今回ブログを担当するのは、2年の益子です。今回のプレ大会への出場と引き換えに単位とGPAを失った悲しみの2年冬です。そんな僕が乗るTAMA(エース艇)は106日から10日にかけて開催されましたプレ世界大会に参加しました。

 

プレ世界大会とは名前だけという説もありますが、(オープン参加のオーストラリアを除くと全チーム日本国内より参戦)来年吉野川で行われるR6(ラフト6人乗り)の世界大会の国内選考を兼ねているため、北は北海道、南は熊本より参加するチームもあり激アツな大会となりました。我々がエントリーした男子ジュニアの部門では(新潟大学・亜細亜大学・鳥取大学・一橋大学)の4チームが参加しました。

 

 

 

吉野川といえば激流

大会の前入り時には台風が接近しており、大増水

(なぜ下ってるの?という質問はご遠慮ください)

暴れ川たる四国三郎が我々にも牙を剝きました。

果たして何が起きたのかは、是非動画でご確認を(笑)

 

 

そんなこんなで大会のリザルトの方も振り返ってみたいと思います。

 

スプリント1位

H2H 1位

スラローム1位

ダウンリバー1位

 

 

 

総合1位でした。

 

 

次は、各競技ごとを振り返った真面目な感想です。

 

 

 

スプリント H2H

場所は鉄橋の瀬。瀬の中盤にあるウェ―ブの処理を間違えると左岸の崖に寄せられ、波をもろにくらって大減速。スプリントでは中盤はよかったものの、H2Hでは中盤の波で左岸側に寄せられることもしばしば。内心ひやひやものでした。

 

 

 

 

 

スラローム

場所は堂床でしたが、吉野の強い流れという中で、序盤には厳しいスタガーゲート。中盤から後半にかけて設置されたアップゲートへの進入。このあたりがキーになりました。1本目の降下で丁寧に全通過でゴール。2本目では前半のスタガーゲートで崩れたものの、何とか修正してタイムを1本目より伸ばしてゴール。

 

 

 

 

ダウンリバー

最後の種目。場所は大歩危セクションでの実施で全長4キロ程度。降下時間は大体20分と少し。瀬とトロ場が交互に来るコースで、三段の瀬、岩原の瀬というコースの後半の瀬が難易度が高め。ただ、ダウンリバーは現TAMAの得意種目。今回は慣れないスタート方式で出遅れましたが、冷静にレース前半で1位になりそのままゴール。

 

 

 

 

最後に、TAMAは今回1位ということで来年に吉野川で行われる世界大会にジュニアカテゴリーで出場します。来年もプレ大会と同じメンバ―で出場予定です(艇メンが2年同期のため、誰も引退しません笑)

 

さあ、あと1年頑張りますかー。目指せ世界一

AD