最近、ネットで知ったランディ・パウシュ教授。

実際に講義をみてみて
彼の語ったメッセージに心を打たれました。

いくつかのメッセージで
心に残ったものをいくつかご紹介。

ほかにもいっぱいあるのだけれど。
ぜひ、ビデオもしくは本を読んでほしい。


がんで余命わずかという現実は帰ることはできないから
「現実の受け止め方を変えるのだ。

自分は陽気なディガーか、それとも根暗なイーヨーか。
僕がどちらかを選ぶかは、いうまでも無い。

 
Brick walls are there for a reason.
The brick walls are not there to keep us out.
The brick walls are there to show how badly we want something.
Because the brick walls are there
to stop the people who don’t want something badly enough.
They are there to keep out the other people.

                    Randy Pausch

レンガの壁がそこにあるのには理由がある。


その壁は、私たちを締め出すためにそこにあるのではない。
壁は、私たちがどれだけ何かを本当に欲しているかを示すためにある。
なぜなら、壁は何かをそれほど欲しがっていない人たちを
止めるためにあるから。
壁は「他の人たち」を締め出すためにある。
          

2009年7月25日にお亡くなりになったとのこと。
ご冥福をお祈りいたします。


-----------------------------------------
2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。
ハイテクの街として知られるこの地に本拠を置く
カーネギーメロン大学の講堂で、
1人の教授が「最後の授業」を行った 。
教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。
バーチャルリアリティの第一人者と称される人物だ。
最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、
実はこのとき、彼には長年親しんだ大学に
別れを告げざるをえない事情があった。
膵臓から肝臓へと転移したガン細胞 。
医師から告げられた命の刻限は
「あと3カ月から半年」。

こうしてパウシュの最後の授業は始まった。
スクリーンに映し出された演題は
『子供のころからの夢を本当に実現するために』。
それは、学生向けに講義をするふりをしながら、
まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった——。






















最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版/ランディ パウシュ

¥2,194
Amazon.co.jp

AD

moment SotteBosse

テーマ:
moment/Sotte Bosse
¥2,070
Amazon.co.jp


最近のお気に入りのアーティスト

SotteBosse 



ボサノバ調のカバーアルバム。

ドライブや家でのまどろみの瞬間のお供に

なかなかいい感じです。


去年神津島を訪れた際

海岸沿いのカフェで流れていたCD


思わず誰ですか??


聞かずにいられなかった。


綺麗な海を眺めながら

日陰で風にあたり

ビール片手にのんびりと過ごした休日


そんなことを思い浮かばせてくれる

思い出のアーティストの一人。


あ~今年もまたいきたいなぁ~。


がんばってお仕事して

稼いできますか・・・。


・・・・お給料あげてもらえるようがんばらねばっ


AD

生物と無生物のあいだ

テーマ:
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)/福岡 伸一
¥777
Amazon.co.jp


最近、少しずつ読んでいる本。

福岡伸一 「生物と無生物のあいだ」


まだまだ途中でなかなか読み進めないけれど汗



いきものといきものじゃないもの。

どこを境界線として区別しているのか。


野口英雄の時代からの

世界の医学研究者たちの奮闘と

研究の光と影が

たんたんと語られている。


仮説と検証。


実証をしていくのには

機転と地道な積み重ね

そして発想の転換と予想。


そんな数々の紙一重の偶然と必然が隣り合わせになっている。


やはり。

現実の物語って

空想の物語と同じくらい

・・・・それ以上のドラマがあるのね。



AD

東京R不動産

テーマ:

先日の日経新聞の春秋

ヴィンテージマンション 」についての記事を目にした。




「時間を経ても

ますます価値が上がるマンションもあってよいはず。」



有名建築家の作品や

外国人向けマンション。


手が届く値段ではないけれど

見ているだけでも面白い。



そんな記事とであった日。

出張帰りのとある駅の本屋にて。


見つけてしまった本。

それが東京R不動産。


東京R不動産/東京R不動産

¥1,470
Amazon.co.jp

これは、持ち帰る運命だったんだよと

勝手に決め込んで

帰りの新幹線の中

読み込んでしまいました。




ここのHPも面白い。

また、物件紹介のための

キャプションもなかなかいい感じなのです。



「こちら自然教育園展望台」

素敵だけど、お値段が・・・・・(TT)


「ちょっと洋風なサザエさんの家」

懐かしいです。

「風と光と音楽と」

メゾネットというのは、あこがれます。

時間のあるときに

お茶を飲みながら

あーだこーだと癖のある物件を眺めながら

楽しめるHPです。



涙そうそう

テーマ:
なんとなく気になっていた映画。
時間があるときに・・・・と思い
レンタルしてみる。

う~ん。。。

結末に納得できず。

テーマというか

主題がいまいち、伝わってこなかったです。

ありがちなストーリーで残念。



でも、長澤まさみチャンかわいかった。

妻夫木くんかっこいい。


ミーハーで終わった感ありあり。

涙そうそう スタンダード・エディション
¥3,111
Amazon.co.jp