


それでは、今日の本題と参りますよ。
今日ボケるお題、、、、、あっ。

違う!!
今日は小説だ!!!!!


っていうことを本気で今気づいたとすればクッタスって相当な不思議ちゃんじゃね?と思わせておいて・・・

ほわぁ~ん
ほわぁ~~ん
ほわわわわぁ~~~ん








ジャンゴ 「ねぇ?まだぁ??」




温度差 「ぼ、ぼくはおにぎりが、、だめだ!シュっとしてない!・・・ぼ、ぼ、坊やだからさ! ん~~~。」




ジャンゴ 「もう待ちくたびれたぜっ!
       なんならテレビ探偵団での泉麻人と三宅裕司のやりとりをモノマネして繋いでやろうか??
       お好みとあらばペヤングのCMで「まろやか~~」っていう空手部員の腰つきでも構わんぞ!」



温度差 「やめろ!誰もわからん!!」




ジャンゴ 「ああぁ!!!」




温度差 「どうした!?」




ジャンゴ 「これは完全に天然で忘れてたぁ~!!」




温度差 「な、なにを!!」




ジャンゴ 「この小説には縛りがあるんだった!!」




温度差 「あ、あぁ・・・
      でも、もう流れで組み込むのはなんか恥ずかしいぞ。」



ジャンゴ 「そうだな。
       こうなったら反則気味の小話を聞いてもらうしかあるまい。」



温度差 「え?」




ジャンゴ 「長野県でこんなことを聞く人がいましたとさ、、、、」




『あのぉ~、この変に珍しい鳥がいるとかって聞いたんですけどぉ~~』 


「はぁ?ここにはそんなのおらんよ。俺は忙しいんだ、帰ってくれ!」

『いや、長野に?なんか特別天然記念物?みたいな??』

「半疑問形でうっとおしい奴だな!!とにかく長野にはいない、新潟県の間違いじゃないか!?」

『ちょっ、そこんとこ詳しく教えてくださいよぉ~~~。おねがいしますよぉ~~。』

「うるさい!!時間がないって言ってんだろう!
 俺が言えるのは、
 俺が言えるのはなぁ~、、

  
      トキは北!・・・・・・それだけだ!!!
  」





温度差 「ずりぃ~~~!!!
            そんなんアリか??



ジャンゴ 「やかましい!二巡目の空気で許してくれるさ。
       一巡目で東京オフ会の内容を盛り込む奴よりマシってもんだ!」




温度差 「うわ、まさかの強気発言。」




ジャンゴ 「それより、はやく俺を抱腹絶倒させるあいうえお作文はまだできんのか!!
       俺のあの能力を早いとこ起動させねーと大変なことになる設定なんだろ??」



温度差 「設定とはなんだ!もっすごい傍から見てる感たっぷりじゃないかっ!!」




ジャンゴ 「うっせー!!早く寄席でゲラな客を沸かせてイイ気分で帰宅したいんだよ!!!」



温度差 「こんなところで本音をだすんじゃない!!」



ジャンゴ 「ほら!
       早いとこ言えよ!まず『ボ・ケ・て』のボ!!!



温度差 「 ・・・う、うぅ~~」




ジャンゴ 「ほら!!!早く!!!!」





温度差 「うぉ~~~!!!!




ジャンゴ 「え?」






温度差 「ボン小西!!








ジャンゴ 「えぇ~~~~~
       間違ってるし~~、すんげー太くて赤いし~~~






温度差 「あ、」






ジャンゴ
 「あ、じゃねぇよバカタレ!
        もっかいやりなお~~~し!!

















小説的な時間の流れでいうと僅か数十秒しか経っておらず、話もまったく進展しておらず、
みんな(特にマッピー)の白い目が背骨の奥までつき刺さるのをひしひしと感じながら、次話へつづく。


ごめんなさい。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

クッタスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

18 ■>マッピーさん!

いやいや、僕もへらちょんぺの詳細はすっかり忘れてますよww
あの野郎が懐かしすぎる名前を持ち出しやがったので、
ちょっと興奮しちゃっただけですwww

次話もすでに読ませていただきました。
ご本人も認める似顔絵クオリティ!!www
おかげで街で偶然あの方に会っても、うっかり話かけず
遠巻きに様子をうかがえます!!wwwww

お忙しい中、お疲れ様でした!

17 ■無題

僕もボキャ天観てましたので
「へらちょんぺ」という人物は知ってますが、
どんな芸風なのかは知りませんでした。

よく覚えてるなぁwww

クッタスさんの解説のおかげで
へらちょんぺの芸風を知る事ができました!!

ん?・・・ってかコレ、コラボ小説でしょ!!www

16 ■>スんず区さん!

えへへへ!www
1巡目を思いのほかしっかり書いちゃったので、
2巡目はギャップをつけてみたろかしらと、、、ww


へらちょんぺは僕も実はそんなに覚えてないんですよ。
もう名前が出た段階で大喜びしちゃったのでww
でも、これ他の人は覚えてる(そもそも知ってる)のかな??って
思いまして、その時点でこの2巡目の内容は決まりましたw

ほんっと、どうでもいい情報でそ??www

15 ■無題

同僚の男の子の上を行くやりたい放題か!!

へらちょんぺ、 前話で出て来た時 ほんの少しだけひっ掛ったのですが 詳しい解説が聞けて 最早どうでもよくなりましたw ありがとうww

14 ■>渋谷店さん!

旦那さん、へらちょんぺは芸人なんですよ。
なんとなく北陸地方の珍味のような名前ですがね。
でもね旦那さん、そんな名前を知っててもまるで役には立ちません。

いやいや、へらちょんぺは僕もそんなに面白いと思ったことはないのですが、
金八シリーズは観て損はないと思いますよ。
ん~、でもどうせ観るなら北の国からの方がいいかなぁ。

どうですか残念な気持ちになりましたか?

やい!なんだ最後の『ふっしぎー!』って!www
さては全然残念になってないな!
心ここにあらずっぽい抑揚のない『ふっしぎー!』かましよって!
職場のおっさんに貰ったカンロ飴が口から飛び出すトコだったわ!ww

13 ■無題

突然クッタスさんが「へらちょんぺ、へらちょんぺ」
と言い出したので、狂ったのかと思いました。
『へらちょんぺ』とは芸人さんなんですね。
まったく知りませんでしたよ。

クッタスさんが書くと、金八もへらちょんぺも
すごく面白そうで、見てない自分が残念な気持ち
になります。

ふっしぎー!

12 ■>ponさん!

いやさぁ、
1巡目の時になんだか頑張っちゃって、数日引っ張っちゃったりして
あんだけクソ長い文になっちゃって、『あれ?俺、なんだか真面目か!』って
思っちゃったので、2巡目は言わばエキシビジョンのようにサクっとねw

ボン小西!
ボンボン防虫しますよぉ~ww

小説的にはへらちょんぺのゾーンは丸ごとカットしたって支障ないですからねw

というわけで、この後の方々には大変申し訳ないのですが、
まったく波風を立てずに次へバトンを渡しまーすw

11 ■>小生さん!

もっふっふっふww

リレーに参加されている方には申し訳ないですがね、
素直にあいうえお作文に乗るほど勇気も技量もないんだよぉ!(キッパリ)
ま、かっこつけて言うこたぁないのですけどねw

マピさん、そして姐さんのお手並み拝見!!←(無責任&偉そう)

てか、本当にごめんなさい。
がんばっちくりぃ~~

10 ■>ポリンキーさん!

おっしゃるとおり、やりたい放題です!!ww

しかし、ポリンキーさんコメント上手!!
ヤラシイ話、ここがポイントでっせってトコ、全部拾ってくれてるぅ~!!
最後に寄せ書きの件で締めるなんざ、カァ~~!!!
書いてよかった!!
すっげー、嬉しかったですww


で、石鹸は食べちゃダメ!ww

9 ■>ババン子さん!

いやいやいや!!
念のため言っておきますがババン子さんとポリンキーさんは
なんにも悪くないんですからねっ!ww

悪いのは自己満足も甚だしい同僚の男の子ですからねっ!!ww

そんなにへらちょんぺを深く知っても、糞の役にも・・・
あ!そっか!
呼んじゃばいいじゃない!!将来、ババン子さんの結婚式の時に!!!


本音は、、、ww
だって、寄席だと意外とみんなちょっとしたボケでも
ウケるんだもーんw

8 ■>コンタキンテさん!

懐かしいよね!
大川興業だよね!
昔エガちゃんと『男同士』ってコンビでキャブラーだったよね!



いやね、
前回のコメントで誰も触れられていなかったから
さぞやしょんぼりしてるんだろうなぁって思いましてねw

てか、ロンドンブーツの件、頭の片隅にめちゃうっすらだわ!www
一回書いたけど消しゴムで消して文字の跡が少~し残ってるくらいだわ!ww

絶対にあーたしか喜んでないよ~~w

7 ■>取鳥のHAWAIですさん!

なんか1巡目にきっちりやったら逆に恥ずかしくなったので、
今回はこんな感じにしようって最初から決めてましたw

家に帰ってからのエピソード、続編もしっかり読ませていただきましたw
今度はさっしー推しになったんですね。
ちなみに「さしこ」とも呼ばれるようですよ?
違いますよ卑猥さん、さしこですからね、させ子じゃ、、、、

6 ■無題

早い!更新速度が早いよー。
んでもって、へらちょんぺのうんちくが、
タメになったような気分になったよー。

ボン小西!
ある意味それが正解だよww

そそ。会話って文字にすっと、長くなるけど、
実際はショウミ数分だったりするよねww

あー。クッタスさんらしい内容で、
次のマッピーさんが楽しみだ、非常に楽しみ。

5 ■無題

もうほとんど小説じゃなくなってんじゃんw
\クッタス!/らしい話(?)の展開だと思うけど
これあいうえお作文がまったくできてないから
マピさんが苦労した挙句やっぱりダメで
小生に回ってくるパターンじゃね?(;´ω`)
ちょっと怖いんだけどw

4 ■無題

やりたい放題か!!(笑)
小説抜け出して前話の感想入れとるがな!!
おっしゃる通り「へらちょんぺ」なる芸人のタオル芸はさっぱりわかりませんでした!
そして全てを知った今、別に知らなくて良かったという思いでいっぱいです(笑)
それにしても、カリスマは大変ですね。
シュッとしたボケ縛りはボケ職人にとって地獄の苦しみだと思います。
たまにそのまんまお下劣ボケで息抜きも出来ないなんて..
あと小話はさすがの完成度ですね!
食べかけの石鹸吹いちゃいましたよ(笑)

でも、そんなクッタスさんに卒業の寄せ書きを求められたら、もちろん「がんばって」と記入するでしょう!

3 ■無題

すみません。ていうか本当にお手数おかけしましたorz
説明に大部分をさいてもらった上、熱い思いの丈をwww

へらちょんぺ、今は結婚式余興芸人らしいですねw
画像の紅白幕が余計悲しさを倍増させてる気がするのは私だけでしょうか?w
タオル芸とへらちょんぺ。憶えておきますwww

テレビ探偵団wwwなんか憶えてますw
悔しいからyoutubeでダウンタウン回を見ました!!そしたら、OPに覚えがありましたw

本音に爆笑しましたwww

>ごめんなさい。
こちらこそ、なんかすみませんでした。
そしてありがとうございました(*^▽^*)

2 ■無題

僕は今、
ただ一人手を叩いて喜んでます。


・・・って、うっせ!!!
へらちょんぺをフューチャーすんな!!!
なんだか、すっごく恥ずかしいぞ?

♪ぼっ、ぼっ、僕らはテレビ探偵団♪

・・・って、うっせ!!!

でも三宅裕司は好きだなぁ。
間違い探しのコーナーで、必ず、
「誰誰(小倉久寛)がロンドンブーツを履いている」
って答えが出てくるよね?

♪三宅裕司~ 大きなお世話だっ ウッ♪

・・・って、うっせ!!!




あぁ・・・腹いてぇ。
あれ?もしかして喜んでるの、僕だけ???

1 ■無題

もう二周目なんでみなさん開き直ってますね
どーでも良くなってますね
「ごめんなさい」の〆に笑ってしまいました

ってか土日出勤確定だよおおおおお
中途半端な協議資料を誤魔化すために
「今回詰めて来週月曜日に結論付けした資料をお持ちします」
なぁあああんてカッコつけて言っちゃったよおお
ちょっとシュッとした技術士気取っちゃったよおお

なああああ

パフパフ

昨日も遅く家に帰ったら・・・



続きはガッツマンさんブログのコメで

びゃいびゃいぽーーーーん

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。