(和・ω・)トネ。。。V系歌詞記録&日常日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 
 
妖語
作詞・作曲・編曲:酒井参輝
 
 
 
今(いま)にして思(おも)えば全(すべ)てが
愚(ぐ)の骨頂(こっちょう)に何(なに)も相違無(そういな)く
信(しん)じる心(こころ)の無意味(むいみ)さを
味(あじ)わえどソレは限(かぎ)りなく無味(むみ)
順風満帆(じゅんぷうまんぱん)にも見(み)えた…
泥(どろ)に塗(ま)れているとも知(し)らず
幸(さち)の温(ぬく)もりに浮(う)かれてた…
冷(さ)めた澱(よど)みに沈(しず)むとも知(し)らず
 
 
欺(あざむ)くか欺(あざむ)かれるか…
二つに一つが現世(うつしよ)を映(うつ)す性(さが)か
 
 
痛(いた)いよ…痛(いた)いよ…
骨(ほね)が軋(きし)む音(おと)に混(ま)ざる悲鳴(ひめい)が
獄炎(ごくえん)にかき消(け)されていく
 
気付(きづ)いて…気付(きづ)いて…
「ワタシ」はここにいる…
涙(なみだ)の溶(と)けたソレが
語(かた)る妖語(あやかしかたり)
 
 
嘆(なげ)く「ワタシ」を眺(なが)めては
喉(のど)を鳴(な)らしている「アナタ」
歪(いびつ)に笑(わら)う面(めん)を被(かぶ)る
ソレを「アタシ」だと知(し)ってか
一つ二つと進(すす)む刻(とき)…
化(ば)けの皮(かわ)を剥(は)がれたのは
「ワタシ」でも「アタシ」でもなく
信(しん)じていた「アナタ」でした
 
 
欺(あざむ)くか欺(あざむ)かれるか…
二つに一つの現(うつつ)
「アレもコレも全てが勘違(かんちが)いだった」と
刻(きざ)まれて行(ゆ)く中(なか)で思(おも)い知(し)りました
 
 
暗(くら)いよ…暗(くら)いよ…
重(かさ)ね過(す)ぎた朱(あか)が奪(うば)い去(さ)った…
光(ひかり)も影(かげ)も…何(なに)もかも…
 
助(たす)けて…助(たす)けて…
上(うわ)の空(そら)の「アナタ」 舌舐(したなめず)りが
最後(さいご)に見(み)せてくれた景色(けしき)
 
 
痛(いた)いよ…痛(いた)いよ…
骨(ほね)が軋(きし)む音(おて)に混(ま)ざる
悲鳴(ひめい)が獄炎(ごくえん)にかき消(け)されていく
 
気付(きづ)いて…気付(きづ)いて…
「ワタシ」はここにいる…涙(なみだ)の
溶(と)けたソレが語(かた)る妖語(あやかしがたり)
 
 
今(いま)にして思(おも)えば全(すべ)てが愚(ぐ)の
骨頂(こっちょう)に何(なに)も相違無(そういな)く
信(しん)じる心(こころ)の無意味(むいみ)さを
味(あじ)わえどソレは限(かぎ)りなく無味(むみ)
馬鹿故(ばかゆえ)に化(ば)かされていても、
認(みと)められぬのは絵空事(えそらごと)
骨(ほね)も残(のこ)らぬ
お粗末様 (そまつさま)無味(むみ)に終(お)わる
 
 
 
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード