こんにちは、2年の斉藤です。
ブログを書くときに一番悩むのは、やっぱり導入部分ですよね。

さて(導入)、
私たちは5/31, 6/1と、リバベンに参加してきました!!正式名称を日本リバーベンチャー選手権大会といいます。リバベンは毎年この時期に群馬県の水上で開催される、学生ラフティングでは最高峰の大会です!盛り上がりも段違いです!

気になる我らがラフティングストローム会の成績は、、、

TAMA(田中、馬本、滝鼻、斉藤)
スプリント1位、H2H1位、スラローム1位、ダウンリバー1位
総合1位

バネキー9's~練習し隊~(浅川、多田、野村、田村)
スプリント10位、H2H10位、スラローム4位、ダウンリバー8位
総合6位

スーパーウルトラミラクルピューマ(久保田、山下、田中有、田中千)
スプリント13位、H2H13位、スラローム7位、ダウンリバー9位
総合11位

ウォンバットさんたちのズル休み(菅、西野)
スプリント4位、H2H4位、スラローム5位、ダウンリバー3位
総合4位

です!


4月の初めに艇のメンバーが決定し、練習が始まりました。ゴールデンウィークに初の水上を体験し、それから大会本番までの毎週末、水上での合宿。

今まで下ったことのないような激流を前にして、それを一つ一つチーム一丸となって乗り越えていく。
部員全員が各艇毎の、またそれぞれの目標を達成するために努力し、それらがリバベン本番に向かって収斂していく。最高に熱いです。

リバベン期を通して、川での技術、体力はもちろんですが、特に2年生は、強い自信が得られたのではないかと思います。その自信を胸に精進し、また来年同じ場所に立つ時にはより逞しくなっていたいですね。


「リバベンは一人ではできない」
「水が湧き、皆と湧く」

リバベン最高!!

最後に、僕たちが楽しく活動できた裏にはオフィシャルならびに地元の方々、協賛企業の協力があったことを忘れてはなりません。また、合宿中にレース用のボートを一艇破損させてしまった僕たちに快く代替船を貸し出して下さったOBさんにも、この場を借りてお礼申し上げます。






雑記

ここ最近暑さが本格化してきましたね。僕は日本の気候が大嫌いです。夏でもあまり暑くないところに定住したいですね。でもロシアとかはだめですよ。なぜなら僕はロシアの気候が大嫌いですから。寒すぎるのも嫌ですよね。
色々考えた結果、、、僕はやっぱり日本に住み続けようと決心いたしました。日本が一番ですね!リバベン最高!


p.s.
次はじゅんやさんになりました






AD

コメント(1)