沖縄返還(72年)を巡る日米両政府の密約文書の不開示取り消しを、西山太吉・元毎日新聞記者(78)や学者、作家など25人が求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であり、杉原則彦裁判長は日米間の密約を認定したうえで、国に文書の開示を命じた。原告側は1人10万円の国家賠償も求めたが、判決は「国民の知る権利をないがしろにする外務省の対応は不誠実」として国に支払いを命じた。

 国側は当初、密約を否定したが、政権交代後に認否を留保、文書の存否については一貫して「探したが見つからなかった」と主張していた。

 原告側を含む63人は08年9月、米国の軍用地回復費用400万ドルの日本側肩代わりを示す文書(71年6月)や返還協定を超える日本側負担を合意した文書(69年12月)、その関連文書など計7件を外務・財務両相に開示請求したが翌10月に不開示となった。【和田武士】

【関連ニュース】
砂川事件判決:日米密談の文書存在 外務省が一転開示
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
密約:藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書
日米密約:「説明受けた」中曽根元首相、認める
核寄港密約:「米公文書2件裏づけ」共産・不破氏指摘

立大生死亡事件 発生から14年 父親らがビラ配る 池袋(毎日新聞)
マンション火災、2歳児死亡=父親と4歳兄も重体-川崎(時事通信)
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
<子ども手当>支給まで2カ月 「対象か」「手続きは」市役所に相談殺到(毎日新聞)
スリ未遂容疑、気象庁係長逮捕「何回かやった」(読売新聞)
AD