電動バイク・EVスクーターユーザーブログ

マイノリティな電動バイク・EVスクーターユーザーの日常体験記。
メインの愛車はキムコ「サンボーイ」から、アディバ「EM100」に乗り継ぎました。
情報少ない電動バイクについて調べたり体験したりしたことを記録していきます。


テーマ:

こんにちは。2017年も間もなく終わりで、滑り込みで今年をまとめてみようと思うストロベリンです。すみません何かと忙しくて。。。後8分で新年です(汗)

 

”今年”の電動バイクは10万円台の機種にバリエーションが増えた感じでしたね。中でも、パワーはないけれども極端に軽量で持ち運びにも楽という、ライト系電動バイクが多かった気がします。

 

こうした電動バイクはいわゆる”バイク”だと思って買うとガッカリするかもしれませんが、持ち運びが出来るメリットがあります。でも、エンジンの原付バイクのパワーを想像しているとギャップが激しいので、普段づかいというよりはホビーカテゴリーと言っていいでしょう。

 

BLAZE「SMART EV」

 

UPQ BIKE「me-01」やBLAZE「SMART EV」、「モトチンプ」などがそれにあたります。クルマで遊びに行って、そこでのちょっとした移動手段としての需要は十分満たすでしょう。ただ、街中を颯爽と走るにはやや物足りないスペックなのは否めません。

 

今年発売の実用系で10万円台の電動バイクとしては、XEAM「NOTTE」を挙げていいかもしれませんね。スペックを見る限りキムコ「サンボーイ」並。着脱式のリチウムバッテリー搭載で14万7千円という販売価格は、かなり頑張ったという印象があります。

 

XEAM「NOTTE」

 

トップスピードが40km/hで、静かで楽しい電動スクーターだろうと思います。電圧が「サンボーイ」と同じなので加速力には難があるかもしれません。でも、容量が24Aあることから25km程度の実質航続距離だった「サンボーイ」より長く走れるのは確実で、実質で35~40kmぐらい走れるはず。片道15km以内の通勤なら問題なく使えるのではないでしょうか。

 

一方、パワフルな電動バイクの2017年新機種と言えば、バイクル「Z4」でした。23万円弱という価格ながら、新車で40万円以上する愛機「EM100」より加速力があり、トップスピードはほぼ同じ。実質航続距離も40km以上ありそうです。

 

image

バイクル「Z4」

 

欠点は、サドル型のシートが加速力を受け止められず、お尻が滑るところ。慣れるかシート表面をユーザーが工夫すれば実用に十分足る一台になるはずです。安価で実用に足るパワフルな電動バイクなら、現行機種では断トツ一位だと思います。

 

実用を優先して考えると、45km/hまでスムースに加速できて、壊れにくく、着脱式リチウムバッテリー搭載というヤマハ「E-Vino」あたりがストレスなく使えるスペックのギリギリだろうと考えています。かの番組で出川さんが乗っているあのバイクです。

 

「E-Vino」はバッテリー容量が10Aしかないため、実質航続距離が20km弱と短いのですが、Wバッテリーを搭載することができます。Wなら35km~40kmぐらい走れて、価格はプラス5万円ぐらい。でも、一般的には出川さんの番組のような使い方はないのでシングルでも十分かとは思います。

 

ヤマハ「E-Vino」

 

バイクル「Z4」はこの「E-Vino」のスペックを航続距離もスピードも上回る電動バイクで、メーカー直営店舗も二店あり、お店周辺に住んでいる方ならメンテナンスも安心です。あのパワーが23万円程度で手に入るなら十分ではないでしょうか。私がこれから買うなら、迷わず「Z4」を選ぶと思います。

 

既存機種のバージョンアップですが、ツバメイータイム「yuppe2」も今年出ました。こちらはもともと電圧が60Vあり、加速のいい電動バイクで約18万円弱。先代よりカラーバリエーションが増えたのと、航続距離を少し伸ばしたのかしら? ただ、期待していたリチウム化はなされなかったようで、鉛バッテリーのままにして価格帯を上げない方向を選んだようでした。

 

ツバメイータイム「yuppe2」

 

そんなわけで、まだまだ追い風とはいかない電動バイク業界も、各社それなりに頑張った2017年だったと思います。中には生産終了や縮小・撤退しているメーカーもあったようですが、クルマのEV化は本格化しつつあるので、バイクのEV化も時間の問題でしょう。もうひと踏ん張りしてほしいと願っています。

 

2018年は遂にホンダです。2018年発売と発表している「EVカブ」の登場がいつになるのか、そのスペックはどんなものか、大いに期待したいと思いますし、それで宣伝攻勢をかけてくればきっと追い風にもなるはず。

 

ホンダ「EV-CUB」

 

内燃機関による移動が終わる時代とのハザマに立ち会っていることに妙な感慨があります。保守と革新が移り変わる時、こうなるのだなあとも思います。でも、より良いと感じられるものを求めて時代は変わるものなんですよね~。

 

さて、2018年がどうなるか見ものです。それでは皆さん、良いお年を!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。目を離しているすきに電動バイクの新車が販売されているのに今更気付いたストロベリンです。

 

まずはこちら。

モトチンプ

 

シンガポールの会社Vanda Electrics開発の「モトチンプ」。軽量ライト電動バイクです。ツタヤオンラインでの注文販売というのも珍しいですね。受注生産のため、手に入れるまで注文から3ヶ月かかると言います。トップスピードは30km/hぐらいですが、航続距離はたった1時間程度の充電で最高60kmに達するそう。

 

アパックスパワーの「もたぽんこ」を同様、実用性を求める向きにはやや力不足かもしれませんが、目立つ事請け合いの趣味・遊びの一台と言えましょう。クルマに積んで、行った先での使用も可能です。ただ、50万円前後という価格はちょっとどうかと思います。「もたぽんこ」は10万円ちょいでしたからね。

 

もう一つ、名古屋のメーカーさんが出したこちら。

 

「ブレイズ スマートEV」

 

こちらの「ブレイズ スマートEV」もライト電動バイクです。既視感のある形状はもちろんUPQ BIKE「me01」ですよね。スペックもほぼ同じようですので開発社は一緒なのかもしれません。このあたりの日本の電動バイクベンチャー企業による企画輸入販売のスキームはよく分からないのですが、それぞれどこかに会社オリジナルのアイデアがあるのだと思います。価格はお求め安く13万円前後

 

こちらも公表スペックの最高速度は30km/h、航続距離は30kmとあります。ただ、この2機種ぐらいのパワーでは、一般道を普通に走って公表スピードが出ないことが多いはずです。平地に見えても緩やかな登り下りは普通ですし、このぐらいのパワーだと乗る人の体重に大きく左右されます。大通りは避けて裏道をゆったり走るという楽しみ方が主流で、それに徹することが出来るなら十分楽しめるし実用も可能というバイクです。

 

これらはいわゆる”原付バイク”というより、こがなくて良い自転車、というぐらいの認識で購入するバイクだと思います。実用としては「細い道路をちょっとあそこのお店まで行く」ぐらいのイメージ。10kmを越えるような通勤では使えないと考えた方が安全です。

 

奥さまにおっせーバイクと言われながらも、愛機のキムコ「サンボーイ」は平均的にトップスピードは40km/hは出せます。スタートはたしかに遅いとはいえ幹線道路をなんとか走れますが、都内を走っている中ではこのあたりのスペックが実用バイクとしての限界だろうと感じます。傾斜があるとスピードは落ちますし、スピードが落ちると後続車が気になってしまうものです。

 

最高速度30km/h程度の軽量ライト電動バイクの利点は、極めて軽いのと折り畳めるので、クルマなどでの持ち運びが可能という点でしょう。アウトドア派の方々には行った先での移動に便利。とはいえ、それで言うなら自転車にもなる長崎出身のハイブリッドバイク・ISOLA「IS006」「ISO009」が個人的にはおススメです。「IS006」も車重は25kgで折り畳めますし、自走モードでも40km/h出せるそうです。

 

ISOLA「IS006」

 

「e-SOLEX」のように、電池が切れると激しく重い自転車になってしまうモペットより軽量で、単なる自転車として使っても苦にはなりません。また、自走だけでなく電動アシスト自転車になるモードもあります。あくまで原付バイク扱いなので、自転車として使うときもヘルメットが必要になるのがタマにキズ。また、元が自転車フレームですので、メンテナンスにもかなり気を使わないとです。

 

でも、こうしていろいろな電動バイクが登場して選択肢が増えるのはいいことですね。実用系の電動バイクの登場が「E-VINO」以来少ないのが個人的には残念ですが、今年はXEAM「NOTTE」のようなスクーターも登場しましたし、バイクル「Z4」のような低価格でハイパワーな電動バイクも頑張っています。

 

原付で一人で移動するなら電動バイクの方が最適。クルマより先に電動化が普及するといいのになあ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。相撲界が激震してて番組の尺や紙面をいっぱい取るので迷惑しているハイブリッドカー初心者のストロベリンです。

 

今年の東京は雨が多いこと、個人的に仕事が忙しいなど、なかなかバイクに乗る暇がありません。おかげでブログは書けませんし、買い替えたばかりのトヨタ「SAI」が大活躍中で、既に走行距離は愛機「EM100」を越えて1000kmを突破してしまいました。電動バイク「EM100」はまだ800km越えたぐらい。

 

{ED54D8DA-41A0-45D4-9479-4903DF28C89D}

 

ところで、このハイブリッド車というのは燃費をすごく意識させられる機能が多数ありまして、ついつい走行中にも確認してしまいます。私が乗り始めてから都内中心に走っている「SAI」の平均燃費は約14.2km/Lで、おしなべた平均時速は18.7km/hだそう。長距離で高速道路などを走るならもっといい数字になりますが、まだそうした用途に使えていませんので実態はまた後日。

 

とはいえ一般道でも先代のマーク2号からすれば圧倒的にガソリン代は安くなりましたから、これはこれでよしではあります。優等生な電動バイク「EM100」ほどの優位性は感じないものの、経済的にも環境的にもこれまでの倍は貢献してくれているということ。

 

ただ、次回乗り換えるときはEVは完璧に視野に入れるでしょうね。今後の充電インフラ拡充次第とはいえ、先だってのモーターショーの傾向もそうですし、数年後にはもうEVは特殊なクルマという感じではなくなっているはずです。クルマからタイヤがなくなりはしなかったとはいえ、世界的にもガソリンを燃やして走る内燃機関自動車というのは、21世紀前半に無くなりそうではあります。

 

さて、愛機「EM100」。ちょこちょこしか使えていないものの、好調は維持し続けています。バッテリーを二個とも満充電にしたらずっと雨が続くという災難はありましたが(苦笑)、それでも肌で感じるような劣化はありません。バッテリー2個持ちで走れば都内でも航続距離60kmは確実

 

{9AAED04C-1E2C-4023-B433-E1E9FD6AC35E}
 

本当なら通勤使いもしてもう少し乗ってあげたいところですが、職場にも電動バイクの「サンボーイ」があるので「EM100」の稼働率が下がっているのはあります。両方良いバイクですから乗れればどっちでもいいとはいえ、通勤使用が下がっているのは仕事上のクルマ稼働率が高くなっているからで、どうしようもありません。でも、家から半径5km圏内の一人での移動には常に電動バイクという生活は定着しています。

 

寒くなってきてからのトップスピードは満充電時で50km/h。電圧が安定している時で47km/hといったところ。劣化ではなく、寒さによるパフォーマンス低下の範囲です。もうちょっと寒さが厳しくなってくると1割程度のダウンはマニュアルにも書いてありますし、まあ、スタートが速くてトップスピードで45km/hも出れば都内では十分な速度。

 

{4C95E045-765D-4672-9155-E9FD13863C2D}

 

「あのおっせーのでワイドハイター買ってきて」なんて奥様からの頼まれごとにも、「白いバイクはおっせくないよ」なんて言い返しながら、ひょいひょい行きます。我が家はなべてこともなし、です(笑)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。