こんにちは。
薬剤師、動禅トレーナーの嶋立歩美です。

 


春分の日も過ぎましたね。

桜の花はいつ見れるのかな?


今からワクワクしますね。



先日、関西にある「鏑射寺」の例祭に参加してきました。


鏑射寺には、大阿闍羅であり、「現代の空海」と言われるほどの法力の持ち主・中村和尚がおられます。

 

 

 

お目にかかるのは今回が二度目ですが、


前回は私も娘のチョロチョロを追い回すたけでせいいっぱいで、

きちんと参加することが出来ませんでした。


ですが今回は娘も大人しくしてくれたので、

 

護摩焚きも、中村和尚の法話もゆっくりと伺うことが出来ました。



特に法話では、たまたま一番前の、和尚に至近距離の席でお話を伺えて、


たまに和尚とも目が合ってしまい、


その眼力にドキドキしていました(笑)




和尚は、いつも人間の有する可能性についてお話をされています。



例えば、阪神大震災の前日。


何人もの人が、


神戸にいる犬やネコが、群れになって逃げているのを目撃した。


犬やネコは事前に何かを察したのでしょうが、


本来は、人間も同じ力を有しているのです、と。




また、和尚がとあるアジアの学校に呼ばれた時に、

「当日は晴れさせてください」と頼まれた。



「弱ったなあ、でもやってみましょう」と和尚は答えました。



そして、その当日。



その国では、雨季で国中が雨だったにも関わらず、


その学校があるところだけ晴れだったそうです。



そういう力も、皆さんは持っている。



私たちは、固定化された存在ではなく、


素粒子のように空気に広がり、


さまざまなものと交流したり、影響を及ぼしたり出来るんですね。




そして和尚は、「そのためには…」と話を続けます。




「そのためには、祈ることです。



小さな自我を無くしていくことです。」





それが、本来の力を発揮できるコツなのだということを教えてくれました。




「南無」というのは、自我を無くしていくこと。



そういうお話をされ、講堂を後にされました。



去り際に、間近でお話を伺っていた私は頭を下げていたのですが、


本当に私のすぐ真横を通られたので、


和尚の着ている黄色い衣がふわっと頭をなででいきました。



なんとなくですが、「がんばりなさい」と勇気づけられたような気がします。




多くの人が、そうやって自分の本来の力に気づく、


そのお手伝いをしていけたらいいなと思ってます。

 

 

 




薬剤師、動禅トレーナー
嶋立歩美

IMG_20170203_165707187.jpg

九州大学薬学部出身。 薬剤師。

(株)心体科学研究所 広報室

金剛禅総本山少林寺 高槻南道院 助教

不思議の会 広報担当・事務局長

 

クローバー「動禅ボディワーク」について/クローバーボディワークのご感想

クローバーメニュー・料金について/クローバーお問い合わせ

 

 

嶋立歩美

バナーを作成

 

 
 
 
AD