電話で塾・ゼミの勧誘

テーマ:
どうも、抜歯してからようやく血が止まったっぽくて安心しているメイです^^

毎日高校野球がやってますよね、一日中。
野球は好きじゃないですけど、高校野球は好きです。
何か、ドラマ?ロマン?みたいなね、
必死に頑張る姿がいいです。
でも、ふつうの野球にはそんなこと感じないんですねw
やっぱ、バスケやってるからか、
展開が遅いスポーツはなんかねw、
エキサイティングじゃないのw
それに、テレビだと放送終了予定時刻が延長するから、
映画を録画して後で見ようと思っても、
メイんちの旧式のビデオデッキだと、
その時間まで考慮して録画予約しなきゃいけないんですよ、毎回毎回。
9時から放送される映画はまだミスる確立は低い方ですけど、
深夜のやつまで影響したことも;;
どうせ、野球ファンの皆さん、
9時24分以降まで延長したらどうせラジオで聞くんでしょ?
なら延長しても9時でやめてくれればいいのにね。
まぁ、いちおう「国技」らしいんでw
そうそう、アメリカに前勝ったとか言ってたじゃないですか。
アメリカは選手の出し惜しみ・辞退が結構あるんです、知ってました??
バスケもそうです。
別にアメリカの肩を持つわけじゃないですけどw、
全力のアメリカにはまだまだ勝てませんよ。
全力で来ない理由は、
選手の所属チーム・個人の理由がそれぞれ違うので、
興味のある方は調べてみてくださいなw

えーっと・・・、
長々と語ったあと、それより短い本題に入ります。
メイと同じような年頃の人、もしくはそのぐらいの子供がいる人、
よく、塾とかゼミとか家庭教師の勧誘来ませんか?
情報が漏れちゃったからか、
メイんちにはよく電話がかかってきます。
全部妙にテンション高くて馴れ馴れしい年の若い男性からかかってくるんですw
まぁ全部断わってますけどねw
で、このごろ、せっかくかかってくるのにそれを利用しない手はないと考えまして、
最後にこちらからちょっと質問することにしました。
昨日始めてやったんですけど、
最初は企業秘密とかで教えられないという答えを予想してたんですけど、
あっさり、答えてくれました。
「どこでこっちの電話番号とかを知ったんですか?」
なんか、個人情報を売る会社があるらしいっすね^^;
名前と電話番号だけなら法にひっかからないとか。
で、電話をきってちょっと考えました。
・・・、向こう、メイの通ってる高校しってたじゃん!w
それでも、合法なんですかね、よくわかりませんw
あとこれは会話中のことを考えたことですが、
プロの講師が教えてくれるっていうことですが、
じゃあ何で学校教員になってないの?w
学校が嫌い?学校では自分のやりたいことができない?
これもよくわかりませんw
またかかってきたら聞いてみます。

こういう、うっとうしいことを自分のために利用するみたいなことができれば、
毎日楽しくなりません?w
AD

親知らず~

テーマ:
どうも、この頃野外でバスケをしているメイです^^
何か部活がなくても、体の方が運動を求めていると言うか。
俗に言う「エネルギーがありあまっている」状態です(俗に、は言いませんかw)。

で、前回の更新からいろいろな事がありました。
合宿、出校日(→前日は宿題地獄)、大会、盆、今日の親知らずの抜歯。
正直バスケやる時間があったので不可能じゃなかったんですけどね、更新。
ですが、こう、何と言うか、
いちおうバスケのが優先順位高いのと(ブログの更新より)、
大会に負けたので・・・、
・・・、そうだ!
これだけは言いたい!w

この前の大会は地方の大会で、
普段だとその次に県大会があるんですけど、
この大会は地方止まりでして、
まぁ、新チームの力量を見ると言うか、ね。
で、そうなると、シードとかは全然なくて、
全部クジで対戦が決まるんです(トーナメント)。
メイのバスケ部はその地方じゃいちおう優勝常連校でして、
一回戦目の相手が、これまた準優勝常連校なんですw
組み合わせはどうこう言いませんけどねw
で、メイの代は背が低くて、
良く言えばスピード重視、悪く言えば不安定なのです。
その試合も最初は負けペースで、
3クォーターが終わった時に20点離れてたんです。
(バスケは4クォーターで、高校だと1つのクォーターで10分)
で最後の10分でキャプテンとシューターが爆発して、
1、2点まで積めたんです。
で、最後の数秒、そのキャプテンのシュートで同点、
&ファールを受けた(その時吹っ飛ばされた)ので、
フリースローで逆転なんですよ、ふつうは。
ところが、
誰がどう見てもブザーが鳴る前にシュートしたボールが指から離れてる(←このシュートが入ればカウント)のにですよ、
ノーカウント宣言だったんです・・・。
それも、きわどいところじゃなくて、
放物線を描くボールが最高点に達したところでブザーが鳴ったんです。
ビデオを見てもしっかりと確認できました。
なんかね、そのビデオ見てる限り、
ノーカウントコールをしてたのは主審と相手の監督だけでした。
相手のベンチはみんな、「同点になった(追い付かれた)」って顔してました。
副審さえカウントって顔してました。
まぁ、でも、最後はキャプテンの決定で、
ビデオの提出&抗議はしないことにしました。
何か、今回の大会には意味がない(チームが向上できる大会ではない)と思ったそうです。

ま、それはいいとして、今日は親知らずを抜きました。
左下です。
前にも矯正する過程で、4本抜きましたが、
今回のは特に緊張したし、時間もかかりました。
何か親知らず抜くのっていい話を聞かないんです。
「痛い」「病気(感染症)になる」...etc
でも若い時(完全に親知らずの歯ができきってない)ならそんなに痛くないみたい。
麻酔の注射はちょっと痛いけど、あとはそんなにって感じです。
やっぱ、なんか、生理的に嫌な感じに襲われます。
痛くないにしても、歯を抜くときに力がはいるわけで、
グリグリしたりするときの感じがホントにやだw
やってみないとわからないかも、やってもわからないかもw
で、冬休みに右下を抜きます。
上はまだ出てきてないし、
下が変な方向にはえて来たのに比べて、
上はいい感じのポジションらしいんで(レントゲン写真により判定)、
たぶん、抜かなくていいと。

↓これは一庶民の意見なので本当は医者にかかるのが一番ですが、参考程度に。
矯正は小さい時からのがいい(永久歯がはえ始めてから、かな?)。
親知らずの抜歯もしかり。

今日から、運動があまりできなくなるのがホントにつまらない。
でも、治りが悪くなって、お盆休み明けの練習に支障が出たら嫌なので、
軽く筋トレやるぐらいにしときます。
でわでわ、みなさんも、(休みがある方は)休みを満喫してくださいな~w
AD

危険の看破

テーマ:
どうも、出校日の宿題、読書感想文に精を出しているメイです^^

何かね、今日部活終わって帰宅する途中に、
いつも通るルートをやめて、
久しぶりに母校の小学校を通る道にしたんです。
そしたら誰を遊んでないんですよ、夏休みだっていうのに。
メイが小学生のときはいつも誰か遊んでたんですけどね。
メイの小学校はその辺りの公園よりいい遊具があって、
遊び場には最適だと思うんですけどね。
みんな屋内競技(体を使わない室内でやる遊びの美化語wメイの友達間ではよく使う語ですw)
にはしってるのか、
それとも不審者が騒がれてるこの御時世なのか。

だいたい、世間は不審者、不審者、って騒ぎすぎですよ。
不審者に殺される人(子供)と交通事故で亡くなる人、
この2つの人数関係を不等号であらわすと、
不審者関係<交通事故関係
なんですよ。
ところが、世間では、
地域が協力して不審者から身を守りましょう、
みたいなことに力を注いでますよね。
で、学校でちゃんとヘルメットをかぶれと言われているのに、
平気でノーヘルしてる子がいたりします。

そういうことや、
昨日でしたっけ、
小2の女子が流水プールの排水口に吸い込まれた事故。
これらの事故はたいがい、
被害者側が勢いにのって有利になるんですけど、
(メイの家は朝日新聞購読)
新聞の一面の記事と関係記事を読んだだけで意見するのもなんですけど、
あれだってプール側が全面的に悪いんですかね。
ボルトのチェックがどうのこうのってありますけど、
不可抗力ですよ。
それがいつはずれるかなんて誰にも予測できないし、
厳重なチェックの後にすぐはずれないなんて保証はないんですよ。
それにあそこのプールはほかのプールより監視が厳しい(良い)らしいですから、
残る原因は親がプールでの危険性を看破していかどうかですね。
プールでどこが危ないとか、
準備体操をしっかりやったか(ラジオ体操第1・第2のどちらかは全部やるべきです)、
親が子供が目に見える位置にいたかどうかなどなど。
海は危険だがプールは安全だ、という考えが保護者側にあったはず。
一般的な(感情的・非論理的な)意見だとプール側に非がありますが、
保護者側が、少しも悪くないみたいな態度で、
「子供を返せ!」とか言うのは(言ったかどうかは知りませんけど)、
はっきり言って自分の責任を考えていない。

メイが思ってることは、
被害者側は危険を看破しようとしたかどうかなんですよ。
交通事故だってね、親のしっかりした教育があれば、
事故は半分以上減りますよ(親がどの程度の「しっかりした教育」をしてるかによりますが)。
が、それでも事故中心的な人間はいるものです。
例えば自転車が飛び出して車にひかれても、
悪いのは自動車側なんです、世間的に。
明らかに自転車が悪くて、いかに運転手(自動車側)が注意していようとね。
法律で定められてるのかどうだか知りませんけど、
論理的に間違っています。

最近読んだ本に影響されているのは自覚していますが、
(一般的な)人間は感覚が麻痺しているように思います。
むろん、メイの方がそうなのかもしれませんが、
しかし、上の事例においては、
世間一般の理論は、間違っているか、
少なくとも「論理的正しさ」からズレています。

まぁ、人間の危険の看破っていうのも限界がありますからね。
しかし、何もしなくていいというわけではありません。
被害者側は、
自分達が充分な準備をしていたのを条件に、
加害者側を責めてほしいものです。

AD