最愛の みぃちゃん

テーマ:
出光みっちゃん事件のはじまり
(リンクしてます)



のぶdadです。
今回からモノトーンが続きま~す(笑)

昔のコトだけれど
初めて猫の家族が出来た頃のコトだよ。

当時は仕事の関係で手狭になったんで
ごく近所に引越しするコトになって、
それまで4世代にわたって飼っていた
ジャンガリアンハムスターが居たけれど
新居に入居前から堂々と居ついていた野良猫(?)の御話し。

$迷子猫みっちゃんのブログ-milichan_osumasi_s

今の借家に移って来た時、       
近所に数匹ネコが居たんだけれど、    
その中で一番に人懐っこいネコで     
堂々とウチに居付いているのが      
「みぃちゃん」だった。         

30年近く住んでいる、お隣の奥さんの話では、
奥隣に住んでいる大家さんの親戚で、
オイラ達の住んでいる借家の奥の
大きな庭と離れ屋がある農家のお婆さんが
ネズミ避けに外飼いしていたらしいけれど
この借家に居付いてしまったらしく、
しかも
ウチが入る前の家庭で主に暮らしていたようで、
ウチとしては借家に付いてきた
管理人みたいなものなのだ。

サカリも無いので避妊されているようだし、
ウンコ・シッコも砂箱でしかしない、
ゴミも漁らなければ
テーブルの上に置いてあれば
食べ物にもいっさい手を出さないんで、
どこかで躾られていたに違い無い
と思っていた。


みぃちゃんは
初めて逢った頃は結構ボロボロで、
目やにと鼻水でクシャクシャの顔をしていたし、
咳込むことも多かったけれど、
まめに顔を手入れしてあげたり、
病院で治療してもらって随分よくなってきた。
だからといって
日和る事は全然なくて、
遠慮なんてしないし、とてもマイペースなのだ。
まぁ、
猫というのはそういうものだ
と言ってしまえばそうなんだけれど、
半年もすればウチの家族として
居る事が当たり前になってきて、
何やら みぃちゃんもオイラ達の事を
他の生き物とはちょっと違うように
思っているような節もある。

家外を出入りする猫にはよくある事なんだけれど、
みぃちゃんも
エサを十分にあげているのに
雀やトカゲや虫を御土産で持ってくる事があって、
おもちゃにした後は
そのまま放ったらかしていたのを、
「食べモノにしないんだったら獲っちゃいけない」と
何度か真剣に「説得」したところ、
獲物を見せたあとはバキバキ喰らうようになったし、
以前のように
ムダに殺生をする事も無くなった。

よくある親馬鹿話ではあるけれども、
ここではお互いの「関係」が大事な点で、
飼い主とペットの関係でもなければ、
もちろん店子と管理人でもなくて、
あくまで「お互い対等の関係」なのだ。

ポーションが大好物で
ナデナデや抱っこが大好きな、
オイラの仕事中も邪魔することは無かった
とても賢い猫娘だったよ。


次回に続きまーす。



人気ブログランキング始めました
よろしければポチっと応援お願い致します。
_  ↓  _

$迷子猫みっちゃんのブログ
AD