チャーリーズ・エンジェル

テーマ:
チャーリーズ・エンジェル
(画像は「フルスロットル」のもの。)
昨日、テレビでやっていたのをビデオに撮って今日見ました。
アクションものですけど、映画版は銃は使いません(テレビ中のマメ知識より)。
今回始めて見ましたね。
テレビでやっている映画以外はあまりみないもので^^;
キャメロン・ディアスがアクションをするというのにはギャップを感じましたが
(外見から判断^^;)、
コメディ性も含んでいるのでぜひ見てみてください。
AD
良かったです、エピソード3!
みなさんはもう観ましたか?
スター・ウォーズを一回も観たことない人でも、
興味深い作品なので観た方がいいですよ。
なにしろ、視覚効果の量がすごいらしいです。
パンフレットによると、約2000の視覚効果があり、
ほぼ全てのシーンに視覚効果が入っていることにもなるらしいです。
それに、エピソード4以前の話が、
エピソード1・2でノルマを越えられなかったらしいので、
結果的にエピソード3は話が濃くなっているようです。

ここから下はネタバレしてます。
楽しみをとっておきたい人は、これ以降は見ないでおいてください。
(エピソード4から公開されている関係で、
 結果的にどうなるかはわかっているので、
 たいしたことではないかもしれません。)

1.パルパティーン=ダース・シディアス=皇帝
これは公然の秘密ですね。
エピソード6で皇帝役をつとめてたイアン・マクダーミドが、
続けてエピソード1・2のパルパティーン役をつとめたので、
ほとんどの人が勘付くと思いますし、
皇帝の名前がパルパティーンだということも、
よく観たり、(小説などを)よく読めばわかることだと思います。

2.アナキンとクローントルーパーがジェダイを殲滅
アナキンがジェダイたちを殺すことはわかっていたと思いますが、
クローントルーパーが関係しているのには意外でした。
「オーダー66」という極秘指令で、
パルパティーンが前々からそうするように指示していたようです。
それにしても、ジェダイはかわいそうでした。
まさか、という感じですね。
エピソード2の後半の戦闘シーンで、
ジャンゴがジェダイを撃ち殺すシーンがありましたが、
よく考えたらクローントルーパーはジャンゴのクローンですから、
彼はジェダイ殺しにかなり関わっていることになります。

3.後々に形を受け継がす物が多々登場
話が続いてる訳ですから、当然と言えば当然です。
スター・デストロイヤーの先祖(?w)として、
共和国アタック・クルーザー
(正式名称、ヴェナター級スター・デストロイヤー)や、
直接使われることになるものとして、
エピソード4の冒頭で
スター・デストロイヤー襲撃されるレイヤが乗る船が、
ベイル・オーガナの所有物として登場します。
(レイヤがオーガナの養女ということを考えれば、
 自然な結果だと思います。)

ほかにも、ウーキー族(チューバッカの種族)が登場することや、
パドメが生きる意欲をなくして死ぬことなど、
話は尽きませんが、
私の話を聞くよりも、
映画館で何回も見直した方がよくわかると思いますw
長くなってしまったので、このぐらいにしておきます。
AD

公開までもうあと1ヶ月ほどですね。
世界ではもう公開されていて、
海賊版もだいぶでまわっているようですが。
私の学校に来ているアメリカの英語講師は、
帰国して見て来たそうで、
授業でもその話をしていました。

エピソード3の見どころは、
というか、ほかの映画との違いは、
大体の結末はわかっているということです。

パルパティーンが皇帝に、アナキンがダース・ベイダーになるなどは、

公然の秘密です。

私としては、ジェダイがどう殺されるか、

パドメはどうなるかなどが知りたいですね。

あと、あればパルパティーンの戦闘シーン、

特に、ヨーダとの戦闘が見たいです。

物語の設定内のテクノロジーと映画撮影の技術が、

ともに一番進んだ状態でのこの映画。

ぜひ映画館で見ることをおすすめします。

AD

「交渉人」

テーマ:
昨日テレビでやっていた「交渉人」、
去年やったときに見ましたが、
見直してみると、けっこうおもしろかったです。
日本版はユースケ・サンタマリアさんが主役らしいですね。
この人は「平成教育委員会予備校」(テレビ番組)でしか見たことないので、
どう演じられるのかが楽しみです。
交渉人が交渉されるなんて、ちょっとおかしな話ですよねw
(それだからおもしろいのですが。)
受け売りですが、両方を見比べて、
警察の体制などの違いを見るのもおもしろいとおもいます。

「Shall we ダンス?」について

テーマ:
みなさんは「Shall we ダンス?」、見ましたか?
もうすぐハリウッド版が公開されるので、
テレビ、またはビデオなどで日本版を御覧になられた方も多いと思います。

ハリウッド版は配役が豪華なので(ハリウッドなので当然?w)、
日常生活の中、という感じはしないかもしれませんね。
リチャード・ギアはともかく、
ジェニファー・ロペスがダンスを教えてくれるなんて。

ところで、どうして「ダンス」だけカタカナなんでしょうか。
私なりに考えた結論は、「岸川ダンス」(ダンス教室の名前)の、
窓のダンスをそのまま使って、
Shall we ダンス?と表示してあったからだと思います。
(↑お別れパーティーの日の、電車からダンス教室の窓を見上げるシーン)

話は同じだと思うので、ハリウッド版を楽しみにしておられる方は、
日本版を見る前に見た方が、新鮮な感じがすると思います。
両方を比べてみるのもおもしろいと思います。

映画の話の続き

テーマ:
前回の続きです。
読んでない人は、この記事の下を先に読んでください。

私がチェックしている俳優を、
思いつく通りに書き出していきますので、
参考程度に見てください。
()内はその人が出た私の印象に残っている映画と、
その人に対する私のコメントなどです。

アーノルド・シュワルツネッガー
(ターミネーター、ターミネーター2、ターミネーター3、
 ツインズ、ラストアクションヒーロー、ジングル・オール・ザ・ウェイ、 
 バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲・・・。 

 ターミネーターを見てから注目した人です。  
 3を見て1を見直すと、1での髪型が変に見えますw 
 ジングル・オール・ザ・ウェイはコメディです。 
 ちょっと違ったシュワちゃんが見れますw)

ナタリー・ポートマン
(スター・ウォーズ エピソード1 ファントムメナス、 
 スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃、 
 レオン・・・。  
 最近、CMにも出てますね。 
 スター・ウォーズでは、実時間は4年なのに、 
 映画の中では10才も違う時代をやっていました。 
 レオンは前回も書いたように、まだ幼い頃の映画です。)

イライジャ・ウッド
(ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間、 
 ロード・オブ・ザ・リング 二つの搭、 
 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還、 
 パラサイト、ディープ・インパクト、 
 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3・・・。  

 ロード・オブ・ザ・リングで知りました。 
 よく調べたらディープ・インパクトに出ていました。 
 パラサイトはテレビでたまたま見た映画で、 
 「あっ、イライジャ・ウッドが出てる」と家族で話したりしました。 
 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3はかなり探しましたw 
 年齢的には8才ぐらいなので、 
 「あの子かなぁ」と思って見直したら見つかりました。 
 皆さんも探してみてはどうでしょうか。)
 
記事が長くなってきたので、ここからは名前と、
私が見た中で印象に残っている映画を1本紹介します。
コメントはしません。長くなりますので。

ジャン・レノ(レオン)

ハリソン・フォード(スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイ復讐)

スティーブン・セガール(暴走特急)

ジャン・クロード・バン・ダム(ノック・オフ)

ミラ・ジョボビッチ(バイオハザード)

オードリー・ヘップバーン(ローマの休日)

ジャッキー・チェン(ラッシュアワー)

クリス・タッカー(ラッシュアワー)

↑思い付いた人から順に書いていきました。
これ以上書くと長過ぎるの、でこのへんで切りたいと思います。

映画の話

テーマ:
昨日、録画しておいた「殺人者 KILLER OF PARAISO」を見ました。
映画です。
お正月のテレビの映画で、出演者を見てみたら、
上戸彩さんが出ていたので見ました。
(ここから下は上戸彩さんの話です。
 映画の話はこの話の下です)
彼女を注目し出したのは、妹がもっていた雑誌の表紙に、
写真が載っていたのがきっかけです。
(2年前くらいです)
「この顔どこかで見たことある」と思って調べてみたら、
「三年B組金八先生」に出演していて、
「美少女コンテスト」でも特別賞をもらっていた人でした。
この人はヒットするかなぁと思ってチェックしていたら、
ヒットしました。
紅白にも出てましたし。

(ここから映画の話)
そういう理由で、チェックしていたら、この映画があった訳です。
私は映画大好きなのですが、
テレビの映画しか見ないので(レンタルしないので)、
出演者とかを全てチェックしています。
題名か出演者、監督に気になる人がいれば見ます。
(この頃は勉強する関係であまり見れませんが。)
この映画を見て思ったことは、
まず、上戸彩さんが若い(幼い?)ということです。
まだ子供で、年は中学生と高校生の間ぐらいではないでしょうか。
あと(雰囲気が)「レオン」に似てるなぁということです。
「レオン」はジャン・レノとナタリー・ポートマンが出演している映画です。
この映画のナタリー・ポートマンも若い時期に出演しています。
そのあたりが似ていると思わさせたのかもしてません。

やはり、テレビで映画を見るときは、好きな俳優かなにかを覚えておいて、
その人(たち)が出ている映画を見るという形のほうが、
(私のような素人にしたら)楽しめる方法なのではないでしょうか。
正月で映画がたくさんやることですし。

記事が長くなったので、ここでいったん止めて、
続きは次回にします。
次回は、私がチェックしている俳優などを書いて行きたいと思います。

ゴジラ ファイナルウォーズ

テーマ:
今回は、映画「ゴジラ ファイナルウォーズ」について、
感想などを書きたいと思います。
まだ、見てない人は読まない方がいいと思います。

なんといっても、今回は生誕50周年、最終作と賞されるだけあって、
怪獣の登場数が多かったです。
ゴジラ、モスラ、ミニラ、ラドン、アンギラス、
ヘドラ、カマキラス、エビラ、クモンガ、
キングシーサー、マンダ、ジラ、
人間の兵器として、新・轟天号、
X星人の怪獣として、
ガイガン、ガイガン改、モンスターX、カイザーギドラなど、
多数の出怪獣がありました。
主演、松岡昌宏、菊川怜さんです。
怪獣の登場数は多いのですが、 そのやられ方はあっけないものが多いです。
それだけゴジラが強いということを、 示したかったのでしょうか。
VSラドン、アンギラス、キングシーサー戦はおもしろいですよ。

ところどころに、私でもわかる、パクりのシーンがありました。
例えば、設定からいってミュータントというのだから、
「X-MEN」、「マトリックス」のパクリではないでしょうか。
終盤、ケイン・コスギ演じる風間が、 X星人の母船に突っ込んでいくシーン、
あれはどう考えても「スター・ウォーズ エピソード6」の、
ミレニアムファルコン号が、デススターの中心を破壊するシーンにそっくりです。
結果は、風間は自爆で壊し、ファルコンの方は生還した違いぐらいです。
デススターも、X星人の母船も丸い。
中心の動力炉を壊す。
狭い通路を通る。
小さい戦闘機が追ってくるなどなど。

私が一番思うのは、今までのゴジラと違って、
怪獣以外の存在が大きいことですね。