こんにちは
通称''キャデに吸い込まれる''という現象によって黒いリュックが部室にて神隠しにあった早坂です…  そこには携帯以外の全ての財産やカード類が入ってただけにショックは大きいです。しかし、この事件を信じてくれるのはその場にいた同期二人だけであり、教務課には「あんた酔ってたの?
」と爆笑されました。相談した相手を間違えた、本当に教務課はクソ
まぁ、もし見つけたら教えて下さい笑

さて今回のTWFですが、雨が続いた影響で大増水となり20回という節目にふさわしいものになりました。この大会の特徴と言えばやっぱりファンスラローム!!ファンスラロームは、これから川で活動していく上で必要となるレスキューの技術を身に付けてほしいという開催者の願いがこもった大会なのです。主な特徴としてはスローロープ投げやフリップリカバリーなどがあり、それらをクリアできないと降下タイムに180秒または300秒足されてしまうのですゲロー

今回、ストロームから出場したのはDONBURAKO☆(僕の乗った艇)、漕げ‼ビーバー号(艇名の由来は部長の身体的特徴を捉えたものという説がある)、TAMA(エース艇)の計3チームです




結果からいうと我らがエースTAMAは6乗り男子部門で2位。プロチームTEIKEIの次なので学生のなかでは1位ということになります。さすがですね。DONBURAKO☆は6乗り男女混合部門で5位。漕げ‼ビーバー号は同じく男女混合部門で4位。教育艇は惜しくも表彰台を逃しましたが(ストロームのOBが表彰台の一枠を奪うというR○プレイの影響⁉)どちらの艇もそれぞれが納得のいく漕ぎを出来たようなのでスッキリしてます照れ
                              TAMA

     
                         DONBURAKO☆


                         漕げ‼ビーバー号


TWFは飯田市が関わってることもあって景品も豪華でした。参加者全員にドライサックが配られたし、じゃんけん大会ではサングラスやラッシュとか色々な景品がありました。その景品のとりを飾ったのがテント⛺なのであります。そして、そのテントを獲得したのがズバリわたくしなのであります。テント不足に悩んでいたストロームの救世主ということになりました。しかし、ペグを打たなければならないという弱点があり、現在その価値が部内で疑われております。テントを勝ち取った僕としては複雑な心境ですが、僕は専ら星空の下マットを敷いて寝ることが多いのでテントのことはまぁそんなに気にしておりません笑


今度は長良川で大会があります。これも天竜川と同じ艇でやるので再び頑張っていきたいです!!!!
AD