image.jpeg


おはようございます。昨日(1月11日)久保田、菅、田中の二年生3人で長瀞に流水練してきました。

暖かいと思っていましたが寒いです。つらいです。来たのを後悔しました。だって、



image.jpeg


 水が凍っているのですもの。天然のアイススケートですね。氷の厚さが5センチメートルありました。乗っても大丈夫でした。

 ダッキーとカヤックで今回は降下しました。全部で2本下ったのですが、1本目の途中の瀞場でで田中君がなぜかひっくり返りました。ロールがまだできない田中君、それでもなんとかロールで復帰を試みます。はたから見てると溺れているようにしか見えませんでした。結局10メートルばかし岸までレイ君は寒中水泳を披露してくれました。


 その後、田中君は手首に違和感を感じ始めます。低体温症?いいえ違います。彼は腕に付けていたこーせーのーの防水時計、Gショックをスイムした際に落としてしまったのでした。2~30分ほど捜索しましたが見つかりませんでした。さすがの菅君も、今回は真顔の練習をする必要はありませんでした。いままでに彼は眼鏡を3本川に流しています。川による被害総額は5万円を超えたのではないか。そう考えると不憫でした。

image.jpeg

 何かをうしなったことによる心の空白は、別の何かで埋め合わせるしかありません。おもいっきり消費活動に従事してやることにしました。そこで長瀞のmontbellと入間にあるアウトレットパークに行きました。


 今回も久保田君は、アウトレットで何も買うことができませんでした。帰り道、『買い物、嫌い・・・。』とつぶやく久保田、『Gショックなくしてショック』と漏らすレイ(少なくともこの日3回はこの洒落を聞かされることとなった。)、『なんでおそらく使いもしない蒸し器を買ったんだろう』とぼやく菅の後ろ姿は何ともしょぼくれて見えたかもしれませんね。


長瀞のモンベルではダブルブレード(中古)が500円で売られていたので2本購入しました。これで部にダブルブレードが4本ありますね。来シーズンが楽しみです。有志のツアーや練習に何人参加しようと、右漕ぎと左漕ぎのバランスがどうであろうと楽しく遊ぶことができる体制を作ることを目指していました。最近、この目標が実現しつつあるのがなんとも嬉しい。


ひさしぶりにタイムリーなネタが提供できてよかったです。では、またブログが滞ったころにお会いしましょう。



AD