勿忘草 2

テーマ:

かんか・・・・・




遠くから、音が聞こえる。

まだ、ちょっと先。





かんかんか・・・・


だんだんと音が近づいてきて

踏切が降りてくる






かんかんかん・・・・・


いつもと同じ場所。

電車が通り過ぎるのを待つ。



電車が通り過ぎる瞬間の

風のいきおい。

少女のおさげ

長いスカート

なでて、引っ張る。



「踏切が開くまでの瞬間が

とっても待ち遠しい」



少女は、こころの中でつぶやく。


skart

AD

勿忘草 1

テーマ:

閑静な住宅街。

細い道。

昔の姿は、記憶の隅。



電車が通り過ぎる。

かんかんかん。。。

知らせる音。

ゆっくりと走り出す電車。

顔を向けると

駅のホームが見える場所。



一枚の写真。

セピア色に褪せて。

所々、汚れている。

綺麗な可愛い箱に

大事に大事にしまわれていた。


いつのものだろう。

不思議と懐かしい風景。

見たこともないけれど

一匹の猫と少女の写真。

AD