SWEET HOME

ホンモノの「SWEET HOME」を目指して、日々頑張り続けるママ
我が家の明るい未来はどこに?!


テーマ:

学校から、特別支援学級に在籍する児童向けのコンサートの案内のお手紙が入ってたので、申し込んでいました。

 
 
楽しみにしていたコンサート。
{69B957FB-070D-4578-BB72-59C595A995F6}

関フィルと宮川彬良さん、ダンサー2人のコラボ
 
 
オリックス宮内財団が主催で、支援学級在籍児童と家族を無料ご招待でした
 
 
クラシックコンサートに連れて行きたいけど、ガサガサしたり静かにしてないといけないのに話しかけてきたり、とにかく周りの人たちに気を遣って疲れる…
 
今日のコンサートは周りの人たちの多くがリリみたいな子たちなので、演奏中も話し声が聞こえてました。
気を遣わなくて済むので助かりました。
 
 
アキラさんのコンサート、演出もよくて本当に楽しかったです!
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「発達障害」 の記事

テーマ:

リリがピアノを習い始めてから、家で練習するのに困っていた事があります。

 
 
7歳だから、一曲を7回練習する。
 
 
3回目くらいまではきちんと数えていますが、つぎは5回目に飛んでたり。
 
練習して弾いたのが何回目か
わからなくなってしまいます
 
 
もう少しだけ成長したら「正」の字で数えられそうですが、今はまだ無理みたい。
 
 
そこで母はひらめきました
 
 
知り合いの方が拾って来てくれたドングリ
{81C43813-FB4A-4D82-A253-D2722233204E:01}

自然の物ってホッとするから、ガラス容器に入れてテーブルの上に飾ってあります。
 
 
これに、シール磁石をドングリサイズにカットして、接着剤でしっかり止めます。
小学1年生には、強力磁石は動かせそうになかったので。
{1316CFAC-7C57-438D-9B89-7B767549110B:01}
はかま付きのもあって可愛いでしょ
 
 
しっかり付いたらニスを塗り、割れ目があったドングリも大丈夫。
 
 
セリアで買った磁石が付けられる黒板ボードに (木の部分は好きな色にペイントしました) ひと工夫。
 
{CE7E876D-44C7-4684-B7E4-84042A2010AA:01}

7個のドングリを上に並べて、一回弾けるごとに線の下の「できた」の所に移動します。
 
線があることで違う場所という事がわかります
 
上のドングリがなくなったら、7回弾いたこともわかります
 
 
 
 
ボード裏面の木材でピアノが傷つかないように、裏面には固い紙に布地を貼り付けてガードしてみました
{5A66FABA-88B3-45C0-8A55-D7884AFC4315:01}

良く考えてみたら、ホワイトボードに普通のカラー磁石を買って、マーカー使えば同じだと…出来上がってから気づく
 
 
「ママが作ってくれた」というのと、
「自然素材が大好きだし可愛いと感じた」だけで、今まで以上に練習が楽しくなったようです。
 
 
あーー作った甲斐があったわ
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の日曜日のこと。

息子が出演するイベントがあり、ビデオ片手に聴きに行きました。


会場へ行く前に、母に預けていたリリも連れて行こうと実家に寄ったんだけど、二人で出かけていたみたいで留守だったの。

ずいぶん経ってから実家からスマホに電話が入って、「行きたかったのに!」とリリの声。

じゃあ、母と一緒においでよ~って言いました。

…これが大失敗のはじまり。



しばらくして母の姿を見つけたけど、リリは⁉️
…イベントの盆踊りしながら会場内を探しても姿見当たらず


ヤバいんちゃうか❓と気づき母の元へ行くと、「途中までは目で追っかけられたけど、さっさと行くからわからんようになってん」
ええええーーーっっ

それは行方不明っていうやつやん



イベントスタッフに声をかけて、会場内を走り回って探したけど、いない。

そもそも、会場へは一度しか来た事がなくて、道を覚えてる可能性は低い。


途中でいなくなったんだ



慌てて警察に電話、すぐ近くの交番へ来て貰えるようお願いして。

最初は、一緒に来てた母に電話で状況を伝えてくれと言われたんだけど、補聴器しててもよく聞こえないから説明できないのよね。

交番まで警察官が駆けつけてくれるからと母に言って、会場へもう一度探しに戻りました。


警察には脱走癖があること、危険がわからないこと、顔写真など情報提供をしていたんだけど、上手く伝わらず。
警察が悪いんじゃないんだけど、やり取りしてる時間ももどかしく感じて、一刻も早く自分でも探しに行きたかった



ようやく交番を後にして会場内へ戻ると、スタッフさんに付き添われて歩いてくるリリを発見。


ぎゅーっと抱きしめました。
不安だったようで泣いてました
叱るより、抱きしめて気持ちを受け止める事しかできませんでした。



見つかってホッとする間もなく交番へ行って説明して、お礼を言って。


息子のいる場所に戻り、行方不明になってた事を話したら、息子もリリを抱っこして。 またリリ泣き出す


落ち着いてからリリの話を聞くと、道がわからなくなって実家の近くまで戻り、お店屋さんの前で、知らない人に会場への行き方を自分から聞いたそうです。

たまたま同じ小学校へかよっている子どもの保護者の方で、自転車で会場まで連れてきてくださったそう。

なんてラッキーな



学校では「いかのおすし」という、知らない人について行かないとか、知らない人の車に乗らないとか、安全対策の話を聞いてるはずだけど。

知らない保護者の方が、子どもが同じ小学校だと話してくださったことで安心してついて行くことに。


ほんとに親切な方だったから良かったものの、そうでなく連れ去り目的だったら…

「車に乗らない」と限定されると、融通がきかない子どもたちには、自転車なら大丈夫なんちゃう?って思ってしまう問題が見えてしまいました。



リリは母の手を払いのけ、母もしっかり手を繋いで歩けない。
知ってたのに、大丈夫やろうと任せてしまった私の責任。
も~なんて無責任なママやろ


今回はホントに幸運が重なりました



息子に気をかけてたらリリがおろそかに。
リリに気をかけてたら息子が。

どうして一度に二人の行動をちゃんと見ることすらできないんだろうって、悔しいし情けない


後悔することのない子育てができるよう、気を引き締めていかなくちゃ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は朝からの資格試験のために、子どもたちより先に家を出ました。


子どもたちは二人で歩ける距離にある実家に行き、母と妹が預かってくれるという段取りでした。



試験が終わって妹に連絡して、ちゃんとたどり着いて機嫌良くしてると聞いて安心してました


私の試験の結果はどうであれ、やり切って終わったご褒美にショッピングモールをブラブラして、パンプスで足が疲れたのでまずは自宅へ帰りました。



そしたら…
ドアが少し開いてる


ウチのは、ドアを閉めないで手を離しただけでは、少しだけ開いたままになってしまうのです。



…誰がいる?


…誰かいる❓


鍵のかかっていないドアを開けるのが怖くて、手足がガクガク震えて、心臓もバクバク。

それでも開けなきゃ。


やっと入った家の中は、真っ暗だけど何か変でした



奥へ進むと、ベランダの戸は全開
でも網戸。

…ん?



家に置いてないはずのカップラーメンの残骸。


気持ち悪い




何か荒らされていないかと、見渡してすぐわかるように片付いた家なら良いけど、土曜日から何も片付けてない散らかり放題の家で、荒らされてるも何もわかんないわ❗️


キッチンには息子が飲み忘れた薬。

あ、犯人は彼かも⁈



実家にいる息子に電話したら
「あ、ゴメン。慌ててて。」

網戸は?
「それも僕…」

ラーメンは?
「コンビニで買って食べた…」

お薬は?
「忘れた…」


あ~~ん、やっぱり息子やったか


子どもたちが出かけて数時間、何も起こってなくて良かった。
治安を考えたら、これは奇跡に近い


種類の違う緊張を味わった1日。
パニックってお薬飲んだ時間の間隔が短かったからか、今日は眠くてボーッとしてます。


それにしても、AD/HD特有の忘れっぽいところは、どうにもなりません

中学生だから大丈夫と思ったのに、年齢だけでは計れないものです。


もうこんな恐怖はイヤだ
子どもたちより先に出ることは出来ないんだなと実感しました


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんらかの障害がある人たちと一緒に、大学生のボランティアがマンツーマンで付いて行ってくれる、キャンプの団体があります。

5泊6日で、親元を離れる。
家族でも、学校の仲間でもない輪の中になじめるかどうかの課題があるけども、社会に出たら誰もが通る道の、練習みたいなものです。


じっくり考えて、自分で行くと決めたくせに、集合時間が近づいても頭が痛いと言って動きません。


高いキャンプ料金、持ち物はたくさん新調したし、約束したのって大事。
ビニール袋にさえ名前を記入が必要なので、名前書きに必死だった私の苦労。


それらは全部無駄になり、キャンセルすることに…⁈


信じらんない‼️💢
ギャンギャン言うて、枕をバンバンぶつけて、それでも気がすまないし、彼はもちろん嫌がるし。



そんなに頭が痛いならと、休日診療所へ連れて行ったら、神経的に何も問題無し。

ならば!



妹の旦那さんが、お仕事お休みなのを聞いてたので、無理をお願いして、キャンプ会場のある他県まで送ってくれることになりました。


私に高速道路を運転する技術と度胸がないことがくやしい…

と、同時に、遠方まで日帰りなのに快く引き受けてくれた妹の旦那さんと妹に感謝



私がイライラしてパニクってる所へ、長女が帰ってきて、キャンプ団体や妹への連絡をさっさとしてくれました。

息子は、長女にボロクソ言われていましたが、かばってあげられないわ



おかげさまですぐに迎えに来てくれて、受験生の甥っ子も一緒に、更についでにリリも一緒に、みんなが息子のために車で送って行ってくれました。



無理やり行かされる感じやったんかな。
最初は乗り気やったのに。
行く時は、あんまり笑顔じゃなかったな

頭痛がするって言うてたわりに、処方された薬を飲むように言うと、今は痛くない、やって。

なんやと~~
なめんのもええかげんにしろ



こんな息子が、キャンプを楽しんで年齢の近いお兄さんと接することで、心の中の何かが変わってくれたら、と思う。
贅沢な希望かもしれんけど……。


事故や怪我がなく、帰ってくること。
それだけは絶対クリアして欲しい課題です。
…とか言いながら、心配でたまらんので


ちょっとくらいのケガはいいから
無事に帰ってきますように

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。